科学が人間の行動について知っていることと、組織が彼らが知っていると考えることの間には、不可解なギャップがあります。人間の動機を専門とする社会心理学者のロン・フリードマンは、行動科学と現代の職場との間に大きな隔たりがあることを発見しました。本書で指摘されていることの大半は、大手テクノロジー企業で実践が試みられていることでもあります。

彼は人間の動機に関する膨大な量の研究をふるいにかけ、それを「効果的で、前向きで、効率的で、成功した」職場を作るための一連のベストプラクティスにまとめました。フリードマンは、職場を素晴らしい場所にするための科学の概要を説明するとともに、職場で真の変化をもたらすための核であるマネージャーに実用的なアドバイスを提供しています。

この本は1000を超える査読済みの科学雑誌記事をまとめたものであり、各章の終わりに「教訓」を提供し、マネージャーやリーダー向けのアクションアイテムとして取り組む実践的なものです。

フリードマンの著書"The Best Place to Work: The Art and Science of Creating an Extraordinary Workplace"(未邦訳)は、何十年にもわたる心理学的研究をまとめたパッケージで、組織の具体的なアドバイスを提供し、労働者の健康と仕事の質を向上させます。強力なストーリーと最先端の調査結果を組み合わせたフリードマンは、科学的に証明された手法を使用して、強力なパフォーマンスを促進する方法をリーダーに示しています。

この本は3つのパートに分かれています。並外れた職場体験のデザイン、動機付け、そして最終的にはトップパフォーマーの誘致と維持です。各章では、職場のさまざまな側面を扱い、組織を効果的にするための、わかりやすく、直感に反することが多いベストプラクティスを提供します。各章の結論では、世界中の組織の管理者や新興リーダーを熟考するのに役立ついくつかのアクションアイテムを挙げています。

本の最初の部分は5つの章で構成されており、エンゲージメントの雰囲気を醸成するための心理的ニーズのさまざまな側面を探ります。即座にフィードバックを提供する職場、仕事に対する有意義な認識、そしてキャリアの成長の機会は、最高の場所のブランドを生み出します。著者は、現在の経済で繁栄する組織を構築するには、人間の効率が提供できる以上の多大な努力が必要であると記述しています。つまり、洞察、創造性、対人スキルの活用が必要です。

また、リスクを取るように人々を励ますことは漸進主義の態度を作り出します。一例として、フリードマンは、世界最大の製薬会社の1つであるメルク・アンド・カンパニーを挙げています。これは、科学者に追加のストックオプションを提供し、彼らの研究が望ましくない結果を生み出してしまったこと言い出せる環境を作っています。「失敗は成功のために支払う授業料である」という信念に基づいています。

成功している組織は、失敗を許容するためのコストは投資であり、長期的には大きな見返りをもたらすことができると確信している、とフリードマンは主張しています。フリードマンは最初の章を要約して、「失敗をするのが怖いとき、人は能力を開発する方法の探求をやめます。そして、職場が能力開発に対する従業員のニーズを満たさなくなったとき、従業員の関与が低下するのは時間の問題です」と説明します。

優れた企業は、従業員を快適にするだけではありません。彼らは創造性の空間とともに、職場を際立たせる体験を生み出している、と彼は記述しています。組織の優先順位を伝えることができるユニークな職場を組み立てることは、経営能力を実証し、従業員の関与を高めます。

従業員が集まる魅力的な屋内または屋外のスペースを提供することは、従業員の関係を強化し、ネットワークの機会を創出し、創造的な相互作用を刺激するために多くの進歩的な組織によって作成された重要なタッチポイントです。スペースを使用して従業員を引き込む良い方法は、従業員が自分で職場の設計に参加することです。

別の視点は、自律性を促進すること、タスクが提示されるときの論理的根拠を提供し、タスクを実行する方法とタイミングに柔軟性を提供することです。自律性を高める手段は、従業員に仕事の場所に関するオプションを提供し、自宅、コーヒーショップ、またはビーチで時々働くオプションを提供することです。仕事で遊び心を感じると、自分はより楽観的になり、柔軟な考え方を維持しながら、挑戦する意欲が高まります。今日の知識経済では、最も重要なのは思考の質であり、質の高い思考はエネルギーレベルと直接結びついています。 1つの方法として、多くの組織(特に、Googleや3Mなどの従業員が高度な思考に従事している組織)は、遊びに計画的に仕事を組み込むことで、この洞察を活用しています。

Ron Friedman, The Best Place to Work: The Art and Science of Creating an Extraordinary Workplace, 2014, Penguin Group

この本は、働きがいのある場所を作るという文脈の中で、心理学の枠組みの中で最も過小評価されているニーズの1つとして「関連性」という用語を強調しています。人々を互いに結びつけることは、彼らが仕事をすることを楽しむのを助けるだけでなく、彼らの業績の定量化可能な利益にもつながります。研究によると、幸せな人は仕事においてより効果的である傾向があります。それは、人々が自分の生活に満足していると、他の人とより簡単につながり、より楽観的に考え、貴重な精神的リソースを解放して新しいアイデアに集中できるからです。

フリードマンは、「私たちが現在の状況に感謝を表すとき、私たちは現在に満足し、将来についてより楽観的になるため、作業の質が向上します」と記述しています。職場でより良い友情を持つ従業員は、会社に長く滞在する傾向があります。研究によると、仕事で親友を持つ従業員は、組織により集中し、より情熱的で、より忠実である傾向があります。したがって、意味のあるつながりは、心理的および身体的幸福にとって不可欠です。共有された活動は、いくつかの相互作用ができない方法で職場の友情を触媒します(Kube、Clemens、およびMichel、2012)。

彼らはめったに会うことのない従業員間の近接を促進し、お互いに親しみのレベルを高め、関心の類似性を強調し、非公式の非職場環境を活用して自己開示を促します。同時に、著者は「親密な関係は共有リスクの基盤の上に構築されることが多いと語っています。私たちが脆弱性を明らかにしたとき、私たちは親しい友人を獲得します。ただし、職場の状況では、「あなたを競争相手と見なしているように見える共同作業者とやり取りしている場合は、互いに必要とする共通の苦労の領域を探します。両方が同じ側にいて、どちらも一人では成功できないことがはっきりしていると、誰かとつながりやすくなります」。

参考文献

  1. Kube, S., Clemens, P., & Michel, M. (2012). The currency of reciprocity—Gift-exchange in the workplace. American Economic Review, 102(4), 1644–62.
  2. Ron Friedman, The Best Place to Work: The Art and Science of Creating an Extraordinary Workplace, 2014, Penguin Group