仕事

持続可能な職場の構築 人はほとんどの時間を職場で過ごします。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

なぜ新しいテクノロジーは生産性を向上させないのか?

クラウドコンピューティングや人工知能などの技術革新は、来るべき生産性復活の原動力として歓迎されている。しかし、その成果はなかなか現れてこない。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ゴールドマン・サックスの無制限休暇への移行は良いこと?

ゴールドマン・サックスは、従業員が好きなだけ休暇を取れるようにした最新の企業である。つまり、未使用の休暇はなくなるし、後で支払う必要もない。

編集部
無料会員 公開

オフィスはコロナ禍で死んだ?

テクノロジー企業は段階的なオフィス復帰を進めているが、従業員の中にはそれに不満を表明している人が少なくない。中にはリモートワークの継続を福利厚生の1つに掲げることで差別化を図る企業もある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

超監視オフィスとビッグブラザー上司の時代へようこそ

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ビッグテックにとってオフィスは時代遅れじゃない

ビッグテックは、コロナパンデミック以降もオフィスを重視している。リモートワークでの操業が継続している間も、米大手テクノロジー企業は国内各地で急速に不動産の購入やリースを行っている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ネットフリックス共同創業者リード・ヘイスティングスの仕事の流儀

ネットフリックスはDVDを郵便で配送することから始まった。しかし、今やこのストリーミングのパイオニアは、ハリウッドを徹底的に破壊し、その頂点に君臨している。NYTのモーリーン・ダウドがリード・ヘイスティングスCEOをインタビューした。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

リモート面接で雇った従業員の本当の姿

【ニューヨーク・タイムズ】採用担当者は「信頼性」について語りたがる。しかし、心理学者によると、ほとんどの人が仕事を得るために何らかの形で偽りを使っているという。

編集部
無料会員 公開

マイクロソフト、2月28日に一部オフィスを再開へ

マイクロソフトは2月28日にワシントン州およびサンフランシスコ・ベイエリア地域のオフィスを全面的に再開することをブログで発表した。地域のコロナワクチン接種率が高いこともあり、オフィスの再開を決定した。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフトの平均的なエントリーレベルのエンジニアの報酬総額は125,665ドル

2020年8月の間に、300人以上のマイクロソフトの従業員が給与、ボーナス、株式報酬を共有していたGoogleのスプレッドシートを、米テクノロジーメディアOneZeroが入手、分析し話題を呼んでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

ユニバーサルベーシックインカム (UBI) の説明

UBIはシンプルな概念であり、ゆりかごから墓場まで、すべての国民に支払われる普遍的な非課税・非手段の支払いである。過去の国民保険料、所得、富、配偶者の有無に関係なく支払われる。しかし、その実施は非常に複雑であり、試験的に実施されているのはごく少数の国だけである。

吉田拓史
無料会員 公開

ベーシックインカムは雇用効果は小さいが幸福感が向上する

フィンランドのベーシックインカム実験では、受給者の雇用率は、この期間に対照群よりも若干改善し、受給者は対照群よりも収入と経済的な幸福感について肯定的な認識を持っていた。調査チーム長であるMinna Ylikännöは、自分たちの経済状況が管理可能であり、経済的に守られていると感じる可能性が高いと述べた。

吉田拓史
無料会員 公開

行動科学に基づいて快適な職場環境をデザインしよう

社会心理学者ロン・フリードマンは、行動科学が現代の職場に全く生かされていないことを発見しました。あなたの職場には、最高の成果を出すための進歩の余地がたくさんあるのです。