仕事

持続可能な職場の構築 人はほとんどの時間を職場で過ごします。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

デジタル化の波が企業再編を引き起こす

テクノロジーとビジネスは、切っても切れない関係にある。起業家は技術の進歩を利用し、スキルと運を駆使して、それを収益性の高い製品に仕上げる。そして、テクノロジーは企業のあり方を変えていく。電気は、中央の蒸気源に依存する必要がなくなったため、より大規模で効率的な工場の設立を可能にし、電子メールはほとんどの手紙を不要にした。 しかし、新しいテクノロジーは、より繊細で深遠な方法でビジネスにも影響を及ぼす。それは、企業がどのように物事を行うかだけでなく、何を行うか、そして重要なことに、何を行わないかということも変えてしまう。 産業革命は、企業が原材料は入手するが、製造は自営業の職人に委託し、職人は自宅で仕事をし、生産量に応じて報酬を得るという「出稼ぎシステム」を終わらせた。工場は、直接雇用され、時間給で働く労働者と職場との結びつきを強めた。電信、電話、そして前世紀にはコンテナ輸送と優れた情報技術(IT)によって、多国籍企業はより多くの仕事をより多くの場所に下請けに出すことができるようになった。中国は世界の工場となり、インドはそのバックオフィスとなった。パンデミック発生から3年近くが経過し

編集部
無料会員 公開

米ソフトウェアエンジニアの給与、新人から主任で25万〜100万ドルの水準

最新の2022年の給与調査によると、米国では、主任エンジニアは最高で100万ドル、初級エンジニアでも高給なテクノロジー企業では25万ドル以上を期待できることが明らかになった。

編集部
無料会員 公開

静かな退職というバズワードの真偽は?

欧米圏の若い従業員は、昇給や昇進が不可能な場合、「静かな退職」(クワイエット・クイッティング)を選択し、生活水準の低下と賃金の低迷に抵抗している、と言われる。バズワードはどこまで正しいのか?

ブルームバーグ
無料会員 公開

無駄な会議は大企業から年1億ドルを奪っている

新しい調査によると、大企業では不要な会議は1億ドルの損失を意味し、労働者はおそらくほぼ3分の1の会議には参加する必要がなかったことが判明した。

吉田拓史
無料会員 公開

米テック企業は今年7.7万人を解雇した

米テクノロジ企業によるレイオフは7万7,000人に及び、経済見通しの不安やテックセクターへの投資停滞などを理由に、社内の「合理化」が進んでいる。GoogleやMetaのようなリッチな会社も例外ではないようだ。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

なぜ新しいテクノロジーは生産性を向上させないのか?

クラウドコンピューティングや人工知能などの技術革新は、来るべき生産性復活の原動力として歓迎されている。しかし、その成果はなかなか現れてこない。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ゴールドマン・サックスの無制限休暇への移行は良いこと?

ゴールドマン・サックスは、従業員が好きなだけ休暇を取れるようにした最新の企業である。つまり、未使用の休暇はなくなるし、後で支払う必要もない。

編集部
無料会員 公開

オフィスはコロナ禍で死んだ?

テクノロジー企業は段階的なオフィス復帰を進めているが、従業員の中にはそれに不満を表明している人が少なくない。中にはリモートワークの継続を福利厚生の1つに掲げることで差別化を図る企業もある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

超監視オフィスとビッグブラザー上司の時代へようこそ

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ビッグテックにとってオフィスは時代遅れじゃない

ビッグテックは、コロナパンデミック以降もオフィスを重視している。リモートワークでの操業が継続している間も、米大手テクノロジー企業は国内各地で急速に不動産の購入やリースを行っている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ネットフリックス共同創業者リード・ヘイスティングスの仕事の流儀

ネットフリックスはDVDを郵便で配送することから始まった。しかし、今やこのストリーミングのパイオニアは、ハリウッドを徹底的に破壊し、その頂点に君臨している。NYTのモーリーン・ダウドがリード・ヘイスティングスCEOをインタビューした。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

リモート面接で雇った従業員の本当の姿

【ニューヨーク・タイムズ】採用担当者は「信頼性」について語りたがる。しかし、心理学者によると、ほとんどの人が仕事を得るために何らかの形で偽りを使っているという。