Beyond "Satoshi Consensus": A Turing award winning cryptographer Founded Crypto Currency "Algorand"

A Turing award winning cryptographer, Silvio Micali founded "Algorand" to develop the next generation consensus algorithm that is more effective than “Satoshi consensus”.

Beyond "Satoshi Consensus": A Turing award winning cryptographer Founded Crypto Currency "Algorand"
  1. This article was written in February 2018. There is update information about Algorand. Yoshida will write update articles soon.
  2. This article is a republished review as of February 2018. As of August 18, 2019, there are several questions about this project. I would appreciate it if you could take this into consideration.

A Turing award winning cryptographer, Silvio Micali founded "Algorand" to develop the next generation consensus algorithm that is more effective than “Satoshi consensus”.

He is well known for his work in technologies that form the bedrock of blockchains today: public-key crypto systems, digital signatures, pseudorandomness and multiparty computations. He is also the co-inventor of the zero-knowledge proof.

Algorand raised 4 million dollars from Pillar and Union Square Ventures(2/2018). Interestingly, in an interview with Bitcoin Magazine last October, Micari evaluated PoW (proof of stake) as "democratic" by truncating PoW (proof of work) as vulnerable and "wasteful". Let's follow the abstract of the interview this time.

“PoS Is Democratic”

Micari points out the vulnerability at the temporary chain branching that occurs frequently in bitcoin. He also points out the possibility of PoS is great as it’s democratic. "Your influence to maintain system integrity is based on how much you actually invested in the system." However, Micali points out that it is difficult to create a perfect PoS algorithm. Micali considers it suspicious that several projects claims they hold secure protocols.

One of the biggest challenges of PoS is "Nothing at stake problem". If the chain forks, the best strategy for the coin holder is to extend both chains to get additional block rewards. This is completely against the central design goal of all blockchains, “concentrate users into a single chain".

Monopoly

“How much can you put a part of income on the table and not touch it(ie deposit)?" An honest person declares a small amount but a malicious player with lots of free-use money will dominate honest people.

"The only thing that is dangerous is that only malicious persons deposit large amounts of funds to control the system, and as they make more money through cheating, they decide to put more money on the table" (The total amount of deposit (stake) guarantee the influence on consensus, so malicious players will take various measures to increase deposit)

He also does not agree with the idea of controlling users with punishment. "Vulnerable countries rule people with threats and fears." Why are you deciding to impose a cruel punishment to fight crime in such a country? Micali points out that criminals are rarely caught. "You should want to exile someone who did bad acts, but a well-built system is a system that does not need to punish people."

Beyond “Satoshi Concept”

Micali believes that the greatest value of Bitcoin and Ethereum is not a monetary value but a smart contract. "Of course, distributed settlement is superior to centralized settlement, but to actually distinguish between other forms of currency and encryption methods is that you can actually create smart contracts."

He says that both Bitcoin and Ethereum are thinking that users will benefit by implementing the best available consensus algorithm. Currently, both systems are confronted with constraints. Bitcoin is hitting a wall that can handle only 7 transactions per second and Ethereum only 15 transactions per second. If Algorand could solve this problem with only 4 million dollars, it would have been a wonderful discovery in the history.

Reference

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)