ビッグテックは真の実力を巧みに隠している

ビッグテック企業は時代遅れの規制のもとで事業実態の開示を迂回し真の実力を秘匿している。研究者はデジタルプラットフォームに対応した開示基準の策定を求めている。

ビッグテックは真の実力を巧みに隠している
"Sumo - 2004 Fukuoka Basho" by PermanentTraveller is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

要点

ビッグテック企業は時代遅れの規制のもとで事業実態の開示を迂回し真の実力を秘匿している。研究者はデジタルプラットフォームに対応した開示基準の策定を求めている。


ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のInstitute for Innovation and Public Purpose(イノベーションと公共目的のための研究所)は、ビッグテック企業が情報の非対称性を利用して、本来であればより詳細な財務データを提供しなければならない米国証券取引委員会(SEC)の10-K開示規則を回避していると指摘し、ビッグテック企業に対する批判を強めている。

UCLの研究者Ilan Strauss、Tim O'Reilly、Mariana Mazzucato、Josh Ryan-Collinsが中心となり、Omidyarネットワークが資金提供した1年間の研究プロジェクトでは、既存のSEC開示規則がビッグテックのデータ収益化ビジネスモデルとどのように折り合いをつけるかを検証した。その結果、消費者価格を独占力の指標とする米国の既存の反トラスト法の判例がデジタルプラットフォームの業態には適していないように、SECの既存の情報開示規則は現代には不適切なことが明らかになった。

ビッグテック企業がSECに提出する年次報告書(10-Kレポート)の中で、事業活動に関する情報開示が義務づけられていない。このため、一般の人々は、内部告発や訴訟を頼りに、ますます多様化するビッグテック社の製品提供に関する財務データや、プラットフォームユーザーの運営指標に関する情報を集めるしかない。また、一般の投資家、規制当局、競合他社は、ビッグテックが支配するようになったエコシステムから、具体的にどのようにして価値を生み出し、引き出しているのかを知らない。

ビッグテックが提供する無料製品は、Big Techのマルチサイド・デジタル・プラットフォーム・ビジネスモデルに不可欠であり、広告やサブスクリプションを通じて収益化された場合には、莫大な額の収益を生み出している。ユーザー・エンゲージメントは、これらのプラットフォームの収益化能力を支えているが、プラットフォームの無料製品については、ユーザー・オペレーティング・メトリクスやデータに関する10-Kの収益化の開示は義務付けられていない。

ビッグテック企業の利益源は、複数の製品やマネタイズモデルに分散している。しかし、ビッグテック企業は、10-Kレポートにおいて、いまだに自社を「単一セグメント」または「2セグメント」の製品企業として表現している。10-Kのセグメント開示規則は、多様な企業が財務を分解して隠れたデータを明らかにすることを目的としているが、ビッグテック企業は製品別に意味のある財務開示(損益、収益など)を行っていない、と著者らは主張している。

さらに、UCLのレポートが指摘しているように、規制は「企業規模に応じて」行われていない。売上高が1億ドル以上の企業はすべて同じSEC規則の対象となるが、プラットフォーム大手には、米国の最大手企業100社分の部門がある。ビッグテックの製品ラインの多くは、親会社の全売上高の1%に過ぎないにもかかわらず、その市場を支配している。

要するに、時代遅れの規制のせいで、規制当局、投資家、顧客、市民は、巨大企業の個々の市場での地位を真に理解することが非常に困難になっている。

ビッグテックの開示回避

Amazonはクラウド・コンピューティングでのリードを拡大するために、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のスタンドアローン製品の財務情報を、セグメント開示規則で認められているよりも長い期間、意図的に公開10-K報告書から開示しなかったようだ。このことは、新規参入の障壁を高め、新規参入を遅らせることで、市場における競争を最初に冷え込ませる効果があったと思われる。

AppleはEpic Gamesとの裁判において、セグメント開示規則を利用して、同社のApp Storeの利益率は存在しないと主張し、同社の反競争的行為に関する重要な証拠を隠していた可能性がある。最終的にAppleは公判において非常に高い利益率78%と開示するに至っている。

Alphabetは、大部分が無料の製品を少なくとも9つ持っており、それぞれの製品の月間アクティブユーザー数は10億人を超え、世界市場で圧倒的なシェアを誇っている。しかし、これらの製品は、消費者に無料で提供されているため、10-Kの開示義務はほとんどない。

SECはAlphabetに対し、YouTubeとPlay Storeが同社の収入と利益に貢献しているとして、これらの製品に関する10-K財務情報の開示を強制しようとした。しかし、詳細な財務情報はほとんど公開されず、YouTubeの収益のみが公開され、現行のセグメント報告規則の非効率性が浮き彫りになった経緯がある。

報告書の著者たちは、いくつかの提案をしている。その中には、月間アクティブエンドユーザー数およびビジネスユーザー数が一定以上の製品について、ユーザーの運用指標を10Kで報告することを義務付けるというものがある。これは、EUが提案しているプラットフォームの「ゲートキーパー」に関する規則と一致していますが、製品レベルでは世界中で適用される。

また、年間売上高が50億ドル以上の製品ラインについては、詳細なスタンドアローンのセグメント別財務情報を提供することを推奨している。これは、何をセグメントと呼ぶべきかを決めるための経営陣の裁量をなくすことを目的としている。過去20年間、テクノロジーやその他の分野で企業の集中度が高まっていることを考えると、これは遅きに失した感がある。

参考文献

  1. Ilan Strauss et al. Crouching tiger, hidden dragons. 12 December 2021. UCL INSTITUTE FOR INNOVATION AND PUBLIC PURPOSE.

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま

有料購読の割引キャンペーン

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)