マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏は、同社の潜在的なTikTokの取引を「毒杯」と表現している。Wiredとのインタビューの中で、ゲイツ氏は、MicrosoftがTikTokの一部を買収するのは簡単でもないことを明らかにしている。「この取引で何が起こるかは誰にもわからない」とゲイツ氏は言う。「しかし、そうですね、毒入りの聖杯です。彼はまた「ソーシャルメディアビジネスの大企業であることは「単純なゲームではない」と指摘し、マイクロソフトは全く新しいレベルのコンテンツ規制に対処しなければならないとしている。

ゲイツ氏がマイクロソフトがソーシャルメディアに参入することを警戒しているかどうかを尋ねられた彼は、Facebookがより多くの競争相手を持つことは「おそらく良いこと」だが、「トランプ氏が唯一の競争相手を殺したことは、かなり奇妙なことだ」と示唆している。

ゲイツ氏は、この潜在的なTikTokの取引がどのように進行しているかについて、他の人と同様に混乱しているようで、特にトランプ大統領は、米国財務省がどのような買収からも何らかの”取り分”を必要とすることを示唆しています。「特にトランプ大統領は、どのような買収でも米国財務省が何らかの”取り分”を必要とすると示唆しています。”取り分”の件は、二重に奇妙ですね。いずれにしても、マイクロソフトはそのすべてに対処しなければならないでしょう」。

ゲイツ氏のコメントは、マイクロソフトが米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドでのTikTokの事業を買収するための取引を進めていることを確認した数日後に発表されたものだ。また、MicrosoftがTikTokの全世界の事業を買収することを検討している可能性があるとの報道もあり、Financial Times紙は、この特定の取引に関する協議は「予備的」な段階にあると示唆している。

トランプ大統領はマイクロソフトが買収の可能性を結論付け、TikTokの禁止を回避するための期限を9月15日に設定した。

これは、マイクロソフトがソーシャルネットワーキング分野で大きな存在感を示すことになる複雑な取引だが、米中間のより大きな貿易戦争の一部になる危険性もある。ゲイツ氏は明らかに買収を警戒しているが、それが現実のものとなるかどうかは1ヶ月ほど先の話だ。

これは、米中間のより大きな貿易戦争の一部になる危険性を冒して、マイクロソフトがソーシャルネットワーキングの分野で大きな存在感を示すことになる複雑な取引だ。ゲイツ氏は明らかに買収を警戒しているが、それが現実のものとなるかどうかは1ヶ月ほど先の話だ。

Photo: "Bill Gates at Hioe Charity Forum"by GregRubenstein2 is licensed under CC BY 2.0