ビル・ゲイツ「マイクロソフトのTikTok買収は『毒杯』」

マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏は、同社の潜在的なTikTokの取引を「毒杯」と表現している。Wiredとのインタビューの中で、ゲイツ氏は、MicrosoftがTikTokの一部を買収するのは簡単でもないことを明らかにしている。

ビル・ゲイツ「マイクロソフトのTikTok買収は『毒杯』」

マイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏は、同社の潜在的なTikTokの取引を「毒杯」と表現している。Wiredとのインタビューの中で、ゲイツ氏は、MicrosoftがTikTokの一部を買収するのは簡単でもないことを明らかにしている。「この取引で何が起こるかは誰にもわからない」とゲイツ氏は言う。「しかし、そうですね、毒入りの聖杯です。彼はまた「ソーシャルメディアビジネスの大企業であることは「単純なゲームではない」と指摘し、マイクロソフトは全く新しいレベルのコンテンツ規制に対処しなければならないとしている。

ゲイツ氏がマイクロソフトがソーシャルメディアに参入することを警戒しているかどうかを尋ねられた彼は、Facebookがより多くの競争相手を持つことは「おそらく良いこと」だが、「トランプ氏が唯一の競争相手を殺したことは、かなり奇妙なことだ」と示唆している。

ゲイツ氏は、この潜在的なTikTokの取引がどのように進行しているかについて、他の人と同様に混乱しているようで、特にトランプ大統領は、米国財務省がどのような買収からも何らかの”取り分”を必要とすることを示唆しています。「特にトランプ大統領は、どのような買収でも米国財務省が何らかの”取り分”を必要とすると示唆しています。”取り分”の件は、二重に奇妙ですね。いずれにしても、マイクロソフトはそのすべてに対処しなければならないでしょう」。

ゲイツ氏のコメントは、マイクロソフトが米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドでのTikTokの事業を買収するための取引を進めていることを確認した数日後に発表されたものだ。また、MicrosoftがTikTokの全世界の事業を買収することを検討している可能性があるとの報道もあり、Financial Times紙は、この特定の取引に関する協議は「予備的」な段階にあると示唆している。

トランプ大統領はマイクロソフトが買収の可能性を結論付け、TikTokの禁止を回避するための期限を9月15日に設定した。

これは、マイクロソフトがソーシャルネットワーキング分野で大きな存在感を示すことになる複雑な取引だが、米中間のより大きな貿易戦争の一部になる危険性もある。ゲイツ氏は明らかに買収を警戒しているが、それが現実のものとなるかどうかは1ヶ月ほど先の話だ。

これは、米中間のより大きな貿易戦争の一部になる危険性を冒して、マイクロソフトがソーシャルネットワーキングの分野で大きな存在感を示すことになる複雑な取引だ。ゲイツ氏は明らかに買収を警戒しているが、それが現実のものとなるかどうかは1ヶ月ほど先の話だ。

Photo: "Bill Gates at Hioe Charity Forum"by GregRubenstein2 is licensed under CC BY 2.0

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)