Tagged

ソーシャルメディア

ソーシャルメディア(英語: Social media)とは、誰もが参加できる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたメディアである。 双方向のコミュニケーションができることが特長である。

米FTC、SNSの個人情報活用実態の提出を要求
ソーシャルメディア

米FTC、SNSの個人情報活用実態の提出を要求

米連邦取引委員会(FTC)は14日、ソーシャルメディアおよびビデオストリーミング企業9社に対して命令を出しており、彼らが個人情報をどのように収集、使用、提示しているか、広告やユーザーエンゲージメントの慣行、そしてその慣行が子供や十代の若者にどのような影響を与えているかについてのデータを提供することを要求した、と声明を出した。

米商務省、TikTokを閉鎖する命令を執行しないと発表
ソーシャルメディア

米商務省、TikTokを閉鎖する命令を執行しないと発表

米商務省は、動画共有プラットフォームTikTokを閉鎖する命令を執行しないとしている。政府は先月、ペンシルバニア州の連邦判事からの差し止め命令を引用し、商務省がプラットフォーム上での取引を禁止しようとした際に、裁判所の権限に立ち入った可能性が高いと述べている。

新研究、トランプのツイートは不利な話題を撹乱する目的で利用されてきたと主張
ソーシャルメディア

新研究、トランプのツイートは不利な話題を撹乱する目的で利用されてきたと主張

ドナルド・トランプ大統領の物議を醸すソーシャルメディアの使用は広く知られており、その動機については様々な説がある。ネイチャー・コミュニケーションズ誌に11日発表された新しい研究は、米国大統領のツイッターアカウントが、彼の評判に悪影響を及ぼす可能性のある話題から注意を逸らすために日常的に展開され、関連するメディアのネガティブな報道を抑制する役割があると主張している。

Twitterボットは2016年選挙より活発、Qアノン等の陰謀論の流布に貢献か
ソーシャルメディア

Twitterボットは2016年選挙より活発、Qアノン等の陰謀論の流布に貢献か

2億4000万件以上の選挙関連のツイートを調べたところ、ボットと呼ばれる数千の自動化されたアカウントが、ドナルド・トランプ大統領、民主党の対抗馬ジョー・バイデン前副大統領、そして両陣営のキャンペーンに関するツイートを投稿していたことがわかった。

Twitter、大統領選挙前に誤情報対策バナーを追加
ソーシャルメディア

Twitter、大統領選挙前に誤情報対策バナーを追加

Twitterは26日、メールによる投票や選挙結果に関する誤った情報を先取りして無力化するために、ユーザーのフィードのトップにメッセージを配置することを開始すると発表した。バナーはすべての米国ベースのユーザーのホームタイムラインに表示され、人々が選挙関連のフレーズやハッシュタグを検索したときにポップアップする。

Facebookがクラウドゲームサービスのベータ版を開始
ゲーム

Facebookがクラウドゲームサービスのベータ版を開始

Facebookは無料のクラウドゲームサービスを発表した。このサービスは、Facebook Gamingの一部であり、現在、限られた人々のみを対象としたベータテスト中だ。メッセージングサービスやニュースフィードを介して人々がプレイできるインスタントゲームに加えて、Facebookがゲームビジネスに深く関与することになる。

Qアノンがたった3年で全世界に広まった理由: 共同幻想を促進するゲーミフィケーション
誤情報

Qアノンがたった3年で全世界に広まった理由: 共同幻想を促進するゲーミフィケーション

QAnonのプロセスでは、信奉者たちに「謎のQ Drop」が発表されるたびに、「パズルを解いて」「自分自身で調査をする」ように促している。潜在的な信者はゆっくりとQAnonの世界観に引き込まれ、さまざまな事象との関連性を自ら構築することで、共同幻想を信じるようになる。テロリストの細胞やカルトが新しいメンバーを募集しようとする方法に似ている。

フェイスブック、選挙をめぐって「政治広告」の禁止を拡大
ソーシャルメディア

フェイスブック、選挙をめぐって「政治広告」の禁止を拡大

フェイスブックは7日、選挙を操作するために政治的候補者がFacebookを使用しないようにするために、より多くの予防措置を取るだろうと述べた。同社は現在、11月3日に投票が終了した後、不確定な時間の長さのために、すべての政治的および問題ベースの広告を禁止することを計画している。また、ニュースフィードのトップには、ニュースリリースで勝者が発表されるまで勝者が決定していないことを知らせる通知を表示するという。

プロパガンダ拡散はSNS固有の現象ではなくテレビ時代に確立した技法だった
トロール

プロパガンダ拡散はSNS固有の現象ではなくテレビ時代に確立した技法だった

オンラインのエコーチェンバー(反響室)、フィルターバブルの問題について、ハーバード大学法科大学院教授Yochai Benklerらは、ソーシャルメディアとネットワーク化されたテクノロジーが、意見の形成、現実の形成、言説への影響力のために民主主義を破壊しているのかどうかを挑発的に問いかけている。

SNSが国家、企業、個人を支配した世界の行く末 :『The Hype Machine』
書評

SNSが国家、企業、個人を支配した世界の行く末 :『The Hype Machine』

2020年は、ソーシャルメディアによって生み出されたコミュニケーションのエコシステム、つまりMITスローンのシナン・アラル教授が「ハイプ・マシン」と呼ぶものに最高潮と最低潮をもたらした。人々はパンデミックの間、友人や愛する人とのつながりを保つためにSNSを利用したが、同時にCOVID-19に関するフェイクニュースや誤情報が同じウェブサイトを通じて拡散した。

フェイスブックは世界的な誤情報との戦いに敗れている、と元従業員が語る
ソーシャルメディア

フェイスブックは世界的な誤情報との戦いに敗れている、と元従業員が語る

現状、フェイスブックのアセット(Facebook、インスタグラム、WhatsApp)が世界中の国家の政治に与える影響は甚大であり、そこにかなり危険なトロール(煽動)が含まれており、フェイスブック社にはその対応力が足りていないと推定できるだろう。