ソーシャルメディア

ソーシャルメディア(英語: Social media)とは、誰もが参加できる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じて広がっていくように設計されたメディアである。 双方向のコミュニケーションができることが特長である。

吉田拓史
無料会員 公開

Twitterの落城は近い?

イーロン・マスクがTwitterを買収して以来、同社の財務は打撃を受けている。売上は4割縮小し、コストは2〜3割増える見込みであり、近いうちに会社存続が危ぶまれる事態を迎える可能性はゼロではない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

SNS企業はブラジルの反乱で同じ失敗を繰り返した―Parmy Olson

ジャイル・ボルソナロ前大統領の支持者が8日にブラジルの国家中枢機関を襲撃した事件の余韻が残る中、そこに2021年1月6日の米国議会議事堂での反乱のデジャヴュを見いださずにはいられない。

吉田拓史
無料会員 公開

噴出するSNSの問題とその処方箋|平和博|メディアの未来#5

「メディア」の岐路を議論するインタビューシリーズ。第5回のインタビュイーは、元朝日新聞記者で、桜美林大学リベラルアーツ学群教授(メディア・ジャーナリズム)の平和博。違いの一つは規模の問題だ、と平は言う。

吉田拓史
無料会員 公開

米国でTikTok禁止論に勢い:共和党議員「違法薬物と同じ」

昨年末、米議会は政府端末での TikTokを使用を禁止する超党派の歳出法案を可決したが、議員や政府高官はさらなる厳しい規制を要求している。

吉田拓史
無料会員 公開

SNSの死とカンブリア紀の予感

世界中の人々をつなげると、余りにも悪いことがたくさん起きることを我々は知った。人類という種が、自分たちが作った技術に対して、余りにも進化の速度が遅いという事実をまざまざと教えてくれた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

政府端末でのTikTok使用禁止法案が米上院可決

中国のバイトダンス(字節跳動)が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用拡大に伴う米国の国家安全保障上の懸念に対応するため、民主・共和両党の上院議員は15日、バイデン政権に一段の行動を求めた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ツイッター、マストドンとマスク氏取材記者のアカウント停止

米ツイッターは10月に同社を買収した資産家イーロン・マスク氏をカバーしている複数の記者および、新興のソーシャルネットワークサービス(SNS)「マストドン」のアカウントを停止した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

陰謀論で悪ふざけするマスクの危うさ―Parmy Olson

マスクが広告主にTwitterから離れる理由を増やしてしまったのは残念だが、彼が有害なデマを流し続ければ、ネット上の言論の健全性にとってさらに大きな問題が生じる可能性がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

イーロン・マスクのスーパーアプリ構想の死角

イーロン・マスクは、もう街の広場に飽きたのだろうか? Twitterの買収を完了してから1カ月、彼の象徴的な視線は街全体に注がれているように見える。マスクは、スーパーアプリを作りたいと考えている。「Twitter 2.0」「The everything app」「X」と呼ばれるかどうかはともかく、彼の計画はまだ超漠然としている。11月26日にツイートされた、ほとんど情報を含まない一連のスライドは、彼の計画にほとんど光を当てなかった。今年初め、マスクはこの中国のスーパーアプリを「Twitter、PayPal、その他もろもろ、すべてがひとつにまとまっていて、実際素晴らしいインターフェースを持っている」と表現していたのだ。マスクがその道で障害に直面することは明らかだ。

編集部
無料会員 公開

Twitterへの広告出稿が社内予測を8割下回る

ワールドカップが開幕した11月20日、Twitterの米国での広告収益は、その週の社内予測を80%下回っていたと、ニューヨーク・タイムズ(NYT)は3人の関係者を引用して明らかにしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

SNSは破綻している…しかし抗議活動はそれを乗り越える

今年はソーシャルメディアが最悪の危機を迎える年かもしれないが、同時に民主主義にとって重要な価値を世界に再認識させる年でもある。

吉田拓史
無料会員 公開

TwitterはAppleと戦争する以外ない

イーロン・マスクのTwitterはAppleとの「戦争」へと舵を切った。サブスク収益の30%税だけならず、仮に広告でも同様の取り分を要求され、アプリ凍結までちらつかされれば、Twitterは袋小路に追い込まれたことになるからだ。