ビットコインは少数の特権階級に微笑む不公平なゲーム

ビットコインは少数のステークホルダーの手のひらの上にある。MITらの研究は、この過度の集中が、ビットコインが生み出す利益の大半が、少数の参加者によって享受される可能性が高いことを示唆している。

ビットコインは少数の特権階級に微笑む不公平なゲーム
Photo by Jeremy Bezanger on Unsplash

要点

ビットコインは少数のステークホルダーの手のひらの上にある。MITらの研究は、この過度の集中が、ビットコインが生み出す利益の大半が、少数の参加者によって享受される可能性が高いことを示唆している。


マサチューセッツ工科大(MIT)ビジネススクール(スローン)教授であるアントワネット・ショアーはロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス教授のイゴール・マカロフと共同で、ビットコインのエコシステムに光を当てた。

ショアーとマカロフは、ビットコインアドレスを実在の人物に結びつけるために、公的および独自の情報源を利用して、2015年から2021年までのビットコイン市場の変遷を記録したデータベースを構築した。彼らは、オープンソースソフトウェアのBitcoin Coreを使ってブロックチェーンデータをダウンロードし、BlockSci分析ツールを使って個々のトランザクションの生データを解析した。

ビットコインのブロックチェーンのセミパブリックな性質を利用して、ビットコインの市場参加者の行動に関する情報を抽出するアルゴリズムを開発した。

これにより、以下のことが可能になったという。

  1. ビットコインのブロックチェーン上での取引量と主要参加者のネットワーク構造の分析
  2. ビットコイン取引の正当性を検証するマイナーの集中度と地域構成を記録
  3. ビットコインの最大の保有者の所有権の集中度を分析する。

調査自体はビットコインに特化したものだが、著者が発見した内容の一部は他の暗号通貨にも当てはまる。以下は、彼らが知り得たことだ。

1. 違法な取引は、ビットコインの活動全体の中ではごく一部

ビットコインのブロックチェーンはパブリックな台帳であるため、アドレス間を流れるすべての支払いは観測可能である。しかし、ビットコインの利用者の中には、複数のアドレスで構成される長いチェーン上で資金を移動させたり、支払いを分割したりすることで、追跡を妨げる戦略をとる者もいる。著者らは、ビットコインネットワーク上の実在するエンティティ間の経済的に意味のある支払いを追跡できるように、これらをフィルタリングするアルゴリズムを開発した。

その結果、平均的な1週間のビットコインの取引量の約80%は、KrakenやCoinbaseなどの取引所や、オンラインウォレット、店頭取引所、大規模な機関投資家などの取引所類似のエンティティに起因していることがわかった。

ビットコインの価格が違法な取引によって支えられていることを心配する声は多いが、ショアーらは、違法行為はビットコインのブロックチェーンで実際に行われていることのほんの一部(彼らの推定では3%)にすぎないという。

2. ビットコインの所有は「特権階級」に集中している

ショアーらは、ビットコインの所有が一部のエリートに偏っていることを発見した。彼らの調査によると、2020年末の時点で、200万ビットコインをコントロールする「クラスター」が1,000個存在していた。

著者らは、1回の取引でビットコインを送ったすべてのアドレスが、同じ組織に属しているとみなされるようにアドレスをクラスター化した。ショアーらによると、このような行為は、資金の出所を不明瞭にすることだけを目的として行われることが多いそうだ。また、上位10,000のクラスターは、発行済みビットコインの約4分の1にあたる400万ビットコイン以上を所有していた。これは、市場の安定性にとって重要な意味を持つ。

3. ブロックチェーンの相互接続性は違法行為の取り締まりを困難にする

ショナーらは、ロシアの違法なダークネットマーケット「Hydra」でのビットコイン取引を追跡したところ、資金がHydraからCoinbaseやGeminiのような暗号通貨取引書に送られていることがわかった。そこでは、資金がそこで発生したものではないにもかかわらず、合法なものとみなされる可能性がある。

ショアーによると、これらの取引所に資金が到着すると、他の流れに混ざって事実上追跡不可能になり、どこにでも送れるようになるという。例えば、2020年1月から2021年6月の間に、CoinbaseはHydra市場に直接196ビットコインを送金し、Hydra市場から126ビットコインを受け取った。同時に近隣のクラスターを経由して53万ビットコインを送金し、21万8千ビットコインを受け取ってもいる。

ビットコインは匿名性が高いため、通常は金融機関による顧客の身元確認を義務付けるKYC("Know Your Customer")ルールで抑制しようとするところがあっても、犯罪者を追跡するのは困難だ。

4. マイナーは寡占

今年初めに中国が取り締まりを開始するまで、マイナー(ビットコインの取引を処理・検証し、ブロックチェーンの台帳に追加する個人)は非常に集中しており、約60%~70%が中国に存在していた。

ショアーらはマイナーの上位10%がビットコイン採掘能力の90%を支配し、わずか0.1%に相当する約50のマイナーで採掘能力の50%をコントロールしているとの結論に達した。

マイナー(採掘者)は、その作業の対価として、新たに作成されたビットコインを受け取る。ショアーらは、最大規模の16のマイニングプールから、そこに所属するマイナーへの採掘報酬の分配を追跡することで、個々のマイナーを特定することができた。

マイナーが特定の国に集中していると、ボラティリティーが生じやすくなる。ある国がマイニングを許可しないと決定すると、ビットコインのエコシステムに大きな混乱が生じる可能性があるからだ。

また、ビットコインの価格が下がると、マイナーの集中度が実際に上がることも分かっている。価格が下がるとマイナーの利益が圧迫され、大量のマシンに投じた設備投資が不合理なものとなるゲームから完全に脱落するマイナーが相次ぐためだ。

6. 独占的なプレイヤー

ショアーらは「ビットコインのエコシステムは、大規模な採掘者、ビットコイン保有者、取引所などの大規模かつ集中的なプレーヤーによって支配されていることを示唆している。この本質的な集中により、ビットコインはシステミックリスクの影響を受けやすく、また、さらなる普及から得られる利益の大半が、少数の参加者に不均衡に与えられる可能性が高いことを示唆している」と指摘している。

参考文献

  1. Makarov, Igor and Schoar, Antoinette, Blockchain Analysis of the Bitcoin Market (October 13, 2021). Available at SSRN: https://ssrn.com/abstract=3942181

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)