暗号通貨

暗号通貨(crypto-currency、crypto)は、交換媒体として機能するように設計されたデジタル資産であり、個々のコインの所有権記録は、強力な暗号を使用してコンピュータ化されたデータベースの形で存在する台帳に保存され、取引記録を保護し、追加のコインの作成を制御し、コインの所有権の移転を検証します。 暗号通貨は、(紙幣のような)物理的な形では存在せず、通常、中央機関によって発行されません。暗号通貨は通常、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは対照的に、分散型制御を使用しています。 暗号通貨が発行前に鋳造または作成されたり、単一の発行者によって発行されたりする場合は、一般的に中央集権的であると考えられます。分散型制御で実装されている場合、各暗号通貨は、公共の金融取引データベースとして機能するブロックチェーンに代表される分散型台帳技術によって機能します。

吉田拓史
無料会員 公開

"Web3ゴリ押し"で岸田政権のスタートアップ予算を狙う皮算用に疑問符

岸田政権が数兆円のスタートアップ支援策を策定するさなか、元MITメディアラボ所長の伊藤穰一を旗手とするWeb3の宣伝が再び活性化した。補助金の恩恵に預かるためだろうか、でかでかと掲げられたその誇大広告は、その実態と乖離している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

FTX残骸に絶好のチャンス、ディストレスト投資家が手を伸ばす理由

米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの顧客が同社からどの程度資金を回収できるか分かるのは、数年後と言わないまでも数カ月先になりそうだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

FTXの教訓その1:会計の授業で寝てはいけない―Michelle Hanlon

FTX関連のケーススタディは、今後何年にもわたってビジネススクールで教えられることになるだろう。FTXの破綻は、会計システムや基本的な内部統制の欠如が原因であることが明らかになった。

吉田拓史
無料会員 公開

FTXはエンロンを超えるか 「米史上最大の金融詐欺」との声も

暗号資産取引所FTXの一連の騒動は、巨額の不正会計・取引で知られるエンロン事件を凌ぐ「米国史上最大の金融詐欺」になるかもしれない。一時は時代の寵児ともてはやされた創業者のサム・バンクマンフリードには数十億ドルの顧客資金を流用した疑いがかかる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ヘッジファンドがSBG出資のグレイスケールを提訴、打撃を受けたビットコイン信託のデータを要求

フィルツリー・キャピタル・マネジメントは、107億ドルのビットコインファンドの管理ミスや利益相反の可能性を調査するため、グレイスケール・インベストメンツを提訴している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

泥沼破綻のFTXはベンチャーキャピタルの信任で増長した―Robert Burgess

すべてのベンチャー企業が成功するわけではない。Appleがあれば、Pets.comもある。しかし、市場環境の変化や昔ながらの不運で失敗するのと、FTXに見られるようなひどいガバナンスで失敗するのでは、雲泥の差がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

暗号資産の未来はイラクの過去と似ているかもしれない―Lionel Laurent

イラクの通貨ディナールは、暗号通貨市場が最新の暴落に見舞われたことで経済学者の関心を集めている。この市場は、詐欺や盗難、FTXやBlockFiといった有名企業の倒産が多発している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

効果的利他主義の生みの親である哲学者がFTX凋落の意味を語る

1972年、哲学者のピーター・シンガーは、近くで溺れている子供を助けるために自分の服を泥まみれにするなら、会ったこともない子供を助けるために少なくとも少額でもお金を出すべきだと主張する倫理的枠組みを提案した。

吉田拓史
無料会員 公開

FTXの終わりは暗号資産の終わりか?

FTX崩壊によって暗号資産ビジネスの評価が確定した。厳しい規制と無関心にさらされる冬が訪れることは必定だ。「最後の1人」となった最大手のバイナンスでさも生き残れるか試されることになる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

FTX資産の「相当額」、盗まれたか紛失-裁判所で弁護士が証言

経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXグループを代表する弁護士は22日、同社資産の「相当な額」が「盗まれたか紛失している」と破産裁判所に対して明らかにした。

吉田拓史
無料会員 公開

CBDCを使用した中国の国際送金網が米金融覇権を揺るがす

中国が主導するデジタル通貨ベースの国際送金プラットフォームは、ほぼリアルタイムの取引を実現し、クロスボーダー決済のコストを削減できたという試験結果を発表した。米国の経済覇権の柱の一つであるSWIFTの牙城が揺らいでいる。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

FTXの失敗は深い傷跡を残す

暗号資産業界では、ここ数日、誰も眠っていない。少なくとも、バハマに拠点を置く暗号取引所であり、かつての創設者サム・バンクマンフリードの帝国の至宝であるFTXが11月11日に破産申請して以来、終わりのないTwitter「スペース」のような感じがある。世界中に散在する暗号通貨コミュニティは、しばしばこのようなオンライン・フォーラムに集まる。新規売り出しされたトークンのさくらを集めたり、パンプ&ダンプ(価格吊り上げと叩き売り)を仕込んだり、時にはエキサイティングなイノベーションの議論などが行われたりする場所だ。 FTXやバンクマンフリードの他の会社(アメリカにある取引所のFTX USやトレーディング会社のアラメダ・リサーチなど)が破綻してからの数日間、フォーラムはトレーダーが嘆き、元従業員が秘密を打ち明け、Binanceの趙長鵬(チャンポン・ジャオ)やKrakenのジェシー・パウエルを含む他の暗号資産取引所運営者が顧客を安心させようとする場所となった。