暗号通貨

暗号通貨(crypto-currency、crypto)は、交換媒体として機能するように設計されたデジタル資産であり、個々のコインの所有権記録は、強力な暗号を使用してコンピュータ化されたデータベースの形で存在する台帳に保存され、取引記録を保護し、追加のコインの作成を制御し、コインの所有権の移転を検証します。 暗号通貨は、(紙幣のような)物理的な形では存在せず、通常、中央機関によって発行されません。暗号通貨は通常、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは対照的に、分散型制御を使用しています。 暗号通貨が発行前に鋳造または作成されたり、単一の発行者によって発行されたりする場合は、一般的に中央集権的であると考えられます。分散型制御で実装されている場合、各暗号通貨は、公共の金融取引データベースとして機能するブロックチェーンに代表される分散型台帳技術によって機能します。

デジタル決済が金融を一変させたいま、競争はグローバル化する[英エコノミスト]

フィンテック

デジタル決済が金融を一変させたいま、競争はグローバル化する[英エコノミスト]

過去20年間で、人々の支払い、受け取り、送金の方法は、認識できないほど変化した。2007年、M-PESAがケニアの人々にテキストメッセージでの支払いを可能にしたことから、革命が始まった。2011年、中国ではアリペイがQRコードによる決済を開始し、都市部では現金に代わるシステムとして定着した。 その後、インドの国家主導による統合決済インターフェース(UPI)やブラジルのPixによって、貧困層の金融システムへのアクセスは大幅に拡大した。私たちの特別レポートが説明するように、世界的に紙幣と硬貨の使用は3分の1に削減され、電子商取引は急成長し、デジタル決済のない生活は想像を絶するものとなっている。 国内でのお金の使い方を一変させたことで、決済の変革競争は今、世界へと広がっている。国境を越えた小売支出(観光を含む)と送金は今年5兆ドルに達し、企業間決済はその8倍に相当する。こうした膨大な資金の流れを処理するために、3つの大手企業がしのぎを削っている。 欧米では、VisaとMastercardの2社によるレガシーシステムと、銀行決済のためのメッセージングシステムであるSWIFTが、圧倒

By エコノミスト(英国)
暗号資産VCの資金調達が80%減少、スタートアップにとって悲惨な四半期に

暗号通貨

暗号資産VCの資金調達が80%減少、スタートアップにとって悲惨な四半期に

ベンチャーキャピタル(VC)は、スキャンダルや市場の低迷、規制の不確実性に悩まされる業界である暗号資産から撤退を続けている。調査会社ピッチブックのデータによると、今年第1四半期の暗号資産系新興企業への民間資金提供は2020年以降で最低水準に急減した。

By ブルームバーグ
本当に必要? KDDIが採用したゲーム特化型ブロックチェーンOasysへの疑問

ブロックチェーン

本当に必要? KDDIが採用したゲーム特化型ブロックチェーンOasysへの疑問

KDDIやソフトバンク、セガ、スクエニ、バンダイナムコ等が参加したゲーム特化型ブロックチェーンOasysが何のために存在するか、僕はうまく理解できなかった。なぜブロックチェーンである必要はあるか? NFTやDAOというユースケースは否定されたのではないか?

By 吉田拓史