ブルー・オリジン、スペースXのライバルへの小さな一歩

アマゾンの最高経営責任者ジェフ・ベゾスによって始められたロケット会社ブルー・オリジンは13日、乗客が搭乗する前に安全性を確認するためのテストの一環として、小型のニュー・シェパードロケットとカプセルを13回目の打ち上げと着陸を行った。宇宙空間の始まりと考えられている高度62マイルの上空を裕福な人々が飛行し、カプセルが弧を描くときに数分間の無重力状態を体験するというものだ。

ブルー・オリジン、スペースXのライバルへの小さな一歩

アマゾンの最高経営責任者ジェフ・ベゾスによって始められたロケット会社ブルー・オリジンは13日、乗客が搭乗する前に安全性を確認するためのテストの一環として、小型のニュー・シェパードロケットとカプセルを13回目の打ち上げと着陸を行った。宇宙空間の始まりと考えられている高度62マイルの上空を裕福な人々が飛行し、カプセルが弧を描くときに数分間の無重力状態を体験するというものだ。

ブルー・オリジンは新しい会社ではなく、ベゾス氏が2000年に設立した会社だが、その存続期間のほとんどの間、あまり収益を上げることなく秘密裏に運営されていた。3年前、ベゾス氏は、ブルー・オリジンの研究開発資金として年間10億ドルのアマゾン株を売却していると語っていた。そして、軌道上の打ち上げ事業でイーロン・マスクのスペースXなどと競合したり、NASAの宇宙飛行士のために月着陸船を作ったり、最終的には何百万人もの人が宇宙で生活し、働くことができるようにするなど、その事業に対する幅広い野望を宣言してきた。

しかし、テキサス州ヴァンホーン近くのテストサイトから13日に打ち上げられた貨物は、同社が短期的にはビジネス機会を見つけたことを示している。それは、再利用可能なニューシェパードロケットとカプセルを、新技術のテストや科学実験を行うための効果的で収益性の高いプラットフォームに変えることだ。

この飛行はニューシェパードの13回目の宇宙飛行であり、12回目の完全成功だった。この飛行は、ブルーオリジンをスペースX社に対抗できる大手ロケット会社にするための小さな一歩となった。

ニューシェパード号には、ライダースイート、コンピュータ、地形認識システムを含む月面着陸システム、軌道上のニューグレンロケットで使用できる熱シールドなど、いくつかの技術実験が含まれていた。Vergeによると、宇宙船には、微小重力水生植物園や小惑星採掘のためのプロトタイプシステムなど、いくつかの実験も含まれていたという。カプセルには、宇宙の未来がどのようなものになるかを想像する小学生たちが作成した多数の絵葉書が搭載されていた。飛行は高度66マイルまで飛行し、10分強で終了した。

これは、革新的な技術をプッシュしようとするNASAのティッピングポイントプログラムの一部。月のさまざまな部分を訪問した1969年から1972年までのNASAのアポロミッションとは異なり、宇宙機関の現在のアルテミスプログラムは、永遠に影に覆われたクレーターに大量の水の氷が含まれている月の南極付近を繰り返し訪問することを目指している。そのためには、同じ場所に何度も着陸する能力が必要となる。

Lidarで地表とロケットの距離を測定

そのために、バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究センターでは、地表から光を跳ね返して降下する宇宙船の高度と速度を測定するシステムの開発に数年を費やしてきた。このライダー(Lidar)は、「光の検出と測距の略」で、自動運転技術でも採用されるなど、近年、様々な領域での応用が進んでおり、ロケットと地表の距離のより正確な測定を可能にすると見込まれている。

13日の打ち上げに搭載されたNASAの第2のシステムは、地形相対ナビゲーションとして知られているもののテストだった。月の周りには全地球測位システムの衛星がないので、宇宙船は、その正確な位置を決定するために、独自のスマートに頼らなければならない。このナビゲーションシステムでは、カメラで撮影した画像と搭載されている画像をコンピュータが比較して位置を特定する。ナビゲーションシステムは、ニュー・シェパードブースターが最も高い位置に到達した場所の近くでオンになる。

NASAはニューシェパードの2回のフライトにブルーオリジンのシステムを搭載するために150万ドルを支払った。2回目のフライトでは、障害物を識別して回避するために、下の風景の3次元マップを作成する別のライダー装置を追加する。

「私たちの目標は、NASAと産業界がミッションの特定のニーズに基づいて使用できるプラグアンドプレイの精密着陸システムを準備することだ」とNASAの管理者であるジム・ブリデンスティンは声明の中で述べている。「この統合されたニュー・シェパードのテストは、センサー、アルゴリズム、コンピュータがどのように連携しているかについて、比類のない情報を提供してくれる」

スペースXのライベルへと一歩踏み出す

ニューシェパードの他にも、ブルーオリジンには2つのプロジェクトがあり、それが実現すれば、現在最も有名で最も収益性の高い起業家的宇宙発射会社であるスペースXの対抗馬になるかもしれない。

ニューグレンは2段式のロケットで、ファルコン・ヘビーやデルタIVヘビーに匹敵する能力を持つと言われている。

このヘビーリフトロケットの開発には、ブルーオリジンのジェフ・ベゾスCEOのほか、米国空軍や米国宇宙軍が資金を提供している。第1段は再利用可能なため、地球に戻って垂直に着陸するという点で、ファルコン9やファルコンヘビーの第1段のような運用をしなければならない。ニューグレンは、商業、軍事、NASAの市場をターゲットにしている。現在、初飛行は2021年に予定されている。

二段式ロケットのニューグレンのイラスト。出典:ブルー・オリジン。

ブルームーン月着陸船には、貨物用と乗組員用があり、後者はブルーオリジンが人間着陸システムの競争に参入したものである。月着陸船は、転送ステージ、降下ステージ、上昇ステージの3つのステージで構成されており、貨物と宇宙飛行士の両方を月面に乗せることができます。ブルームーンはNASAからの資金援助を受けているが、さらに削減されれば、さらに多くの資金援助を受けることになるだろう。月着陸船は、早ければ2024年に宇宙飛行士が月面に着陸するための乗り物になるかもしれない。

ブルー・ムーンを発表するジェフ・ベゾス。Image by Dave Mosher CC BY-SA 4.0

ブルーオリジンは商業宇宙ステーション事業に参入することも検討している。NASAは、国際宇宙ステーション(ISS)が耐用年数を終えたら、商業宇宙ステーションの顧客となり、地球低軌道で新たな産業を創出したいと提案している。ベゾス氏は、アマゾンの企業体制の下で、スペースXのスターリンク(Kuiperと呼ばれる衛星インターネットシステム)の彼のバージョンを始めようとしているが、この計画は最近、連邦通信委員会(FCC)によって承認された。

スペースX社は、周りにある唯一の商業宇宙企業ではないが、最もメディアの注目を集め、人々の興奮を集めている企業だ。テキサス州ボカチカで、スターシップと呼ばれる新しい宇宙船を開発している同社は、特に人々の注目を集めている。イーロン・マスクのスターシップの野望には、火星に都市を建設するための輸送手段としての利用が含まれている。

ベゾス氏は、ブルーオリジンをスペースXのライバルになるほどの資金力を持っている。お金は技術者の才能やロケットを作るために必要なすべてのものを買う。もしニューグレンとブルームーンが成功すれば、マスクは、ブルー・オリジンが彼のロケットと競合する事態に直面することになる。

Photo by Blue Origin

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)