宇宙

宇宙とは、惑星、星、銀河、その他のあらゆる形態の物質とエネルギーを含む、空間と時間、およびそれらの内容のすべてである。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスク インタビュー : FT紙「パーソン・オブ・ザ・イヤー」

フィナンシャル・タイムズは同紙の2021年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」にイーロン・マスクを選んだ。本紙は自動車業界にEVへの歴史的な転換をもたらした、物議を醸したテスラの最高経営責任者にインタビューした。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

スペースXの巨大で安価なスターシップは宇宙旅行を一変させる

アポロの宇宙飛行士を月に運んだサターンVロケットが最終飛行を行った1973年、大きさと見ごたえという点では、宇宙時代のピークは過ぎ去ったと言える。自由の女神よりも高いサターンVは、140トンもの重量を軌道に乗せることができた。1967年の初飛行は、発射台から遠く離れた場所で取材していたアメリカのニュースキャスター、ウォルター・クロンカイトを驚かし、彼は「大変だ、このビルは揺れている!」と叫び、彼の周りで天井のタイルが落下した。それから半世紀が経つが、これほど強力なものはない(図1参照)。 図表1: ロケットのサイズと搭乗可能な人数メキシコとの国境から数マイル離れたテキサス州の集落、ボカ・チカからそう遠くない場所で、イーロン・マスクが設立したロケット会社スペースXは、それを変えることを期待する機械を開発中だ。輝くステンレス鋼で作られ、機首をフィンで飾り、サターンVよりも10メートルも高いスターシップは、1950年代の三文SF雑誌の表紙のような外見をしている。スターシップのペイロードは最大150トンで、5回の打ち上げで、2021年に世界中が135回のロケット打ち上げを行うよりも多くの物資を宇宙に送り出すことができる予定だ。その上段には、10年かけて何十回も打ち上げられ、おそらく1000億ドルかけて組み立てられた国際宇宙ステーションよりも多くの加圧された容積がある。 しかし、重要なのはその大きさだけではない。サターンVが人間を月に送るために飛び立ったとき、2,800トンのハードウェアの中で戻ってきたのは、3人の人間を乗せた狭い5トンのカプセルだけであった。スターシップでは、すべてのハードウェアが戻ってくることを想定している。巨大なブースターステージはほとんどすぐに、軌道上の第2ステージはどんなミッションに送られたかを達成した後に戻ってくる。 2月10日に行われたプレス向けイベントで、マスクは組み立てたロケットを披露し、スペースXを設立した理由を改めて説明した。それは、火星にコロニーを建設することによって、人類が存亡の危機に直面したときの保険を購入することだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

NASAのベテランと宇宙起業家が97%安価な宇宙ステーション建設を目指す

アクシオムは初の民間宇宙ステーション建設に向け、一歩リードしている。2月に企業価値7億4,000万ドルに達した同社は、現在Cラウンドの締結を目指しており、IPOやSPACも検討しているという。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

NASA、月面ローバーにEV技術を採用へ

【サイエンティフィック・アメリカン】乗員を乗せた月面車は、NASAの要求によれば、少なくとも10年は使えるように設計されなければならない。商業用電気自動車を宇宙用に改造するなど、火星の表面に対する大胆なアイデアを検討されている。

編集部
無料会員 公開

吉利の人工衛星工場が稼働承認、年間500機以上生産へ

中国の自動車メーカー吉利集団の衛星工場であるスタースマートは、中国国家発展改革委員会から商業衛星製造の認可を受けたことで、同工場が人工衛星の量産を開始できることになった。

吉田拓史
無料会員 公開

NASAの最新火星探査機PerseveranceはAI支援型

NASAの最新の火星探査機Perseveranceが、6ヶ月間の赤い惑星への飛行の後、2月18日(米国時間)に火星の地表に着陸する準備をしているが、探査機が地形を横断する際には、AIの使用は探査機のミッションを支援することになる。

吉田拓史
無料会員 公開

ニュートンの法則を使わずに太陽系の惑星の軌道を正確に予測する機械学習モデル

このプログラムは、「サービングアルゴリズム」と呼ばれる追加のプログラムとともに、ニュートンの運動と重力の法則を使わずに、太陽系の他の惑星の軌道を正確に予測した。基本的に、物理学の基本的な要素をすべて迂回した。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフトとHPE、火星ミッションに備えてAI、エッジ、クラウドを地球軌道に投入

マイクロソフトが検討しているアイデアの1つは、Spaceborne Computer-2(SBC-2)でデータを実行し、少量のデータを地球に送り返し、それをAzureへのデータのバーストと比較して、どちらがより高速に動作するかを見ることだ。

吉田拓史
無料会員 公開

折り紙にヒントを得た小型衛星用アンテナ技術

興味深いことに、彼らのデザインは「折り紙」という日本の芸術、特に空間マッピングと呼ばれる分野の数学に触発されており、折り畳み式の展開可能なアンテナに最適な形状を決定することができた。

吉田拓史
無料会員 公開

ブルー・オリジン、スペースXのライバルへの小さな一歩

アマゾンの最高経営責任者ジェフ・ベゾスによって始められたロケット会社ブルー・オリジンは13日、乗客が搭乗する前に安全性を確認するためのテストの一環として、小型のニュー・シェパードロケットとカプセルを13回目の打ち上げと着陸を行った。宇宙空間の始まりと考えられている高度62マイルの上空を裕福な人々が飛行し、カプセルが弧を描くときに数分間の無重力状態を体験するというものだ。

吉田拓史
無料会員 公開

火星の表面下に塩分の多い湖を発見

研究チームは、MARSISと呼ばれる火星探査機「Mars Express」のレーダーサウンダーのデータで、火星の表面下に塩分の多い湖がある証拠を示すことに成功した。

吉田拓史
無料会員 公開

金星の雲から化合物ホスフィンを発見、地球外生命体の可能性

気体のホスフィン(PH3)が金星の大気中に検出されたことを報告する論文が、今週、Nature Astronomy に掲載された。金星の大気中でこの有害なガスの目撃情報を発表したGreavesたちの研究チームは、惑星に生命が存在していることを示唆しているのではないかと主張している。