宇宙

宇宙とは、惑星、星、銀河、その他のあらゆる形態の物質とエネルギーを含む、空間と時間、およびそれらの内容のすべてである。

ブルームバーグ
無料会員 公開

イーロン・マスク、小型衛星で航空機内Wi-Fiに参入

スペースXは、同社の衛星システム「スターリンク」が3万フィート上空でNetflixやYoutubeを配信できることを世界に示したいと考えている。そこで同社は最近、初の航空会社顧客である地域航空会社JSXが運航するジェット機でメディア向けのデモを実施した。

編集部
無料会員 公開

中国が月面で未知の鉱物を発見

中国は先週金曜日、月面で取得したサンプルの中からこれまで知られていなかった鉱物を発見したと発表した。「嫦娥石」と名付けられたこの鉱物は人類が月面で発見した6種類目の新鉱物である。

吉田拓史
無料会員 公開

RISC-Vの旗艦SiFiveがNASA採用決定で「お墨付き」

チップ設計新興企業の米SiFiveがNASAの月や火星へのミッションの基幹システムを動かすCPUコアを設計することが決まった。採用企業の拡大で急浮上中のSiFiveに新たな「お墨付き」が与えられた。

編集部
無料会員 公開

ロケットラボ、金星の雲の生命体を探索するミッションを自己資金で実施予定

ロケットラボは24日、金星の雲の中を約5分間、高度48〜60kmで飛行する小型宇宙船の開発とその打ち上げに自己資金を提供することを発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

小型衛星打ち上げ会社がスペースXの無視できない対抗馬に

ロケットラボは日の出の勢いのロケット会社だ。数百,数千機の小型衛星を起動に配置して高速インターネットを作るトレンドに乗り、ウクライナ侵攻以降の軍事衛星活用の拡大を追い風にしている。

編集部
無料会員 公開

スペースコロニーの候補地? UCLA、月面で快適な窪地を発見

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の惑星科学者が率いるチームは、月の穴の中に、常に華氏63度程度の快適な温度で推移する日陰の場所を発見した、と発表した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国、宇宙文明からの信号を検出した可能性を発表

中国は、巨大望遠鏡「スカイ・アイ」が宇宙文明の兆候を捉えた可能性があると発表した。国営の科学技術日報が報じたもので、その後、同報道と発見に関する投稿を削除したようだ。

編集部
無料会員 公開

NASA、UFOを研究するチームを結成

NASAは9日、この秋、未確認航空現象(UAP、現在UFOを指す最新の用語)の目撃情報を調査するための独立した研究チームを結成することを発表した。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスク インタビュー : FT紙「パーソン・オブ・ザ・イヤー」

フィナンシャル・タイムズは同紙の2021年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」にイーロン・マスクを選んだ。本紙は自動車業界にEVへの歴史的な転換をもたらした、物議を醸したテスラの最高経営責任者にインタビューした。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

スペースXの巨大で安価なスターシップは宇宙旅行を一変させる

アポロの宇宙飛行士を月に運んだサターンVロケットが最終飛行を行った1973年、大きさと見ごたえという点では、宇宙時代のピークは過ぎ去ったと言える。自由の女神よりも高いサターンVは、140トンもの重量を軌道に乗せることができた。1967年の初飛行は、発射台から遠く離れた場所で取材していたアメリカのニュースキャスター、ウォルター・クロンカイトを驚かし、彼は「大変だ、このビルは揺れている!」と叫び、彼の周りで天井のタイルが落下した。それから半世紀が経つが、これほど強力なものはない(図1参照)。 メキシコとの国境から数マイル離れたテキサス州の集落、ボカ・チカからそう遠くない場所で、イーロン・マスクが設立したロケット会社スペースXは、それを変えることを期待する機械を開発中だ。輝くステンレス鋼で作られ、機首をフィンで飾り、サターンVよりも10メートルも高いスターシップは、1950年代の三文SF雑誌の表紙のような外見をしている。スターシップのペイロードは最大150トンで、5回の打ち上げで、2021年に世界中が135回のロケット打ち上げを行うよりも多くの物資を宇宙に送り出すことができる予

ブルームバーグ
無料会員 公開

NASAのベテランと宇宙起業家が97%安価な宇宙ステーション建設を目指す

アクシオムは初の民間宇宙ステーション建設に向け、一歩リードしている。2月に企業価値7億4,000万ドルに達した同社は、現在Cラウンドの締結を目指しており、IPOやSPACも検討しているという。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

NASA、月面ローバーにEV技術を採用へ

【サイエンティフィック・アメリカン】乗員を乗せた月面車は、NASAの要求によれば、少なくとも10年は使えるように設計されなければならない。商業用電気自動車を宇宙用に改造するなど、火星の表面に対する大胆なアイデアを検討されている。