アルダス・ハクスレーの「ブレイブニューワールド」、シャーロット・パーキンス・ギルマンの「ハーランド」、ジョージ・オーウェルの「1984」の伝統の中で、SF作家は長い間、絶望的に機能不全に陥った社会を描く代替世界、あるいはその逆の世界、つまり争いや競争のない世界を想像してきた。

"Blueprint: The Evolutionary Origins of a Good Society" (青写真:善良な社会の進化的起源)では、イェール大学教授(社会学/物理学)のニコラス・クリスタキスは、友情と協力のための私たちの能力を、強力なケーススタディと調査を通じて、ユートピアの可能性の提示を試みます。彼は、ソーシャルネットワークと大規模な多人数参加型オンラインゲームの研究を含む、現実と仮想環境への彼自身と他の人の研究からの証拠に基づいた結論を提示しています。

彼の見解は、人間社会の「社会的スイート」(“social suite”)の記述の中に結晶化されています。彼や他の人の人間社会の文化の観察を通して特定された8つの共通の特徴(「パートナーや子孫への愛」や「自分のグループへの嗜好」を含む)はとても大きな手がかりです。「もし彼らが社会を形成するとしたら、その核心は、かなり予測可能なものになるだろう。

人間は、(いくつかの累計を持つ)社会の一種類だけを作る自由を認められており、それは先天的に存在する「特定の計画」から来ている。進化は社会の「青写真」を提供しています。避けられない他者の存在、つまり、私たちが交流したり、協力したり、避けたりする可能性のある人々は、私たちの遺伝子を形成する上で、捕食者と同じくらい強力であると彼は主張しています。

「青写真」は、群衆の力を、恐怖を植え付ける力としてだけでなく、大きな善をもたらす力としても考えています。多様性に富んだ人間の文化の中から共通点を見つけることは難しい課題のように思われるかもしれないが、クリスタキスは、すべての社会の中心には、残忍さを欠き、友情と共有を育む、より原始的な何かがある、と主張している。

炭素原子がどのようにつながっているかによってダイヤモンドや石炭の構造になるのと同じように、善良な人は悪いことをすることができ、悪い人は自分の信念に関係なく、単に自分自身が組み込まれたネットワークの結果として良いことをすることができるということを、証拠は示しているのです。

Photo by Liam Burnett-Blue on Unsplash