書評

書評は、書籍の評判をしるための重要な指標です。書評は、本、記事、ジャンル全体または文学の分野、建築、芸術、ファッション、レストラン、ポリシー、展示会、パフォーマンス、および他の多くの形式を考慮することができます。

吉田拓史
無料会員 公開

プロパガンダ拡散はSNS固有の現象ではなくテレビ時代に確立した技法だった

オンラインのエコーチェンバー(反響室)、フィルターバブルの問題について、ハーバード大学法科大学院教授Yochai Benklerらは、ソーシャルメディアとネットワーク化されたテクノロジーが、意見の形成、現実の形成、言説への影響力のために民主主義を破壊しているのかどうかを挑発的に問いかけている。

吉田拓史
無料会員 公開

SNSが国家、企業、個人を支配した世界の行く末 :『The Hype Machine』

2020年は、ソーシャルメディアによって生み出されたコミュニケーションのエコシステム、つまりMITスローンのシナン・アラル教授が「ハイプ・マシン」と呼ぶものに最高潮と最低潮をもたらした。人々はパンデミックの間、友人や愛する人とのつながりを保つためにSNSを利用したが、同時にCOVID-19に関するフェイクニュースや誤情報が同じウェブサイトを通じて拡散した。

吉田拓史
無料会員 公開

人間がどんな社会を形成するかは長年の進化で育まれた「プログラム」次第

人間は、(いくつかの累計を持つ)社会の一種類だけを作る自由を認められており、それは先天的に存在する「特定の計画」から来ている。進化は社会の「青写真」を提供しています。

吉田拓史
無料会員 公開

キャリアハイは年齢とは関係ない 生産性を維持すれば高齢でもヒットを打てる

科学雑誌「サイエンス」に掲載された研究は、年齢は成功にとって重要な因子ではなく、どんな年齢になっても大きな成功につながるのは、知性だけでなく、性格、粘り強さ、純粋な運の組み合わせであることを示唆しています。

吉田拓史
無料会員 公開

経験者が語るベンチャーキャピタルとの交渉法

ベンチャー投資のロジックの理解はスタートアップの成功の礎になる。VCは、ビジネスコントロールの割合と引き換えに、起業家に2つの貴重なアイテムを提供する。それは、資本と価値の付加、と言われます。この取引の塩梅がスタートアップの成功の鍵を握る。

吉田拓史
無料会員 公開

Netflixの草創期は失敗の連続

Netflixが全世界1億6000万会員を達成するまでの道のりには、失敗に次ぐ失敗を繰り返した草創期があります。郵便局でのDVD破損問題、レンタルビデオ店との過当競争を生き抜いてきました。

吉田拓史
無料会員 公開

生殖、授乳、親の投資、脳の複雑さ…人間という哺乳類が謎に包まれた進化を遂げた理由

哺乳類学に取り憑かれた研究者は、進化の観点から人間という哺乳類の性質について興味深い推論を繰り広げます。発生生物学と進化生物学の魅惑的な組み合わせである「エヴォ・デヴォ」は興味をそそる仮説を示してくれます。

吉田拓史
無料会員 公開

ウーバーのセクハラ被害者の回顧録 女性エンジニアがうけた侮辱、罵倒、性差別、人種差別の記録

ウーバー社内のセクハラを世に知らしめたスーザン・ファウラーの回想録 "Whistleblower" が先月アメリカで出版されました。それは侮辱や罵倒、性差別、人種差別の悲しい記録です。

吉田拓史
無料会員 公開

水が氷になる物理現象と酷似 企業のイノベーション停滞

革新的な企業が自己満足な企業になる瞬間は、コップ一杯の水が凍って氷になる瞬間に似ています。要素は同じですが、構造は変わってしまう、相転移との類似が指摘されています。

吉田拓史
無料会員 公開

数キロ離れた地域で平均寿命20年の差 社会階級と健康の「悲しい関連性」

あなたが健康の社会的決定要因に興味があるのなら、ロンドン大学の疫学と公衆衛生学の教授であるマイケル・マーモットの『健康格差』は必読書です。「持たざる者」は「持てる者」より長く生きられない現実をどう変えるか。

吉田拓史
無料会員 公開

人間の”超能力”と視覚の革命『ヒトの目、驚異の進化』書評

進化神経生物学者チャンギージーはあなたの視覚が驚異的な能力を持っていることを明らかにします。あなたの脳が常に未来の知覚を作り出しているなどの魅力的な説があるのです。

吉田拓史
無料会員 公開

「生命3.0」はAI革命の時代 "Life 3.0" by Max Tegmark

"Life 3.0"は、人工知能(AI)と、地球とそれ以降の生命の未来への影響について説明します。 さまざまな社会的影響、前向きな結果の可能性を最大化するために何ができるか、人類、テクノロジーの将来の可能性について説明しています。