Tagged

Book Review

書評は、書籍の評判をしるための重要な指標です。書評は、本、記事、ジャンル全体または文学の分野、建築、芸術、ファッション、レストラン、ポリシー、展示会、パフォーマンス、および他の多くの形式を考慮することができます。

プロパガンダ拡散はSNS固有の現象ではなくテレビ時代に確立した技法だった
Troll

プロパガンダ拡散はSNS固有の現象ではなくテレビ時代に確立した技法だった

オンラインのエコーチェンバー(反響室)、フィルターバブルの問題について、ハーバード大学法科大学院教授Yochai Benklerらは、ソーシャルメディアとネットワーク化されたテクノロジーが、意見の形成、現実の形成、言説への影響力のために民主主義を破壊しているのかどうかを挑発的に問いかけている。

SNSが国家、企業、個人を支配した世界の行く末 :『The Hype Machine』
Book Review

SNSが国家、企業、個人を支配した世界の行く末 :『The Hype Machine』

2020年は、ソーシャルメディアによって生み出されたコミュニケーションのエコシステム、つまりMITスローンのシナン・アラル教授が「ハイプ・マシン」と呼ぶものに最高潮と最低潮をもたらした。人々はパンデミックの間、友人や愛する人とのつながりを保つためにSNSを利用したが、同時にCOVID-19に関するフェイクニュースや誤情報が同じウェブサイトを通じて拡散した。

もし超知能が生まれるなら未来はどうなる?  『スーパーインテリジェンス 超絶AIと人類の命運』書評
AI Ethics

もし超知能が生まれるなら未来はどうなる? 『スーパーインテリジェンス 超絶AIと人類の命運』書評

「超知能」コンピュータがどのようなものになるのか? 哲学者のニック・ボストロムは、新しい本『スーパーインテリジェンス 超絶AIと人類の命運』の中で、この答えを探し求めている。彼の課題は野心的なものであり、むしろ余りにも野心的すぎる印象を抱いてしまいます。

凡庸な多数派どもの戯言に耳を貸すな  『イノベーターズ 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史』書評
Book Review

凡庸な多数派どもの戯言に耳を貸すな 『イノベーターズ 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史』書評

ウォルター・アイザックソンの『イノベーターズ』では、アラン・チューリング、アラン・ケイ、「8人の反逆者」、ティム・バーナーズ・リー、ビル・ゲイツ等、型破りな220人が登場し、デジタル革命の軌跡を追いかけます。

スクリーン中毒の技法が常にあなたを狙っている  『僕らはそれに抵抗できない  「依存症ビジネス」のつくられかた』書評
Book Review

スクリーン中毒の技法が常にあなたを狙っている 『僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた』書評

さまざまなテック企業の幹部たちが、子供たちに自分たちの製品をまったく使わせないか、あるいは使用に厳しい制限を課し、スクリーンタイムを制限しています。なぜならそこには依存を引き起こす技法が詰め込まれているからです。