リビアンはアマゾンの物流EV化の野望を叶えられるか?
2022年1月12日、カリフォルニア州チャッツワースの配送施設に置かれたアマゾンの配送バン。同社は配送車両をグリーン化するという大きな計画を持っているが、現在製造されている車両は非常に少ない。(Roger Kisby/The New York Times)

リビアンはアマゾンの物流EV化の野望を叶えられるか?

【ニューヨーク・タイムズ】アマゾンは配送車両をEV化するという大きな計画を持っている。しかし、リビアンは製造に苦労しており、他のメーカーによって製造されている車両も非常に少ない。

ニューヨーク・タイムズ

【ニューヨーク・タイムズ、著者:Michael Powell】秋、ジェフ・ベゾスは、アマゾン向けに10万台の電動配送用バンの製造を請け負っている新興企業リビアン(Rivian)と、その創業者であるR.J.スカリンジを称賛し、「私がこれまでに会った中で最も素晴らしい起業家のひとり」とツイートした。

そして、ベゾスはジャブを繰り出した。「さて、RJ、我々のバンはどこだ?」

冗談で言ったのかもしれないが、彼が提起した問題は深刻である。

アマゾンは、2030年までに配送の半分をカーボンニュートラルにするという公約を掲げ、物流事業を拡大しているため、電動バンに対する飽くなき欲求を持っている。しかし、その欲求は、自動車業界がまだ電気自動車(EV)をほとんど生産していないという現実にぶつかっている。

消費者用のEVはようやく軌道に乗りつつあり、テスラでは昨年100万台近い車を納入したが、商用のEVの市場はまだ始まったばかりで、より重い荷物を運ぶために技術的な課題も増えている。アマゾンは、リビアンが予想通り12月に最初の10台の量産バンを納入したかどうかについては言及しておらず、他の自動車メーカーもまだ大規模な製造を行っていない。

アマゾンはリビアンの株式を20%近く保有しているにもかかわらず、他の自動車メーカーにも注文を出しており、生産開始前にできるだけ多くのバンを手に入れようとしている。

今月、アマゾンは、フィアット・クライスラーとフランスの自動車メーカーであるプジョーが合併して昨年設立されたステランティスから「数千台」の「ダッジ・ラム」のEV版を購入すると発表した。また、欧州のダイムラーにも1,800台の電気バンを発注している。また、2025年までに1万台の電動三輪車を走らせるという目標の一環として、インドの自動車メーカーであるマヒンドラ&マヒンドラとパートナーシップを結んでいる。

アマゾンのグローバルフリートを統括するロス・レイシーは、声明の中で次のように述べている。「私たちがこれを実現しようとしている規模とスピードは、多くの発明、テスト、学習を必要とし、全く新しいプレイブックを必要とする」

2022年1月13日、カリフォルニア州ローズミードの配送施設で、荷物を積むアマゾンの配送バン。同社は配送車両をグリーン化するという大きな計画を持っているが、現在製造されている車両は非常に少ない。(Roger Kisby/The New York Times)

2020年末の内部文書によると、アマゾンは2021年末までにおよそ17万5,000台のバンを走らせると予想しており、そのほぼすべてが化石燃料を燃やしていた。

その数は急速に増えている。アマゾンは数年間、そして数百億ドルを投じて、UPSのような大規模な輸送業者に頼ることから脱却し、荷物の配送を大々的に推進している。そのために、アマゾンはメルセデス・ベンツに2万台のディーゼル・バン「スプリンター」を発注した。

現在、アマゾンは契約者のネットワークを通じて、全世界の注文の半分以上を配送しており、米国ではそれをはるかに上回っている。物流コンサルタント会であるMWPVLのデータによると、アマゾンは現在、2017年の6倍の配送拠点を持っており、今年は少なくとも50%以上の新しい施設が開設される予定だ。

パンデミックによるオンラインショッピングへの移行によって加速されたこの物流ブームは、同社が気候変動への影響を軽減するという誓約を果たす上で直面する課題を倍加させている。2030年までに配送の半分をカーボンニュートラルにするという誓いは、2040年までに正味のカーボンニュートラルにするという同社の幅広い誓いの一部だ。

ワシントン大学でサプライチェーン、ロジスティクス、貨物輸送の研究を率いるアン・グッドチャイルドは「配送車両の電動化は、その戦略の中でも極めて重要な要素だ」と述べている。

配送用バンは、1日の走行距離が100マイル以下の場合が多く、EVのコストにつながる大型バッテリーパックが不要なため、電気推進に適している。配送用トラックは日中に使用することが多く、夜間に充電することができるため、ガソリン車に比べてメンテナンスが少なくて済む。EVには、配達ルートでよく見られる激しいストップ&ゴーですぐに摩耗するトランスミッションやその他の機械部品がない。

2019年9月、ベゾスはアビアンのリビアンの大量注文(EVの過去最大の注文)を発表した際、これをアマゾンの二酸化炭素排出量削減の取り組みの中心と位置づけた。当時、彼は10万台のバンが「2024年までに」道路を走ることになると予想していた。後にアマゾンは、彼の発言は誤りであり、注文は2030年だったと発表した。

アマゾンは、早ければ今年中に1万台のバンを製造することになっているというリビアンに、少なくとも13億ドルを投資した。アマゾンはまた、リビアンの商用バンの独占権を4年間、その後2年間は先買権を持つことをロックした。両社は、ほぼ1年前からバンのテストを行っている。

11月に行われた規制当局の開示資料では、リビアンは「2025年までに」アマゾンへの完全な納品を行うとしていた。先週、レイシーは、アマゾンがこの車両を「遅くとも2030年までには」路上で走らせることを期待していると述べた。

リビアンはコメントを控えている。

急成長中の市場に興味を持っている配送業者は、アマゾンだけではない。

フェデックスは、2040年までにカーボンニュートラルを実現するという目標に向けて、今後8年間で数万台の電気バンを購入する準備を進めている。同社は、2025年までに購入するバンの半分を、2030年までには100%をバッテリー駆動車にしたいと考えている。最終的には、25万台の中小型電気バンの導入を目指している。

フェデックスの米国事業のCEOであるリチャード・スミスは、今月開催された技術展示会「CES」のビデオスピーチで、「集配車の電動化は非常に重要であり、サービスと財務の観点からも理にかなっている」と述べた。「私たちは2040年までに多くの商用車を追加する必要があるが、もちろんインフラの整備は進んでいる」と述べている。

フェデックスは、アマゾンと同様、移行の初期段階にある。フェデックスは最近、バッテリー駆動のバンを開発しているゼネラルモーターズの一部門であるBrightDropの電気トラック5台を納入した。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン