ドイツはロシアのガスと決別できるのか? - ポール・クルーグマン

ドイツがロシアの天然ガスを断ち切るコストは深刻で、ドイツの実質所得は2%程度低下し、緩やかな景気後退に相当する可能性がある。しかし、それは世界の終わりを意味するものではない。

ドイツはロシアのガスと決別できるのか? - ポール・クルーグマン
2011年、イタリアのパイプレイ船「Castoro Sei」で、天然ガスパイプライン「ノルドストリーム」を構成する20万本のパイプのうち2本を溶接しているところ。 licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license.

ドイツは世界有数の貿易大国である。2019年には、世界中から1.2兆ドル相当の商品を輸入している。そのうち2%程度がロシアからの輸入に過ぎない。実際、およそ1億4,400万人のロシア連邦は、ドイツの貿易において、およそ500万人のアイルランドよりもわずかに重要な存在であった。普通に考えれば、ロシアとの経済関係が途絶えても、ドイツ経済に大きな影響を与えることはないだろう。

しかし、残念ながら、ロシアはドイツにとって代替が困難な天然ガスの主要供給国である。ドイツの天然ガス消費量のほぼ全量がパイプラインで輸入されており、その約55%がロシアから供給されている。

レーガン政権時代から、歴代のアメリカ政権は、ドイツが専制的な政権に依存しないようにと警告してきた(私も1982〜83年の短い在任期間中に、そのような議論に立ち会ったことがある)。しかし、我々はここにいる。民主主義諸国はプーチン政権にさまざまな経済制裁を課しているが、ロシアのガス販売規制はそのリストにないのが目立つ。

しかし、ロシアの残虐行為、そして正直なところ、期待された電撃戦が20日目を迎え、明らかに膠着状態にあるロシアの自慢の軍隊の驚くべき無能さは、西側の対応の政治的計算を急速に変化させている。3週間前には、ドイツの政治家がプーチンの攻撃に対して有権者に大きな痛みを押し付けることは考えられないと思われていた。今、ドイツがロシアのガスから離脱できるかどうか、どの程度まで離脱できるかについて、真剣な議論が行われている。

ガスの消費量を少し減らすことは、難しいことではないはずだ。ガスが安価であったからこそ、優先順位の低い燃焼が行われており、適度な価格上昇と適度な規制で容易に抑制できる。しかし、大幅な削減は別の問題である。

このように考えてみよう。ドイツの経済学者グループによる新しい重要な研究(著者は9人なので、ここではバッハマンらと呼ぶことにする)は、ロシアからのガス輸入をなくすには、ガス消費を約900テラワット時(TWh)から約600TWhへと約30%削減する必要があると推定している。なぜ、ドイツのガスに占めるロシアの割合である55%ではないのか。なぜなら、ドイツはおそらく他の供給源からいくらか多くのガスを得ることができ、石炭と原子力にもっと依存することで発電に使うガスの使用を制限することができるからである(石炭は気候変動による破滅から救うために段階的に削減しなければならないが、戦争の最中は頼らないといけない。聖アウグスティヌスの「私を貞淑にしてください、でもまだそうしなくていいです」という原則である)。

しかし、消費量を30%減らすといっても、短期間で達成するのは困難である。900TWhから800TWhへの消費削減はそれほどコストがかからないかもしれないが、700TWhから600TWhへの削減はかなり骨が折れるだろう。

ドイツのエコノミストたちは、代替弾力性という経済学の重要な概念に着目している。この弾力性が低ければ、いったん大幅に削減されたガスの消費量に対してドイツ人が喜んで支払う額は大きくなり、さらなる削減の経済的コストも大きくなることを意味する。

残念ながら、経験則に基づく推定では、天然ガスの代替弾力性は、少なくとも短期的には低いことが示唆されている。ゼロではない。ガス価格が高ければ、家庭はサーモスタットの温度を下げ、消費者は天然ガスを大量に消費する商品を買わなくなる、といった具合である。ということは、天然ガスの価格を600%上昇させなければ、需要を30%削減できないことになる。

バッハマンらは意図的に0.1というさらに悲観的な弾力性の推定値を用いている。

しかし、このような悲観的な仮定を置いたとしても、ドイツは、現在、ロシアからの輸入にほとんど支出していないため、実際には、ロシアの天然ガスなしでもやっていけることがわかった。そのコストは深刻で、ドイツの実質所得は2%程度低下し、緩やかな景気後退に相当する可能性がある。しかし、それは世界の終わりを意味するものではない。

このような思い切った行動は、1ヶ月前には考えられなかったことである。しかし、プーチンは、世界の民主主義国家に自分たちの立場を思い知らせるという、驚くべきことを成し遂げようとしているように見える。彼はすでに軍事大国としてのロシアの評判を落としており、今は経済大国としてのロシアも縮小している最中である。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)