雇用主の慣行が労働者の選択肢と賃金上昇を制限 - ホワイトハウス調査
2021年11月14日、ワシントンの財務省。財務省の報告書によると、多くの雇用主が労働市場でほとんど競争に直面していないことがわかった。(Stefani Reynolds/The New York Times)

雇用主の慣行が労働者の選択肢と賃金上昇を制限 - ホワイトハウス調査

バイデン政権が発表した新しい報告書では、労働者はまだ不利な状況にあり、雇用主から別の雇用主に移る能力が低下し、賃金の上昇に支障をきたしていると論じている。

ニューヨーク・タイムズ

【著者:Eduardo Porter】最近、労働市場が逼迫しているため、労働者が優位性を確保していると言われる。しかし、バイデン政権が発表した新しい報告書では、労働者はまだ不利な状況にあり、雇用主から別の雇用主に移る能力が低下し、賃金の上昇に支障をきたしていると論じている。

財務省が7日に発表したこの報告書では、雇用主はしばしば労働者の獲得競争にほとんど直面せず、その結果、労働者の賃金を他の場合よりも大幅に低くすることが可能であると論じている。

この報告書を作成した経済政策局のベン・ハリス財務次官補は「競争的な労働市場という考え方は虚構であるという認識がある」と述べた。「これは経済学の大転換だ」。

この報告書は、バイデン大統領が昨年夏、労働市場への過度な集中に対処するよう指示する大統領令を出した際の約束を踏襲している。

この報告書では、最近の経済調査をもとに、雇用市場における競争の欠如が、労働者の収入を平均して15%から25%も損なわせていると結論づけている。そして、雇用市場の競争力を回復させるために、政権が自由に使える手段を展開することを強調している。

国家経済会議で技術・競争政策を担当する大統領特別補佐官のティム・ウーは、インタビューの中で報告書の内容を説明し、「これは、労働市場における独占禁止法の執行について、政権がどこにいるかを宣言しているのだ」と述べた。「反トラスト法の施行と政策の方向性について、強いシグナルを送っている」

バラク・オバマ大統領の経済諮問委員会のメンバーであるミシガン大学のベッツィー・スティーブンソン教授は、経済全体において、賃金上昇は一般的に労働者が転職するか、現在の雇用主に賃上げを促すような信頼できる申し出が外部からあった場合に起こると主張している。

「企業はこのことを十分承知しているので、単純な解決策に群がるのです」と彼女は言う。「競争するのをやめれば、みんなにとっていいことがあるはずだ」。

財務省の報告書は、雇用主がこのようなことを行うための多くの方法を示している。労働者が競合他社に移ることを禁じる競業避止義務契約や、賃金や労働条件に関する情報(労働者が選択肢を理解するために重要な情報)を共有しないようにする秘密保持契約などがある。企業によっては、密告禁止契約を結んでいるところもある。

「労働者の手から権力を奪い、使用者の利益のためにそれを奪おうとする陰湿な努力が長く続いている」と労働・経済担当大統領副補佐官のセス・ハリスは言う。

これは、多くの労働者、特に雇用市場の底辺にいる労働者の選択肢を狭めている広範な経済変化を背景として起こっている。

請負業者への仕事のアウトソーシングは、清掃、給食、警備を行う企業ではなく、巨大な専門企業に雇われた清掃員、カフェテリアの従業員、警備員を考えてみると、低賃金労働者の選択肢を減らしている、と報告書は主張している。

また、病院、老人ホーム、食品加工会社などの合併・買収によって、労働者の競争力が低下し、より良い仕事を求める力が削がれている、と報告書は指摘している。

例えば、合併によって、米国内の病院数は1975年の7,156から2021年には6,093に減少したと報告されている。こうした合併が、看護師や薬局の従業員など医療従事者の賃金上昇率を押し下げたという調査結果も引用している。

財務省の文書は、デイビッド・カードとアラン・クルーガーによる代表的な論文で、最低賃金の引き上げは必ずしも雇用を減らさず、むしろ雇用を増やす可能性があるとした1990年代以降の研究成果から引用されたものである。

カードとクルーガーによるこの結論は、労働コストの上昇によって雇用者の需要が減少するような競争的な労働市場ではあり得ないと経済学者が考えたもので、雇用者がどの程度労働者を獲得しようと競争しているかを調査する道を歩み始めたものである。もし少数の雇用者が賃金を競争均衡より低く抑える力を持っていれば、賃金の底上げによってより多くの労働者を呼び込むことができるかもしれないのである。

バイデン政権は、競争の欠如が、なぜ米国の労働者の大部分が、インフレを考慮しても、半世紀前よりほとんど賃金が上がっていないのかを説明するのに大いに役立つと主張している。「労働者の賃金が以前より低くなっているという事実は、長年の問題である」と、財務省の報告書には関与していないスティーブンソンは指摘した。

競争相手が少なくなると、反競争的行為が盛んになる。もし労働者が多くの潜在的雇用主を持っていれば、非競争条項に署名することに同意するかもしれないが、その代償として賃上げを要求することができるだろう。

労働市場の競争力が以前より低下しているという決定的な証拠がないとしても、研究者たちは、実際にはほとんど競争がない、と結論付けている、と報告書は述べている。

さらに、コロンビア大学のスレーシュ・ナイドゥ教授(経済学)は、最低賃金や労働組合など、使用者が市場支配力を十分に発揮することを制限する制度は、時代とともに大幅に弱体化したと論じている。「以前は存在したチェック機能が落ちてしまったのです」とナイドゥは言う。

労働市場の大部分において、組合は事実上存在しない。民間企業で労働組合に所属している労働者は、わずか6%である。連邦最低賃金は1時間7.25ドルで、多くの低賃金労働者にとってさえ、ほとんど意味がないほど低い。

財務省の報告書では、競争力のない労働市場が、国民の所得のうち労働者に渡る割合を減らし、資本家に入る割合を増やしている、と論じている。さらに、労働者を獲得するための競争にほとんど直面していない雇用主は、ほとんど手当を提供せず、予測不可能なジャストインタイム・スケジュール、押し付けがましい職務監視、不十分な安全、休憩なしといった悲惨な労働条件を課す傾向が強いと主張している。

この報告書によれば、競争力のない労働市場は雇用全体を減少させるため、被害はより深刻である。また、労働者が自分の技能により適した新しい仕事に移ることが困難な場合、生産性も低下する。また、競業避止義務は、起業家がベンチャー企業のために労働者を見つける能力を制限するため、事業形成の妨げになる。

この報告書が指摘するような問題に対処するのは、困難な作業である可能性が高い。連邦最低賃金を15ドルに引き上げるという政権の動きは、失敗に終わっている。議会では、労働者が組合に加入するのを容易にするための法案が長らく難航している。競業避止義務、密漁禁止、その他の反競争的行為を取り締まることは、より簡単な仕事だろう。

昨年、司法省の反トラスト局は、非競争協定や賃金設定協定に異議を申し立てる裁判をいくつか起こした。1月には、メイン州の在宅医療機関の経営者4人が、パンデミック時に必要不可欠な労働者の賃金を抑制し、雇用の流動性を制限することを共謀したとして、連邦政府の罪で起訴された。

しかし、反トラスト法違反の取締りを求人市場に導入することは、いささか新しい試みである。これまでは、製品やサービス市場において消費者の価格を引き上げる反競争的な行動を阻止するために使われることがほとんどだった。例えば、賃金への影響を理由に合併を阻止するよう裁判所を説得することは、より困難かもしれない。

例えば、法律事務所White & Caseのノートでは、ペンギン・ランダムハウスがサイモン&シャスターを買収しようとした際に、著者への印税が減るという理由で阻止しようとした動きは、「バイデン政権と新しいポピュリストが、反トラストの目的を消費者福祉の価格効果から、他の社会害に向けようとしたことを象徴している」と訴えている。

Original Article: Employer Practices Limit Workers’ Choices and Wages, U.S. Study Argues. © 2022 The New York Times Company.