Tagged

Labor Economics

労働経済学とは、労働市場の働きを経済学の視点から研究する学問である。 労働に関わる諸問題を解明し、人々の幸福を高めることが目的である

シアトル市のライドシェアドライバーの報酬は最賃以下
Gig Economy

シアトル市のライドシェアドライバーの報酬は最賃以下

カルフォルニア大学バークリー校のジェームズ・パロット教授とマイケル・ライヒ教授(ともに経済学)にシアトルにおける配車ドライバーの賃金を、シアトル市の依頼を受けて調査した。パロットらは、シアトルの配車企業で働くドライバーの賃金は、最賃を大きく下回り、自ら自動車などの設備投資費を負ったがために転職が難しい事実上の従業員であると指摘。シアトル市にドライバーの最低報酬基準を提案した。

どのくらいの雇用がロボットに置き換えられたか?
Labor Economics

どのくらいの雇用がロボットに置き換えられたか?

ロボットは完全に人の仕事を奪っていないが、その減少に寄与している。MITの経済学者の研究では、1990年から2007年までの間に、1,000人の労働者に1台のロボットを追加することで、全米の雇用率は約0.2%低下。一部の地域では他の地域よりもはるかに大きな影響を受けた。ロボットの追加で賃金の低下も認められる。

AIを裏で支える"ゴーストワーカー"は非正規雇用の使い捨て
AI Ethics

AIを裏で支える"ゴーストワーカー"は非正規雇用の使い捨て

「ゴーストワーク」とは、人類学者が生み出した、テクノロジープラットフォームを動かす目に見えない労働を指す用語です。インターネットを介して従事できるタスクベースのコンテンツ駆動型の仕事です。このような、いつ雇用契約を切られるかわからない非正規の使い捨て労働者がテクノロジー業界の裏側を支えているのです。

ブルシットジョブ:現代の封建主義が生み出す無意味な労働
Society

ブルシットジョブ:現代の封建主義が生み出す無意味な労働

自動化が進展しても仕事がなくならないのは、先進国でブルシットジョブ(どうでもいい仕事)が増えているからだ。この無意味な仕事を生み出すのは、サービス業の多層化した人員構成に寄生する「経営封建主義」という思想のせいである。どうでもいい仕事は人類最大の社会問題である。

ギグエコノミーは基本的には低賃金労働
Digital Economy

ギグエコノミーは基本的には低賃金労働

ギグエコノミーはプラットフォームを介して流動的に仕事を得る、新しい働き方だが、往々にして労働者が弱い立場に置かれる。人間のコモデティ化を進み、非正規の従業員が「雇用主の気まぐれに完全に従属することが求められる」ケースもある。ギグエコノミーの実態を把握することが重要だ。