労働経済学

労働経済学とは、労働市場の働きを経済学の視点から研究する学問である。 労働に関わる諸問題を解明し、人々の幸福を高めることが目的である

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本の労働者はカイシャに昇給を求めるべき - ギアロイド・レイディ

岸田首相は、労働者はより大きな報酬と引き換えにリスクを負い、企業は好景気向けに作られた時代遅れの雇用システムを更新するように、両者を説得することができれば、この危機をチャンスに変えることができるだろう。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

雇用主の慣行が労働者の選択肢と賃金上昇を制限 - ホワイトハウス調査

バイデン政権が発表した新しい報告書では、労働者はまだ不利な状況にあり、雇用主から別の雇用主に移る能力が低下し、賃金の上昇に支障をきたしていると論じている。

吉田拓史
無料会員 公開

「反労働」が米掲示板サイトで大人気

サブレディット「r/antiwork」(アンチワーク、反労働)は、170万人の自称「怠け者」たちが集うコミュニティで、仕事を辞めた体験談を投稿したり、資本主義を揶揄するミームを共有したり、企業の独裁者から威圧的な中間管理職まで、あらゆる種類の「ひどい上司」に仕返しすることに喜びを感じている。

吉田拓史
無料会員 公開

米退職ブームは高賃金職への大移動の兆し?

米国では低賃金労働のセクターにおいて大量の退職が観測されている。一部の専門家は、これがより高い賃金を提供するセクターに労働者が移動していることの証拠であると主張している。

吉田拓史
無料会員 公開

自動化が強いる職業移転は、コロナ禍で促進された

先週末に発表されたCOVID-19後の労働力についての報告書の中で、マッキンゼーは、2030年までに4500万人の米国の労働者が自動化によって居場所を失うと予測しているが、これはパンデミックの前に予測されていた3700万人から増加している。

吉田拓史
無料会員 公開

シアトル市のライドシェアドライバーの報酬は最賃以下

カルフォルニア大学バークリー校のジェームズ・パロット教授とマイケル・ライヒ教授(ともに経済学)にシアトルにおける配車ドライバーの賃金を、シアトル市の依頼を受けて調査した。パロットらは、シアトルの配車企業で働くドライバーの賃金は、最賃を大きく下回り、自ら自動車などの設備投資費を負ったがために転職が難しい事実上の従業員であると指摘。シアトル市にドライバーの最低報酬基準を提案した。

吉田拓史
無料会員 公開

ギグワーカーとは 捕捉されない単発請負人

ギグワークは、伝統的な長期的な雇用主と雇用主の関係の外で収入を得る活動で構成されている。米国の労働者の20〜30%はギグワーカーとして労働した経験があるが、その実態の公的な記録が残っていないため、労働者の権利保護などに課題がある。

吉田拓史
無料会員 公開

どのくらいの雇用がロボットに置き換えられたか?

ロボットは完全に人の仕事を奪っていないが、その減少に寄与している。MITの経済学者の研究では、1990年から2007年までの間に、1,000人の労働者に1台のロボットを追加することで、全米の雇用率は約0.2%低下。一部の地域では他の地域よりもはるかに大きな影響を受けた。ロボットの追加で賃金の低下も認められる。

吉田拓史
無料会員 公開

ラッダイト運動の再来?彼らはコンピュータを破壊しかねない

機械による労働の自動化はラッダイト運動の時代に人々の職を奪い、戦後の福祉資本主義の時代に、人々の所得を増やすこと貢献したが、21世紀に入り、またもやラッダイトの時代に逆戻りしてしまった。

吉田拓史
無料会員 公開

労働意欲の悲劇 ビデオゲームのせいで20代男性の働く気が減退?

ビデオゲームテクノロジーの改善は、若年の労働年齢の男性の労働意欲を減退させています。20代男性は、実際の世界で煩わされるよりも、デジタルの世界でレベルアップすることに関心があります。

吉田拓史
無料会員 公開

人類、労働やめるってよ もしかしたら資本主義もね

人類の大多数にとって労働は報われないものに変わり、仕事の質はますます劣化する。コンピュータ技術の影響による生産性の途方も無い上昇の中で、労働は消失する。「高次の幸福」を創造するときが来た。

吉田拓史
無料会員 公開

ミレニアル社会主義のブームとその背景

米国の若年層は、社会主義的傾向を強めています。彼らは、教育ローンと低賃金に苦しんでおり、長期に渡り拡大していく経済格差に怒っているのかもしれません。