キャシー・ウッドのアーク、急落したシーの株を購入
キャシー・ウッド. Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

キャシー・ウッドのアーク、急落したシーの株を購入

【ブルームバーグ】キャシー・ウッドは、インドが同社の製品の1つを禁止した後、シー(Sea Ltd.)の記録的な不振に乗じて、ゲーム会社の株式を買い増した。

吉田拓史

【ブルームバーグ】キャシー・ウッドは、インドが同社の製品の1つを禁止した後、シー(Sea Ltd.)の記録的な不振に乗じて、ゲーム会社の株式を買い増した。

ブルームバーグがまとめた同社の日次取引アップデートによると、ウッドのテーマ別投資会社アークインベストメントマネジメントは14日に145,000株以上のシー株を購入し、「Ark Next Generation Internet ETF」がその大部分を購入した。インドが同社の主力ゲーム「Free Fire」を禁止したことで、シーはニューヨークで18%下落して引け、同社株の暴落は10月19日のピーク時から65%に拡大した。

シーの株価は、成長の見通しが不透明なために暴落
シーの株価は、成長の見通しが不透明なために暴落

アナリストたちは、シーの株式を圧迫している要因として、ゲーム収入やユーザー数の伸びの鈍化、eコマース事業への圧力を挙げている。インドでは、セキュリティ上の懸念から、シーのFree Fireを含む54のアプリを禁止する動きがあり、これが逆風となっている。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ネイサン・ナイドゥは、「ゲームだけでなく、eコマースも禁止されたことで、シーの見通しが少し暗くなったのは確かだ」と述べている。

アークは今年に入ってからシー株を積み上げており、今月に入ってから購入頻度が高まった。ブルームバーグが集計したデータによると、アークのETFは2月にほぼ毎日シー株を購入している。

中国生まれでシンガポール国籍を取得した創業者がシンガポールで設立したシーは、筆頭株主であるテンセントの初期の支援を受けて、ゲームと電子商取引の事業を世界的に拡大してきた。

アークの日々の取引状況は、経営陣による積極的な意思決定のみを示しており、投資家の流れによる創造や償還の動きは含まれていない。ウッドは、ARKは少なくとも5年の時間軸を持って投資を行っており、選択した株式のボラティリティーは予想される、とよく言っている。

ARKの旗艦ファンドは、2020年に150%近く上昇した後、昨年は苦戦している。これは、投資家が割高なハイテク株を捨て、景気回復の大きな恩恵を受けると予想されるシクリカル企業に乗り換えたためだ。

Ishika Mookerjee, Abhishek Vishnoi. Cathie Wood’s Ark Bought Sea Shares as Gaming Firm Plunged. © 2022 Bloomberg L.P.