米CDC、布製マスクは不織布に比べコロナ感染を効果的に防げないと認める
Photo by engin akyurt on Unsplash

米CDC、布製マスクは不織布に比べコロナ感染を効果的に防げないと認める

米国疾病予防管理センター(CDC)は14日、各種マスクに対する姿勢を明らかにし、アメリカ人が頻繁に着用している布製のマスクは、不織布マスクや呼吸器ほどの保護効果はないと認めました。

編集部

米国疾病予防管理センター(CDC)は14日、各種マスクに対する姿勢を明らかにし、アメリカ人が頻繁に着用している布製のマスクは、不織布マスクや呼吸器ほどの保護効果はないと認めました。専門家の中には、布製のマスクでは変形性肺炎を防ぐのに不十分であるとし、一般市民に呼吸器を推奨するようCDCに求めてきました。

米政府は一般市民にも呼吸器を推奨しています。 以前の勧告では、「物資が入手可能な場合には、マスクの代わりに使い捨てのN95呼吸器を使用してもよい」とされていました。

当時、ワシントンD.C.と世界保健機関(WHO)は、病気で咳をしていない限り、一般市民がマスクを着用する必要はないと繰り返し述べていました。 評論家は、この提言はアメリカ人を守るための最善策ではなく、N95呼吸器の不足を理由にしたものだと主張しました。 CDCはアメリカ人に対し、「体にフィットし、継続して着用できる最も保護効果の高いマスクを着用してください」と呼びかけてきました。