BYDとDidi、世界初の配車専用の電気自動車を開発

中国の配車会社Didi Chuxingと、電気自動車メーカー大手のBYDは17日、配車専用のワゴン「D1」を発表した。D1の航続距離は、NEDC(New European Driving Cycle)で判定された418kmになるとのこと。

BYDとDidi、世界初の配車専用の電気自動車を開発

中国の配車会社Didi Chuxingと、電気自動車メーカー大手のBYDは17日、配車専用のワゴン「D1」を発表した。D1の航続距離は、NEDC(New European Driving Cycle)で判定された418kmになるとのこと。

発表によると、スライドドアを採用し、ライダーが誤って同乗者やサイクリストにぶつかることを防止。運転席は長時間の使用でも快適に過ごせるように設計され、後部座席には足元のスペースも確保されている。塗装は、Didiのシェアバイクに似た「アボカドグリーン」とのことだ。

D1には、車線逸脱警報、自動ブレーキ、歩行者衝突警報などを含むレベル2の運転支援システムが搭載される。また、ドライバーがハンドルから手を離さず、道路に集中して走行できるようにするためのドライバーモニタリングシステムも搭載される。

米国の自動車ジャーナリストGreg Kableによると、5人乗り D1 は、136bhp (100kW)の電気モーターとリチウムイオン電池を搭載し、BYDの重慶工場で生産するとしている。

両社は2年前に車両設計プロジェクトで協業を開始した。Didiは世界最大級の配車事業者で、年間100億回の旅行を提供していると主張している。BYDは中国の大手EVメーカー/電池メーカーの1つである。

Didiは、5億5000万人の登録乗客と3100万人のドライバーから集めたデータをもとにD1を設計したという。「今日では1日6000万回もの旅行を提供しているドライバーのネットワークに信頼性とコスト効率の高い供給を確保するために、ディディ中国は、メーカー、エネルギープロバイダー、およびバリューチェーンの他の業界プレーヤーとの広範な提携を確立することで、同社のコアモビリティサービスのためのより深い自動車エコシステムを構築してきた」と同社は声明の中で述べている。

自動車メーカーは何十年も前から、商業タクシーサービスのために車を設計してきた。ロンドンの象徴的なブラックキャブは、ロンドン・タクシー・カンパニーと呼ばれる会社によって設計・製造されている。その会社は2015年に中国の吉利に買収され、現在は電気自動車を作っている。

UberとLyftはともに、アプリで利用できるEVの台数を増やすと約束をしている。Didiは現在、プラットフォーム上に「約100万台」の電気自動車を保有しているという。

Read more

米国のEV革命は失速?[英エコノミスト]

米国のEV革命は失速?[英エコノミスト]

米国人は自動車が大好きだ。バッテリーで走らない限りは。ピュー・リサーチ・センターが7月に発表した世論調査によると、電気自動車(EV)の購入を検討する米国人は5分の2以下だった。充電網が絶えず拡大し、選べるEVの車種がますます増えているにもかかわらず、このシェアは前年をわずかに下回っている。 この言葉は、相対的な無策に裏打ちされている。2023年第3四半期には、バッテリー電気自動車(BEV)は全自動車販売台数の8%を占めていた。今年これまでに米国で販売されたEV(ハイブリッド車を除く)は100万台に満たず、自動車大国でない欧州の半分強である(図表参照)。中国のドライバーはその4倍近くを購入している。

By エコノミスト(英国)
労働者の黄金時代:雇用はどう変化しているか[英エコノミスト]

労働者の黄金時代:雇用はどう変化しているか[英エコノミスト]

2010年代半ばは労働者にとって最悪の時代だったという点では、ほぼ誰もが同意している。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの人類学者であるデイヴィッド・グレーバーは、「ブルシット・ジョブ(どうでもいい仕事)」という言葉を作り、無目的な仕事が蔓延していると主張した。2007年から2009年にかけての世界金融危機からの回復には時間がかかり、豊かな国々で構成されるOECDクラブでは、労働人口の約7%が完全に仕事を失っていた。賃金の伸びは弱く、所得格差はとどまるところを知らない。 状況はどう変わったか。富裕国の世界では今、労働者は黄金時代を迎えている。社会が高齢化するにつれて、労働はより希少になり、より良い報酬が得られるようになっている。政府は大きな支出を行い、経済を活性化させ、賃上げ要求を後押ししている。一方、人工知能(AI)は労働者、特に熟練度の低い労働者の生産性を向上させており、これも賃金上昇につながる可能性がある。例えば、労働力が不足しているところでは、先端技術の利用は賃金を上昇させる可能性が高い。その結果、労働市場の仕組みが一変する。 その理由を理解するために、暗

By エコノミスト(英国)
中国は地球を救うのか、それとも破壊するのか?[英エコノミスト]

中国は地球を救うのか、それとも破壊するのか?[英エコノミスト]

脳腫瘍で余命いくばくもないトゥー・チャンワンは、最後の言葉を残した。その中国の気象学者は、気候が温暖化していることに気づいていた。1961年、彼は共産党の機関紙『人民日報』で、人類の生命を維持するための条件が変化する可能性があると警告した。 しかし彼は、温暖化は太陽活動のサイクルの一部であり、いつかは逆転するだろうと考えていた。トゥーは、化石燃料の燃焼が大気中に炭素を排出し、気候変動を引き起こしているとは考えなかった。彼の論文の数ページ前の『人民日報』のその号には、ニヤリと笑う炭鉱労働者の写真が掲載されていた。中国は欧米に経済的に追いつくため、工業化を急いでいた。 今日、中国は工業大国であり、世界の製造業の4分の1以上を擁する。しかし、その進歩の代償として排出量が増加している。過去30年間、中国はどの国よりも多くの二酸化炭素を大気中に排出してきた(図表1参照)。調査会社のロディウム・グループによれば、中国は毎年世界の温室効果ガスの4分の1以上を排出している。これは、2位の米国の約2倍である(ただし、一人当たりで見ると米国の方がまだひどい)。

By エコノミスト(英国)