中国型eコマースが南米で大ヒット
ShopeeのCMに起用されているジャッキー・チェン。Image via shopee / youtube.

中国型eコマースが南米で大ヒット

新興国型のモバイルインターネットが発達し、国民の多くが低所得者のブラジルでは、中国モデルのeコマースの移植が成功している。

吉田拓史

要点

新興国型のモバイルインターネットが発達し、国民の多くが低所得者のブラジルでは、中国モデルのeコマースの移植が成功している。


Diego Dzodan、Luciano Freitas、Vitor Zaninottoの3人は「従来のeコマースの障壁を排除して、ブラジルやラテンアメリカ全体の低所得者層に手頃な価格の商品へのアクセスを提供する」というミッションを掲げて、2018年にFacilyを設立した。

具体的には、Facilyは、グループ購入によって消費者を最安値に結びつけるゲーミフィケーション型のアプリを通じて、生産者にはより多くの報酬を、商品購入者には「より安く売る」、より包括的なEコマース体験を提供することを目指している。Facilyは、低所得者層がオンラインで買い物をしやすいように、事業を展開する都市にピックアップポイントを設け、銀行振込から現金まで、さまざまな支払い方法を提供し、送料も無料にしているという。

このモデルが興味深いのは、他のラテンアメリカ諸国と同様に、ブラジル人の多くが銀行口座を持たない、あるいは銀行口座を持たないという点だ。そのため、クレジットカードやデビットカードを使わずにオンラインで買い物ができるようになると、これまでオンラインで買い物ができず、同じ商品を実際に購入しても高い費用を支払っていた多くの人々に門戸が開かれることになる。

ブラジルの人口の約85%が低所得者と言われている。低所得者は、世帯収入の平均65%を食費に費やしており、これまで伝統的な電子商取引から実質的に除外されてきた。Facilyはこのようなニーズに応え、ユーザーのほとんどが初めてオンラインで買い物をしている。

Facilyが参考にした中国のPinduoduo(PDD)もまた中国の3級以下の都市や地方の居住者をターゲットとしてアリババやJD.comのリードに食い込んだ。ブラジルの所得分布を比較してPDDの戦略に有効性を見出したのだろう。

Facilyは同社のアプリが現在、ブラジルで最もダウンロードされたトップ3の1つであり、ブラジルで最も急速に成長しているアプリの1つである(App Annie調べ)。

同社は世界的に見ても史上最も急速に成長しているEコマース食品アプリであると主張している。PDDも同様のバイラル性で創業からたった4年で時価総額10兆円を達成している。

同社は、収益については明らかにしていませんが、過去1年間で「指数関数的な月間成長」を遂げたと語っている。この成功の要因は、資産を持たないビジネスモデルと物流ネットワークにあるとしている。

来年の第1四半期の販売額を予測すると、2022年の年間取引額は10億ドルを超える可能性があると米テクノロジーメディアThe Informationは報じている。Facilyは現在ブラジルのみで展開しているが、2022年半ばにメキシコとコロンビアでもアプリを開始する予定だ。

Shopeeも急成長

シンガポールのSea Limitedが展開するShopeeもブラジルで急速にシェアを拡大しているeコマースアプリだ。Shopeeもまた中国で成功した戦略をことごとく詰め込んだスマホアプリであり「東南アジアの淘宝網」と呼ばれることもある。しかも、淘宝網のマーケットプレイスの要素に加えて、PDDのゲーミフィケーションの要素やKuaishou(快手)のライブストリーミング配信、カジュアルゲーム等が詰め込まれている。

App Annieの報告書によると、Sea LimitedのEコマースアプリケーションであるShopeeは、2021年6月26日時点でブラジル、メキシコ、チリ、コロンビアのGoogle Playストアのショッピングカテゴリでダウンロード数トップ5に入っている。さらに、Sensor TowerとGoldman Sachsのデータによると、「Shopee」、南米での2021年のダウンロード数で地場最大のMercado Libreを大きく上回り、EC最大の地位を確保している。

料金の安さが魅力の一つだ。ゴールドマン・サックスの最近の報告書によると、Shopeeは最近料金を値上げしたにもかかわらず、特定の商品についてはブラジルの他の主要なプラットフォームと比較して最も低い手数料を売り手に課している。

一口15万円の投資を受け付け中

1口15万円の投資を常時受け付けます|吉田拓史 株式会社アクシオンテクノロジーズ代表取締役|note
こんにちは、株式会社アクシオンテクノロジーズの代表取締役社長、吉田拓史です。弊社は11月15日をもちまして常時開催型の公募を開始しました。今後は投資家の方々はいつでも弊社に1口15万3,000円で投資できます。 これまで弊社は1口50万円で公募・私募を行ってきましたが、以前からサイズをより細かくしてほしいという要望を頂いていました。 常時開催型の公募のキモは月末〆です。15万3,000円の入札をいただき、それを都度都度、登記する事務コストはあまりにも膨大なため、その月に頂いた入札をすべて月末〆、翌月登記で処理させていただくことで、1口15万円の公募が可能となります。 公募に至るま

クリエイターをサポート

運営者の吉田は2年間無給、現在も月8万円の役員報酬のみ。

BTCアドレス:3EHYZm8hyCRyM1YSrF97dq8a25t5c2wJy9

Betalen Yoshida Takushi met PayPal.Me
Ga naar paypal.me/axionyoshi en voer het bedrag in. En met PayPal weet je zeker dat het gemakkelijk en veiliger is. Heb je geen PayPal-rekening? Geen probleem.
デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。
EC