要点

コロナの感染拡大とともに米国の社会が不安定化する中、犯罪をユーザーが報告し、他の利用者に動画やアラートを提供することを可能にするアプリ「Citizen」がユーザー数を増やしている。監視社会や人種差別の温床になる可能性を宿したサービスの台頭は米国社会の歪みを物語っている。

ジョージフロイドの死とコロナが追い風

シチズン(Citizen)を開いて最初に目にするのは地図です。このアプリは常にダークモードで動作し、ニューヨーク、サンフランシスコ、ボルチモア、ロサンゼルスなど、現在アプリが利用可能な19の都市の黒いグリッドが画面全体に広がっています。ピンチやズームをすると、地図上にドットが表示されます。

それぞれの点は、火災、暴行、2つのトライデントを振り回す男など、地域の危機を示しています。これらの情報はすべて、市の緊急スキャナーから収集され、シチズンの従業員によってフィルタリングされ、事件を編集して地図上に配置されます。

アプリの常時位置認識は必需品。事件があなたの近所にある場合、アプリは潜在的な危険性についてプッシュ通知を送信します。シチズンはあなたが本当に近くにいると判断した場合, ボタンは何が起こっているかをライブストリームできるように表示されます。

ほとんどの市民のユーザーはアンソニーのようなものではありません。彼らは何百ものビデオを撮影したり、週末に母親と一緒に火事や交通事故を追いかけたりしません。街を歩いている時の安全を心配しているのかもしれません。抗議の場所を知りたいのかもしれない コメントで悪口を言いたいのかもしれない。

理由が何であれ、シチズンはすでに何百万人ものユーザーに訴えています。過去2ヶ月で何十万人もがアカウントを作成しています。アプリの開発者は、透明性のためのツールと考えています。中立的でシンプルなメッセンジャーで、都市の住人がアクセスできるようにしています。しかし、シチズンの野望はそれだけではありません。

ジョージ・フロイドの死をきっかけに、警察の横暴に反対する世界的な抗議行動が始まって以来、デモを監視し、それをコントロールしようとする法執行機関の動きを予測する方法を探している人々の間で、シチズンのユーザー数は急増しています。5月には、シチズンは、ユーザーが新型コロナの拡散を追跡するために選択することを可能にする、接触追跡機能をサービスに追加しました。

シチズンは、この社会の激変の瞬間を捉えています。このアプリは安全とコミュニティの感覚を約束してくれます。この国が法の執行に過度に依存していることや、そもそもコミュニティを安全に保つことが何を意味するのかを再考する中で、シチズンの売り文句は特に魅力的です。

シチズンは中立でありたいと思っているかもしれませんが、そう簡単ではありません。特に、世界が火の海になっている時に安全という根本的な問題を解決したいと思っている時には、そう簡単にはいかないのです。アプリに批判的な人々は、アプリが国のより大きな社会問題を増幅させる方法を長い間指摘してきました。アプリのコメント欄は、人種差別や憎悪の流れに発展する傾向があります。ユーザーからは、アプリが不安パラノイアを煽ることについて不満の声が上がっています。シチズンはまた、人種プロファイリング差別的な監視を可能にする可能性についての非常に現実的な懸念に直面しています。

警察官がミネアポリスの暴動でジョージ・フロイドのデモ隊に向かって警備. Photo by munshots on Unsplash

お互いに監視し合う世界

シチズンはしばしば他のサービスとグループ化され、安全性の向上を売りにしています。簡単な例としては、人種差別と悪用の歴史を持つソーシャルプラットフォームであるNextdoorや、法執行機関との癒着しすぎのために批判されてきたAmazonのRingなどが挙げられます。これらの比較はFrameを苛立たせます。

彼の言うことも一理あります。シチズンは、他にはないサービスを提供しています。確かに、Ringは犯罪のビデオクリップを撮影できますが、カメラは敷地内の境界線の先までは見えません。Nextdoorは、人々が安全面での懸念について口論するためのフォーラムを提供しているが、同じように一つの地域に限定されています。シチズンだけが、リアルタイムでローカルとハイパーローカルの両方のレベルで犯罪や大惨事を警告し、コメントしたり、情報を共有したりすることができます。これは、「男性が刺された」「40 代の若者が喧嘩をした」 という報告があるたびに、あなたにその事件への関わりを勧めてくるのです。

アプリは2016年10月、スマホのカメラを振り回して暴行を止めるために集まってくる傍観者の小軍団を描いた動画で世間に紹介された「Vigilante」という製品として成功しました。このマーケティングキャンペーンは、人々が危険な状況に身を置き、無制限に正義を振りかざそうとすることを示唆しているとして、すぐに法執行機関から非難されました。それはまた、メディアによって非難され、その到着から48時間以内にApp Storeから排除されました。5ヶ月後、傷を舐め、魂を探り、会社はシチズンとしてリブランドされました。スマートフォンを持っている一般ユーザーが近隣の緊急事態について情報を得たり、報告したりするためのプラットフォームであることに変わりはありませんでしたが、より慎重なマーケティングとあまり積極的ではない名前を付けたとはいえ、サービスはほとんど変わりませんでした。

シチズンは、プラットフォームの欠陥を指摘する批評家として、そのサービスを微調整し続けてきました。コメントセクションをレビューし、攻撃的な投稿を排除するために、専任のコンテンツ修正チームを設立しました。デザイナーはアプリのビジュアルを再構成し、警告の驚くべき量を軽減し、エリアが安全であることをユーザーに示す視覚的なフィードバックを提供しました。シチズンは、不審者の報告、家庭内紛争、自殺などの事件について明確なガイドラインを設定しました。

これらは完璧な解決策とは程遠いもので、ユーザーからの投稿を許可するサービスは、混乱と分裂を招くことになります。ただし、ソーシャル・プラットフォームがそのような活動を無視しているのと比較すると、シチズンだけを悪者にすることができない。

コロナ禍のさなかに資金調達

パンデミックで社会が孤立化を余儀なくされる前に、シチズンは急速に拡大した。3月には、VC企業のグッドウォーター・キャピタルがシチズンに2000万ドルを注入した。これにより、シチズンはロールアウトのスケジュールを加速させることができた。2020年の初期には、シチズンは約1週間ごとに新しい都市をプラットフォームに追加した。

検疫が始まると、シチズンの従業員は、マンハッタンのダウンタウンにあるシチズンのオフィスを埋め尽くしていたアップリフトのスタンディングデスクや曲面のコンピューターモニターから離れて、自宅で仕事をすることに適応しなければなりませんでした。チームはすぐに製品を適応させ、コビド19の統計情報の定期的な更新や都市特有のシェルターインプレイス規制などの新機能をアプリに追加しました。ジョージ・フロイドの警察による殺害事件をきっかけに、アメリカ黒人に対する警察の横暴に抗議する全国的なデモが始まると、多くの新規ユーザーが騒動を監視する方法としてアプリをダウンロードしました。

同社は、ビュー、クリック、滞在時間を成功を測るための貴重な指標とは考えていないという。シチズンがユーザーデータを販売したり、ユーザーに広告を提供したりすることはないという。しかし、同社の計画はアプリのエンゲージメントに依存しないかもしれませんが、ユーザーベースの膨大な量に依存します。同社は具体的な内容を発表していませんが、計画の一般的な推論は明確です。階層化されたエクスペリエンスを作成することができるように十分なユーザーを取得し、プレミアム機能のためのサブスクリプションを販売する可能性があるでしょう。

Image courtesy of Citizen