Facebookは無料のクラウドゲームサービスを発表した。このサービスは、Facebook Gamingの一部であり、現在、限られた人々のみを対象としたベータテスト中だ。メッセージングサービスやニュースフィードを介して人々がプレイできるインスタントゲームに加えて、Facebookがゲームビジネスに深く関与することになる。

今回のクラウドゲームサービスは、わずか5つのゲームを配信するに留まる。サービスは、Androidのモバイルネイティブゲームからスタートする。今週提供されるゲームのタイトルは、『Asphalt 9: Legends』、『Adventure』、『PGA TOUR Golf Shootout』、『Solitaire: Arthur’s Tale』、『Arthur's Tale』、『WWE SuperCard』。今後数週間でRed Bull社の「Dirt Bike Unchained」を追加し、新しい体験をテストし、ゲームの数、種類、ジャンルでライブラリを拡大していく、とFacebookは説明している。

発表によると、2021年にはアクションゲームやアドベンチャーゲームが追加される予定です。ゲームは、ゲームフォーマットと開発者の選択に応じて、アプリ内課金と広告を有効にして発売される。Facebook上のクラウドゲームへのアクセスは米国で展開され、最初はカリフォルニア州、テキサス州、北東部および中西部のマサチューセッツ州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州、ロードアイランド州、デラウェア州、ペンシルバニア州、メリーランド州、ワシントンD.C.、バージニア州、ウェストバージニア州などの州で利用可能になる。クラウドゲームを全米に展開するために必要なインフラを拡張しながら、今後数ヶ月のうちに地域アクセスを拡大していく予定だ。

サービスのユーザー数はすでに20万人に達している。プラットフォーム上の月間アクティブユーザー27億人のうち、7億人以上のFacebookユーザーがゲームをプレイしている。HTML5ウェブをベースにしたFacebookのインスタントゲームは、現在約3億5000万人のプレイヤーにリーチしている。

このサービスは昨年、Facebookがマドリードに拠点を置くクラウドゲーミングの新興企業PlayGigaを7800万ドルで買収した際に始まった取引を起点にしている。PlayGigaは2013年に創業し、IntelのVisual Cloudをベースにしたゲーム・アズ・ア・サービス・プラットフォームを開発していた。Facebookはこのクラウドゲームに約1年半前から取り組んできたことになる。

Facebookでは初めて、プレイヤー名とゲームをテーマにしたアバターを導入し、フルネームやプロフィール写真の代わりにゲーム内でプレイヤー自身を表現できるようにした。プレイヤー名はFacebook上で実名の代わりになるものではなく、ゲームをプレイする際に使用される。

プレイヤー名とゲームのアクティビティは、プレイヤーがゲーム中の友人や仲間のプレイヤーとつながることを選択した場合にも、プレイヤーの実名と一緒に表示される。

Facebookは同時にゲーム広告を導入した。Facebook広告が採用するHTML5 プレイアブル広告フォーマットをベースにした「クラウドプレイアブル広告」を開始した。「この新しいフォーマットでは、ゲームのネイティブ コードからインタラクティブなデモをサポートできるようになり、ゲームと広告の境界線が曖昧になる。開発者にとっては、クラウド再生可能な広告の作成にかかる時間や費用が少なくて済むため、より多くのオプションが可能になる」とFacebookのゲーム担当ヴァイスプレジデントのJason Rubinはブログ記事で書いている。

「1つのAPKから複数のクリエイティブを実行することができます。開発者は、異なるレベルやキャラクターなどを入れ替えることで、体験をカスタマイズすることができる。プレイヤーは、貴重なお金、ダウンロード時間、またはストレージスペースをコミットする前に、ゲームのより良い感覚を得ることができる」。

Facebookのゲーム担当ヴァイスプレジデントのJason Rubinは、米国メディアに対する発表の中でAppleの「恣意的な」ポリシーのため、iOSにゲームを持ってくることはできないと主張している。Appleのガイドラインでは、ひとつのゲームは1つのアプリに格納され、それをApp Storeが1つずつ認可する手続きを踏まないといけない。この論理で、GoogleのStadiaやマイクロソフトのXbox Game Passなどを一律で不許可にしていた。

最近はこの条件を緩和するとしたものの、条件は「個別のゲームごとにアプリをApp Storeでダウンロードさせること」「個別のゲームごとにアップデートごとにApp Storeの審査を通すこと」「Sign in with Appleでのサインイン」「アプリ内購入の規則の遵守」などを提示しており、依然として大きな障害となっている。

アプリ内購入に関しては、Epic Gamesがフォートナイトの中でのAppleを通過しない決済手段を実装したことに対し、Appleがストアから削除したが、これをフォートナイトが独占禁止法違反として提訴。訴訟は2021年5月3日から開始される見込みだ。

Image by Facebook