Facebookがクラウドゲームサービスのベータ版を開始

Facebookは無料のクラウドゲームサービスを発表した。このサービスは、Facebook Gamingの一部であり、現在、限られた人々のみを対象としたベータテスト中だ。メッセージングサービスやニュースフィードを介して人々がプレイできるインスタントゲームに加えて、Facebookがゲームビジネスに深く関与することになる。

Facebookがクラウドゲームサービスのベータ版を開始

Facebookは無料のクラウドゲームサービスを発表した。このサービスは、Facebook Gamingの一部であり、現在、限られた人々のみを対象としたベータテスト中だ。メッセージングサービスやニュースフィードを介して人々がプレイできるインスタントゲームに加えて、Facebookがゲームビジネスに深く関与することになる。

今回のクラウドゲームサービスは、わずか5つのゲームを配信するに留まる。サービスは、Androidのモバイルネイティブゲームからスタートする。今週提供されるゲームのタイトルは、『Asphalt 9: Legends』、『Adventure』、『PGA TOUR Golf Shootout』、『Solitaire: Arthur’s Tale』、『Arthur's Tale』、『WWE SuperCard』。今後数週間でRed Bull社の「Dirt Bike Unchained」を追加し、新しい体験をテストし、ゲームの数、種類、ジャンルでライブラリを拡大していく、とFacebookは説明している。

発表によると、2021年にはアクションゲームやアドベンチャーゲームが追加される予定です。ゲームは、ゲームフォーマットと開発者の選択に応じて、アプリ内課金と広告を有効にして発売される。Facebook上のクラウドゲームへのアクセスは米国で展開され、最初はカリフォルニア州、テキサス州、北東部および中西部のマサチューセッツ州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州、ロードアイランド州、デラウェア州、ペンシルバニア州、メリーランド州、ワシントンD.C.、バージニア州、ウェストバージニア州などの州で利用可能になる。クラウドゲームを全米に展開するために必要なインフラを拡張しながら、今後数ヶ月のうちに地域アクセスを拡大していく予定だ。

サービスのユーザー数はすでに20万人に達している。プラットフォーム上の月間アクティブユーザー27億人のうち、7億人以上のFacebookユーザーがゲームをプレイしている。HTML5ウェブをベースにしたFacebookのインスタントゲームは、現在約3億5000万人のプレイヤーにリーチしている。

このサービスは昨年、Facebookがマドリードに拠点を置くクラウドゲーミングの新興企業PlayGigaを7800万ドルで買収した際に始まった取引を起点にしている。PlayGigaは2013年に創業し、IntelのVisual Cloudをベースにしたゲーム・アズ・ア・サービス・プラットフォームを開発していた。Facebookはこのクラウドゲームに約1年半前から取り組んできたことになる。

Facebookでは初めて、プレイヤー名とゲームをテーマにしたアバターを導入し、フルネームやプロフィール写真の代わりにゲーム内でプレイヤー自身を表現できるようにした。プレイヤー名はFacebook上で実名の代わりになるものではなく、ゲームをプレイする際に使用される。

プレイヤー名とゲームのアクティビティは、プレイヤーがゲーム中の友人や仲間のプレイヤーとつながることを選択した場合にも、プレイヤーの実名と一緒に表示される。

Facebookは同時にゲーム広告を導入した。Facebook広告が採用するHTML5 プレイアブル広告フォーマットをベースにした「クラウドプレイアブル広告」を開始した。「この新しいフォーマットでは、ゲームのネイティブ コードからインタラクティブなデモをサポートできるようになり、ゲームと広告の境界線が曖昧になる。開発者にとっては、クラウド再生可能な広告の作成にかかる時間や費用が少なくて済むため、より多くのオプションが可能になる」とFacebookのゲーム担当ヴァイスプレジデントのJason Rubinはブログ記事で書いている。

「1つのAPKから複数のクリエイティブを実行することができます。開発者は、異なるレベルやキャラクターなどを入れ替えることで、体験をカスタマイズすることができる。プレイヤーは、貴重なお金、ダウンロード時間、またはストレージスペースをコミットする前に、ゲームのより良い感覚を得ることができる」。

Facebookのゲーム担当ヴァイスプレジデントのJason Rubinは、米国メディアに対する発表の中でAppleの「恣意的な」ポリシーのため、iOSにゲームを持ってくることはできないと主張している。Appleのガイドラインでは、ひとつのゲームは1つのアプリに格納され、それをApp Storeが1つずつ認可する手続きを踏まないといけない。この論理で、GoogleのStadiaやマイクロソフトのXbox Game Passなどを一律で不許可にしていた。

最近はこの条件を緩和するとしたものの、条件は「個別のゲームごとにアプリをApp Storeでダウンロードさせること」「個別のゲームごとにアップデートごとにApp Storeの審査を通すこと」「Sign in with Appleでのサインイン」「アプリ内購入の規則の遵守」などを提示しており、依然として大きな障害となっている。

アプリ内購入に関しては、Epic Gamesがフォートナイトの中でのAppleを通過しない決済手段を実装したことに対し、Appleがストアから削除したが、これをフォートナイトが独占禁止法違反として提訴。訴訟は2021年5月3日から開始される見込みだ。

Image by Facebook

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)