中国版Clubhouseがローンチから2週間後にストアから削除

香港に上場しているライブストリーミング会社Inkeは、ClubhouseのクローンアプリであるDuihuabaをアプリストアから削除した。「改善の必要性」と説明している。

中国版Clubhouseがローンチから2週間後にストアから削除

香港に上場しているライブストリーミング会社Inkeは、ClubhouseのクローンアプリであるDuihuabaをアプリストアから削除した。「改善の必要性」と説明している。SCMPが報じた

Duihuabaは、シリコンバレーで最もホットなチャットアプリClubhouseが2月9日に中国で禁止された数日後に、最初に流行した。月曜日の夜にAppleのApp Storeと複数のAndroidストアから削除され、ユーザーはこの代替アプリを利用することができなくなった。

「我々は、Duihuabaは技術的にも製品の形態的にもさらに完成させる必要があることに気付いた」とInkeの広報は23日に語った。

Duihuabaは、本家とほぼ同じように見えるユーザーインターフェイスを採用し、Clubhouseのすべての機能を、コピーしたという。多くの中国企業は今「次の大きなもの」に追いつこうとClubhouseの自家製バージョンを作成するために奔走しているが、多くの専門家は、ソーシャル・オーディオ・アプリがオンライン言論に対する厳しい制限を持つ国で、運営できるかどうかについて懐疑的なままだという。

SCMPによると、開発者たちは、中国のテックメディア36krに、わずか4日間でこのアプリを完成させたと語った。彼らが最初にクラブハウスのクローンを作ろうと考えたのは2月3日で、1週間後にはすべての主要なアプリストアで利用できるようになっていた。同社によると、2月20日までに登録ユーザー数は4,000人、アクティブユーザー数は1,000人に達したという。

先週の土曜日、DidiやEle.meの初期の支援で有名なGSR VenturesのAllen Zhu Xiaohuが、テック億万長者のZhou Yahuiと同プラットフォームのパネルディスカッションに参加したことで、Duihuabaの人気は新たな高みに達した。このイベントにより、Duihuabaは中国で最も話題になっているClubhouseの代替サービスの1つになった。

Clubhouseはすぐに中国本土のネチズンが新疆の「再教育キャンプ」や台湾との関係などのセンシティブな話題を議論するための稀有な、フィルタリングされていないプラットフォームとなり、多くの人がこのアプリが中国では短命であると予想していた。

Photo by Erin Kwon on Unsplash

Read more

米国のEV革命は失速?[英エコノミスト]

米国のEV革命は失速?[英エコノミスト]

米国人は自動車が大好きだ。バッテリーで走らない限りは。ピュー・リサーチ・センターが7月に発表した世論調査によると、電気自動車(EV)の購入を検討する米国人は5分の2以下だった。充電網が絶えず拡大し、選べるEVの車種がますます増えているにもかかわらず、このシェアは前年をわずかに下回っている。 この言葉は、相対的な無策に裏打ちされている。2023年第3四半期には、バッテリー電気自動車(BEV)は全自動車販売台数の8%を占めていた。今年これまでに米国で販売されたEV(ハイブリッド車を除く)は100万台に満たず、自動車大国でない欧州の半分強である(図表参照)。中国のドライバーはその4倍近くを購入している。

By エコノミスト(英国)
労働者の黄金時代:雇用はどう変化しているか[英エコノミスト]

労働者の黄金時代:雇用はどう変化しているか[英エコノミスト]

2010年代半ばは労働者にとって最悪の時代だったという点では、ほぼ誰もが同意している。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの人類学者であるデイヴィッド・グレーバーは、「ブルシット・ジョブ(どうでもいい仕事)」という言葉を作り、無目的な仕事が蔓延していると主張した。2007年から2009年にかけての世界金融危機からの回復には時間がかかり、豊かな国々で構成されるOECDクラブでは、労働人口の約7%が完全に仕事を失っていた。賃金の伸びは弱く、所得格差はとどまるところを知らない。 状況はどう変わったか。富裕国の世界では今、労働者は黄金時代を迎えている。社会が高齢化するにつれて、労働はより希少になり、より良い報酬が得られるようになっている。政府は大きな支出を行い、経済を活性化させ、賃上げ要求を後押ししている。一方、人工知能(AI)は労働者、特に熟練度の低い労働者の生産性を向上させており、これも賃金上昇につながる可能性がある。例えば、労働力が不足しているところでは、先端技術の利用は賃金を上昇させる可能性が高い。その結果、労働市場の仕組みが一変する。 その理由を理解するために、暗

By エコノミスト(英国)
中国は地球を救うのか、それとも破壊するのか?[英エコノミスト]

中国は地球を救うのか、それとも破壊するのか?[英エコノミスト]

脳腫瘍で余命いくばくもないトゥー・チャンワンは、最後の言葉を残した。その中国の気象学者は、気候が温暖化していることに気づいていた。1961年、彼は共産党の機関紙『人民日報』で、人類の生命を維持するための条件が変化する可能性があると警告した。 しかし彼は、温暖化は太陽活動のサイクルの一部であり、いつかは逆転するだろうと考えていた。トゥーは、化石燃料の燃焼が大気中に炭素を排出し、気候変動を引き起こしているとは考えなかった。彼の論文の数ページ前の『人民日報』のその号には、ニヤリと笑う炭鉱労働者の写真が掲載されていた。中国は欧米に経済的に追いつくため、工業化を急いでいた。 今日、中国は工業大国であり、世界の製造業の4分の1以上を擁する。しかし、その進歩の代償として排出量が増加している。過去30年間、中国はどの国よりも多くの二酸化炭素を大気中に排出してきた(図表1参照)。調査会社のロディウム・グループによれば、中国は毎年世界の温室効果ガスの4分の1以上を排出している。これは、2位の米国の約2倍である(ただし、一人当たりで見ると米国の方がまだひどい)。

By エコノミスト(英国)