中国版Clubhouseがローンチから2週間後にストアから削除

香港に上場しているライブストリーミング会社Inkeは、ClubhouseのクローンアプリであるDuihuabaをアプリストアから削除した。「改善の必要性」と説明している。

中国版Clubhouseがローンチから2週間後にストアから削除

香港に上場しているライブストリーミング会社Inkeは、ClubhouseのクローンアプリであるDuihuabaをアプリストアから削除した。「改善の必要性」と説明している。SCMPが報じた

Duihuabaは、シリコンバレーで最もホットなチャットアプリClubhouseが2月9日に中国で禁止された数日後に、最初に流行した。月曜日の夜にAppleのApp Storeと複数のAndroidストアから削除され、ユーザーはこの代替アプリを利用することができなくなった。

「我々は、Duihuabaは技術的にも製品の形態的にもさらに完成させる必要があることに気付いた」とInkeの広報は23日に語った。

Duihuabaは、本家とほぼ同じように見えるユーザーインターフェイスを採用し、Clubhouseのすべての機能を、コピーしたという。多くの中国企業は今「次の大きなもの」に追いつこうとClubhouseの自家製バージョンを作成するために奔走しているが、多くの専門家は、ソーシャル・オーディオ・アプリがオンライン言論に対する厳しい制限を持つ国で、運営できるかどうかについて懐疑的なままだという。

SCMPによると、開発者たちは、中国のテックメディア36krに、わずか4日間でこのアプリを完成させたと語った。彼らが最初にクラブハウスのクローンを作ろうと考えたのは2月3日で、1週間後にはすべての主要なアプリストアで利用できるようになっていた。同社によると、2月20日までに登録ユーザー数は4,000人、アクティブユーザー数は1,000人に達したという。

先週の土曜日、DidiやEle.meの初期の支援で有名なGSR VenturesのAllen Zhu Xiaohuが、テック億万長者のZhou Yahuiと同プラットフォームのパネルディスカッションに参加したことで、Duihuabaの人気は新たな高みに達した。このイベントにより、Duihuabaは中国で最も話題になっているClubhouseの代替サービスの1つになった。

Clubhouseはすぐに中国本土のネチズンが新疆の「再教育キャンプ」や台湾との関係などのセンシティブな話題を議論するための稀有な、フィルタリングされていないプラットフォームとなり、多くの人がこのアプリが中国では短命であると予想していた。

Photo by Erin Kwon on Unsplash