ClubhouseがAndroidアプリの開発を開始

Clubhouseは、スタートアップがAndoroid用のアプリのバージョンの開発を開始したことを示す、Androidソフトウェア開発者Mopewa Ogundipeを採用した。

ClubhouseがAndroidアプリの開発を開始

Clubhouseは、スタートアップがAndoroid用のアプリのバージョンの開発を開始したことを示す、Androidソフトウェア開発者Mopewa Ogundipeを採用した。

Ogundipeは、自身のTwitterのバイオで「Gingerbread時代からのAndroid開発者」と表現している。彼女のLinkedInのプロフィールには、2014年以降、Instagram、Khan Academy、MediumでAndroidベースのソフトウェアを開発するさまざまな役割が記載されている。

~some personal news~ (are we still doing that 👀)

Today was my first day at @joinClubhouse

If you know me, you probably know I have *opinions* about iOS only apps 😆 so I'm v. excited to be joining the team to bring the party to Android ✨February 23, 2021

Clubhouseの共同設立者であるPaul DavisonとRohan Sethが日曜日に発表したところによると、Clubhouseの週間アクティブユーザー数は1,000万人を超えているという。

Clubhouseは2020年3月にローンチされ、それ以来、シリコンバレーで最も注目を集める消費者向けアプリの1つに急速に成長した。これまでのところ、このアプリは招待状を受け取ったiPhoneユーザーのみが利用できるようになっている。iOS専用アプリは毎週1000万人以上のアクティブユーザーに達しており、クラブハウスの共同設立者であるポール・デイヴィソンとローハン・セスは日曜日にアプリ上で発表した。それは1月24日の200万人のウィークリーアクティブユーザーから増加している。

同社がAndroidアプリを開発したのは、1月にベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツから新たな資金調達ラウンドを確保した後のことだ。この資金調達ラウンドは約1億ドルで、Clubhouseの企業価値は10億ドルだったとAxiosは報じている。

Photo by Dmitry Mashkin on Unsplash