認知バイアスはあなたを拡散される誤情報に脆弱にする

ソーシャルメディアは疑わしいコンテンツに満たされています。情報過負荷が認知バイアスをもたらすため、人々はそれに余りにも脆弱です。

認知バイアスはあなたを拡散される誤情報に脆弱にする

ソーシャルメディアは世界の主要なニュースソースです。しかし、ユーザーは陰謀論、クリックベイト、極右と極左のコンテンツ、擬似科学など、疑わしいコンテンツにさらされています。

あまりにも多くの虚偽情報が公開されていることは驚くことではありません。スパムやオンライン詐欺は犯罪者にとって有利であり、政府や政党、政治家のプロパガンダは党派的および経済的利益をもたらします。しかし、信頼性の低いコンテンツが非常に迅速かつ容易に広がるという事実は、ソーシャルメディアプラットフォームの背後にある人々とアルゴリズムが「攻撃」に対して脆弱であることを示唆しています。

認知バイアスは、すべての人が毎日遭遇する情報を脳が処理する方法に起因します。脳は限られた量の情報しか処理できず、入力される刺激が多すぎると情報が過負荷になる可能性があります。それ自体がソーシャルメディア上の情報の質に深刻な影響を及ぼします。ユーザーの限られた注目をめぐる激しい競争は、高品質のコンテンツを共有することを好む場合でも、低品質にもかかわらず一部のアイデアがバイラルになることを発見しました。

圧倒されることを避けるために、脳は多くのトリックを使用します。これらの方法は通常効果的ですが、間違ったコンテキストで適用されるとバイアスになることもあります。

人がフィードに表示されるストーリーを共有するかどうかを決定しているときに、1つの認知的ショートカットが発生します。人々は見出しの感情的な意味合いに非常に影響を受けますが、それは記事の正確さの良い指標ではありません。さらに重要なのは、誰が作品を書いたかです。

認知バイアスの一部は精神的ショートカットまたは「ヒューリスティクス」を用いて問題を解決しようとするために起きると、エイモス・トベルスキーとダニエル・カーネマンは指摘しています。

Diego F. M. Oliveiraらの研究者チームによって発表された論文によると、FacebookやTwitterなどのネットワークでは、高品質と低品質の情報は等しく拡散する可能性があります。彼らは、ソーシャルネットワーク上で、正確さが必ずしも人気を決定するとは限らないと述べた。 品質はバイラル性の必ずしも必要ではありません。

正確な情報を識別する私たちの能力は、確証バイアス(情報が自分の信念と一致する場合に情報を受け入れる可能性が高い)や人気バイアスなどのように、頻繁に共有されるため何かを高品質と見なすことによって妨げられる可能性があります。

個々のユーザーが質の高い情報を認識して選択できる場合でも、ソーシャルメディア市場は人気コンテストの場であり、「最高」の情報を勝たせることはありません。最高の定義は曖昧です。

ニュースソースとしてのソーシャルメディアの人気にもかかわらず、これらのサービスのすべての人気コンテンツが高品質の事実情報であるとは限りません。これらのサイトで低品質情報がどのように広がるかを見るために、Nature Human Behaviorに掲載されたOliveiraらの論文は、大規模なソーシャルメディアシステムをシミュレートしました。はじめのうちは、著者は、ユーザーは質の高い情報を識別できると想定していました。彼らはそれぞれの投稿に、精度、信頼性、関連性などの要因を表す品質評価を与えました。システムで生成される情報の数と、共有前にユーザーが閲覧できる投稿の数を変えることで、チームは質の高い情報が口コミで広まる条件を調べました。

すべてのユーザーが良い情報と悪い情報を区別できる架空のシナリオをモデル化したとき、ネットワークは情報の品質と多様性のバランスを取りました。つまり、多くの人々の声が聞こえ、サイト上の投稿の全体的な精度は高いままでした。

しかし、実際のデータと条件をモデルに導入すると、投稿の量が急増しました。 声の多様性は増加しましたが、人気のある投稿の質は低下しました。チームは、最終的には追いつくことができないほど多くの情報があることを発見しました。彼らは「ニュースのプラットフォームとしてのソーシャルメディアの限界を強調しています」と主張しています。

これとは別に、社会的影響が群衆の叡智(Wisdom of crowd)を歪めてしまうという Jan Lorenz らの研究があります。商業化されたインターネットが生まれ、群衆の叡智がもてはやされた時期がありますが、いまではソーシャルメディアでつながった人々が、お互いに社会的影響を与えることで、グローバルなポピュリズムが生まれ、ドナルド・トランプがソレイマニを暗殺し、第三次世界大戦がTwitterのトレンディングトピックスになる季節をむかえています。

参考文献

Peter M. Todd. Simple Heuristics That Make Us Smart. 1999.

Photo by Frankie Valentine on Unsplash

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)