ソーシャルメディアは世界の主要なニュースソースです。しかし、ユーザーは陰謀論、クリックベイト、極右と極左のコンテンツ、擬似科学など、疑わしいコンテンツにさらされています。

あまりにも多くの虚偽情報が公開されていることは驚くことではありません。スパムやオンライン詐欺は犯罪者にとって有利であり、政府や政党、政治家のプロパガンダは党派的および経済的利益をもたらします。しかし、信頼性の低いコンテンツが非常に迅速かつ容易に広がるという事実は、ソーシャルメディアプラットフォームの背後にある人々とアルゴリズムが「攻撃」に対して脆弱であることを示唆しています。

認知バイアスは、すべての人が毎日遭遇する情報を脳が処理する方法に起因します。脳は限られた量の情報しか処理できず、入力される刺激が多すぎると情報が過負荷になる可能性があります。それ自体がソーシャルメディア上の情報の質に深刻な影響を及ぼします。ユーザーの限られた注目をめぐる激しい競争は、高品質のコンテンツを共有することを好む場合でも、低品質にもかかわらず一部のアイデアがバイラルになることを発見しました。

圧倒されることを避けるために、脳は多くのトリックを使用します。これらの方法は通常効果的ですが、間違ったコンテキストで適用されるとバイアスになることもあります。

人がフィードに表示されるストーリーを共有するかどうかを決定しているときに、1つの認知的ショートカットが発生します。人々は見出しの感情的な意味合いに非常に影響を受けますが、それは記事の正確さの良い指標ではありません。さらに重要なのは、誰が作品を書いたかです。

認知バイアスの一部は精神的ショートカットまたは「ヒューリスティクス」を用いて問題を解決しようとするために起きると、エイモス・トベルスキーとダニエル・カーネマンは指摘しています。

Diego F. M. Oliveiraらの研究者チームによって発表された論文によると、FacebookやTwitterなどのネットワークでは、高品質と低品質の情報は等しく拡散する可能性があります。彼らは、ソーシャルネットワーク上で、正確さが必ずしも人気を決定するとは限らないと述べた。 品質はバイラル性の必ずしも必要ではありません。

正確な情報を識別する私たちの能力は、確証バイアス(情報が自分の信念と一致する場合に情報を受け入れる可能性が高い)や人気バイアスなどのように、頻繁に共有されるため何かを高品質と見なすことによって妨げられる可能性があります。

個々のユーザーが質の高い情報を認識して選択できる場合でも、ソーシャルメディア市場は人気コンテストの場であり、「最高」の情報を勝たせることはありません。最高の定義は曖昧です。

ニュースソースとしてのソーシャルメディアの人気にもかかわらず、これらのサービスのすべての人気コンテンツが高品質の事実情報であるとは限りません。これらのサイトで低品質情報がどのように広がるかを見るために、Nature Human Behaviorに掲載されたOliveiraらの論文は、大規模なソーシャルメディアシステムをシミュレートしました。はじめのうちは、著者は、ユーザーは質の高い情報を識別できると想定していました。彼らはそれぞれの投稿に、精度、信頼性、関連性などの要因を表す品質評価を与えました。システムで生成される情報の数と、共有前にユーザーが閲覧できる投稿の数を変えることで、チームは質の高い情報が口コミで広まる条件を調べました。

すべてのユーザーが良い情報と悪い情報を区別できる架空のシナリオをモデル化したとき、ネットワークは情報の品質と多様性のバランスを取りました。つまり、多くの人々の声が聞こえ、サイト上の投稿の全体的な精度は高いままでした。

しかし、実際のデータと条件をモデルに導入すると、投稿の量が急増しました。 声の多様性は増加しましたが、人気のある投稿の質は低下しました。チームは、最終的には追いつくことができないほど多くの情報があることを発見しました。彼らは「ニュースのプラットフォームとしてのソーシャルメディアの限界を強調しています」と主張しています。

これとは別に、社会的影響が群衆の叡智(Wisdom of crowd)を歪めてしまうという Jan Lorenz らの研究があります。商業化されたインターネットが生まれ、群衆の叡智がもてはやされた時期がありますが、いまではソーシャルメディアでつながった人々が、お互いに社会的影響を与えることで、グローバルなポピュリズムが生まれ、ドナルド・トランプがソレイマニを暗殺し、第三次世界大戦がTwitterのトレンディングトピックスになる季節をむかえています。

参考文献

Peter M. Todd. Simple Heuristics That Make Us Smart. 1999.

Photo by Frankie Valentine on Unsplash