米仮想取引所Coinbaseがナスダックに直接上場を申請

米仮想取引所Coinbaseは25日、米国証券取引委員会(SEC)に、直接上場(Direct Listing)に関する登録届出書(Form S-1)を提出したことを発表した。Coinbaseは、Facebook以来の米国テクノロジー企業の中で最も高い時価総額で上場する可能性がある。

米仮想取引所Coinbaseがナスダックに直接上場を申請

米仮想取引所Coinbaseは25日、米国証券取引委員会(SEC)に、直接上場(Direct Listing)に関する登録届出書(Form S-1)を提出したことを発表した。Coinbaseは、Facebook以来の米国テクノロジー企業の中で最も高い時価総額で上場する可能性がある。

Coinbaseは、クラスAの普通株式をナスダック・グローバル・セレクト・マーケットにティッカーシンボル「COIN」で上場する予定だ。

米暗号通貨取引所Coinbaseは、近々の上場に向けて、最近の非公開市場での株式売却で1000億ドル強の評価を受けたと、Axiosが複数の情報筋の談話を元に報じた。Coinbaseは、Facebook以来の米国テクノロジー企業の中で最も高い上場時時価総額で上場する可能性がある。

AxiosのDan Primack記者が投資家と共有した文書によると、Coinbaseは2020年の最初の9ヶ月間の収益6億9,100万ドルに対して1億4,100万ドルの純利益を計上した。

Coinbaseは先月、ナスダック・プライベート・マーケッツを通じたセカンダリー株式売却を開始し、一週間でおおよそ180万株を提供した。これは、CoinbaseがIPOではなく直接上場の参照価格を決定するのに役立てることを目的としていた。

最初の75,000株は1月29日に1株あたり200ドルで売却された。これは、Coinbaseが2018年後半のベンチャーキャピタルラウンドで受けた80億ドルの企業価値と比較して約7倍の540億ドル近くの企業価値に相当する。

次の2回の株式の流通時には、それぞれ301ドルと303ドルで売却された。最も最近の12万7,000株は金曜日に373ドルで売却され、これは1,002.3億ドルの企業価値に相当する。

セカンダリー株の売却が、今回の上昇相場を踏まえ、直接上場の「参照価格」を決める目的でCoinbaseにとって有用なものかどうかは不明だが、直接上場時の投資家のセンティメントはこの参照価格に影響されやすい。

Image via Coinbase