米商務省産業安全保障局(BIS)は17日(現地時間)、Huaweiとその非米国関連会社による、米国の技術とソフトウェアから国内外で生産された品目へのアクセスをさらに制限した、と発表した。さらに、BISは、輸出管理規則(EAR)の対象となるすべての品目にライセンス要件を課すHuawei関連会社38社をエンティティリストに追加し、既存のHuawei企業リストの項目4件を修正した。

BISはまた、Huawei(または他のエンティティリストのエンティティ)が購入者、中間者、エンドユーザーとして行動する場合など、Entity Listの当事者が関与する商務省の輸出管理管轄権の対象となる品目に関わるすべての取引にライセンス要件を課した。これらの措置は直ちに有効であり、米国の技術を使用して開発または製造された電子部品を入手するために米国の輸出管理を迂回しようとするHuaweiの試みを防ぐことができる。

2020年5月、BISは長年の外国産直接製品(FDP)規則を改正し、Huaweiが米国の特定のソフトウェアや技術の直接製品である半導体を取得することを対象にした。17日の改正では、FDP規制を取引に適用することで、FDP規制をさらに洗練させています。対象となる条件は、1) 米国のソフトウェアまたは技術が、実体リストに記載されている華為企業が生産、購入または発注する「部品」、「部品」または「装置」の「生産」または「開発」に組み込まれるか、またはその「生産」または「開発」に使用される外国産品の基礎となる場合、 2) 実体リストに記載されている華為企業が「購入者」、「中間受渡人」、「最終受渡人」または「エンドユーザー」等の取引の当事者である場合。

「Huaweiとその海外関連会社は、中国共産党の政策目標を達成するために、米国のソフトウェアや技術で開発または生産された先進的な半導体を手に入れるための努力を拡大してきた」とウィルバー・ロス商務長官は声明で述べている。「米国の技術へのアクセスを制限してきたため、華為とその関連会社は第三者を通じて、米国の国家安全保障と外交政策の利益を損なう形で米国の技術を利用してきた。この多面的な行動は、Huaweiの能力を妨害するための我々の継続的なコミットメントを示している」

21カ国にまたがる以下の38社の新たなHuawei関連会社は、米国の国家安全保障や外交政策の利益に反してHuaweiのために行動する重大なリスクがあるため、事業体リストに追加された。Huawei技術者が企業リストで課されている制限を回避するためにHuawei技術者を利用しようとしていると信じるには、合理的な理由がある。

この修正はさらに、Huaweiが米国のソフトウェアまたは技術から開発または生産された外国製のチップを、同等の米国製チップと同程度に入手することを制限している。

Androidのアップデートが不可

米商務省の事実上の禁輸措置により、ファーウェイの新機種にGoogleサービスの搭載は不可能になったが、米国で流通する出荷済みのスマートフォンに関してもAndroidのアップデートが難しくなる可能性が出てきた。

商務省はファーウェイの「一時的一般許可証」(TGL)猶予を提供した一時的なライセンスを供与してきた。2019年5月16日以前に販売されたHuaweiデバイスがAndroidアップデートを取得できるようにすることに加えて、一時的なライセンスはHuaweiの機器を使用している多くの通信会社を対象としていた。

しかし、商務省は17日の声明の中でTGLの失効を確認にした。

一時的な一般ライセンス(TGL)が失効した。この規則は、エンティティリストに登録されているHuaweiエンティティに限定的な恒久的な認可を与えることで、米国の国家安全保障と外交政策の利益をさらに保護するもの。この限定的な認可は、既存および現在「完全に運用されている」ネットワークと機器の完全性と信頼性を維持するために重要な、継続的なセキュリティ研究を提供することを唯一の目的としている。

TGLはこれまで何度も期限を延長されてきたが、8月13日に延長が行われず、期限切れとなっていた。今回のアナウンスにより失効が公式のものとなった。

延長が重ねられたTGLだが、5月に米商務省は「Expected Final 90-Day Extension(最後の90日間の延長と想定される)」と添えて8月13日まで延長。そして8月14日に何の声明もなく、ワシントンポスト紙には商務省からライセンスの有効期限が切れているとの声明が送られてきた。

Photo: "Huawei"by Janitors is licensed under CC BY 2.0