コロナの影響により東南アジアのモバイルビデオストリーミング視聴時間が急増

モバイルでのオンライン動画ストリーミングの週間総消費時間は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールで、2020年1月20日から4月11日までの間に合計で60%増加した。COVID-19のパンデミックの間に実施された混乱とその後のロックダウン措置により、モバイルでのオンライン動画ストリーミングの週間総消費時間は、2020年1月20日の364億分に対し、2020年4月11日には580億分に達した。

コロナの影響により東南アジアのモバイルビデオストリーミング視聴時間が急増

メディアパートナーズアジア(MPA)が2020年4月発表した報告書によると、モバイルでのオンライン動画ストリーミングの週間総消費時間は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールで、2020年1月20日から4月11日までの間に合計で60%増加。2020年1月20日の364億分に対し、2020年4月11日には580億分に達した。

「東南アジアのオンライン動画消費者の洞察と分析」と題されたこの報告書は、32,425人のサンプルから収集した洞察をもとに、2020年1月から4月までの間に東南アジアの主要4市場で実施された調査の結果。報告書には、43のユニークなOTTプラットフォームの詳細な分析とプロファイルも含まれている。

  1. YouTubeは、すでに圧倒的なシェアを誇っていますが、調査期間中にその高いベースから徐々に成長している。
  2. Netflixは、韓国、アニメ、欧米のオリジナルコンテンツの消費量が多いため、モバイルプラン全体での有料配信需要が旺盛であることから恩恵を受けている。
  3. Viuのストリーミングの分数と視聴者数は、主に韓国のコンテンツに牽引されて成長を続けているが、タイでは有料配信が大幅に増加し、その他のSEA市場でも着実に成長している。
  4. テンセントが所有するWeTVは、戦略的なローカルコンテンツの提携や中国ドラマを通じて、タイでの成長を開始している。
  5. iQiyiはまだ東南アジアでのソフトローンチ段階にありますが、インドネシア、フィリピン、タイで順調に成長している。
  6. Amazon Prime Videoは、調査期間中、シンガポールで最も大きく成長した。
  7. 好調な業績を上げているグローバルおよび地域のプレイヤーだが、ストリーミング分数でトップ5に入っていないのは、HBO Go、Tubi、Viki、iflixなどの動画アプリです。Apple TVの主要調査対象市場での普及率は低い。
  8. ローカルプレーヤーの中では、以下のような市場で大きな成長を遂げていることがわかる。インドネシアのSCMA所有のVidio、ABS-CBN所有のiWant、シンガポールのMediaCorp所有のmeWatch、タイのLINE TV。
  9. モバイルビデオプラットフォームは、タイのAISPlayとTrueIDを筆頭に、引き続き消費が拡大している。

(新型コロナの感染拡大により)何百万人もの人々が自宅からの操作を余儀なくされているため、このパンデミックの間にストリーミングビデオの普及率は劇的に増加した。今の焦点は、2020年下半期にSVODプラットフォームが新規に獲得した顧客をどのように維持できるか、また、AVODプラットフォームが拡大したリーチをどの程度活用できるかにある。この調査を通じて、MPAの分析によると、2020年3月末時点で、4つの市場を合わせて800万人のオンラインビデオまたはOTTの有料顧客がおり、年間の消費者支出は4億米ドルに達している。

ほとんどの市場でNetflixが明確なリーダーとなっており、フリーミアムサービスを提供するViuがこれに続いているが、HBO、iQiyi、Tencentなどの他のプレイヤーは、Disney+などの新規参入企業とともに将来的に成長する可能性が高いと考えられる。現地の主要プレイヤーは、サービスの拡大と放送からデジタルビデオへの移行を管理するための投資を検討しているため、調査対象市場での消費の増加と、場合によっては収益化が促進されることを期待している。今や、伝統的な有料放送プラットフォームや新しい携帯電話・バーチャル通信事業者による、より強固なアグリゲータ・サービスの提供が求められている。

オンライン動画と有料テレビの間の消費者支出が再調整される中、ライブおよびオンデマンドのストリーミング動画の配信と配信は、東南アジアでは非常に重要になる。現在、オンラインビデオへの消費者の支出は、4つの市場のリニアペイTVサービスへの消費者の支出の合計の25%程度。

このブログは"Online Video Streaming Minutes In Southeast Asia Skyrocket After COVID-19 Impact According To New MPA Study", Key Highlights"の抄訳。

Photo by Mika Baumeister on Unsplash

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)