中国旅行大手Ctripは4月の香港二次上場で最大20億ドルの資金調達を計画

Ctripは4月に香港での二次上場を計画しており、10億ドルから20億ドルの資金調達を予定しているという。 このニュースの影響を受けて、Ctrip株はプレマーケットで15%上昇した。

中国旅行大手Ctripは4月の香港二次上場で最大20億ドルの資金調達を計画

Ctripは4月に香港での二次上場を計画しており、10億ドルから20億ドルの資金調達を予定している。 このニュースの影響を受けて、Ctrip株はプレマーケットで15%上昇した。腾讯科技は報じた

腾讯科技によると、2月20日、Ctripが旧正月前に香港証券取引所に正式に二次上場申請を行い、CICC、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースの3つの投資会社を採用して上場チームのスポンサーを務めている。

香港証券取引所のプロセスによると、他の取引所ですでに株式公開している企業は、香港に二次上場する際は、取引所のウェブサイトで具体的な上場情報を公表する必要はない。

Ctripが香港での二次上場を計画してから1年以上が経過しているという。 2019年末の早い段階で、Ctripの幹部が香港の複数の投資銀行と一括で会談し、香港での二次上場に向けて復帰する計画を開始していたという。

しかし、その後、コロナウイルス感染症が流行し、観光に大きく依存して収益を上げるプラットフォームであるCtripのすべてのビジネスが大打撃を受けた。その株価はまた、流行前の2019年12月に1株あたり35ドルから下落し、後に1株あたり20ドルに減少したCtripの純収入は発生前の2019年第4四半期には83億元だったが、発生後の2020年第1四半期には47億元、第2四半期には33億元にとどまっている。

これは、Ctripの香港への二次上場に向けた復帰が1年以上遅れていることにも直結している。ただ、Ctripの最新の財務指標は改善しつつある。2020年12月上旬、Ctripは、純営業利益55億元、純利益16億元の2020年第3四半期の決算報告を発表した。コロナ発生後初めて黒字になったが、全体の収益は発生前よりもはるかに悪化している。 これは、香港のファンドマネージャーがCtripのIPOに発注するかどうかの懸念材料の一つとされる。

Ctripは香港証券取引所のヒアリングのタイミングに基づいてIPOのスケジュールを組む必要があるため、具体的なスケジュールはまだ決まっていない、と腾讯科技は記述している。

Photo: "Fortune Global Tech Forum 2018"by Fortune Conferences is licensed under CC BY-NC-ND 2.0