Axion Podcastは、テクノロジー業界の最新トレンドを、元DIGIDAY編集者で起業家の吉田と280万会員の写真を扱うベンチャーの事業統括者の平田でディスカッションする対話形式のラジオです。Apple PodcastSpotifyGoogle PodcastAnchorでも聴取可能です。

要点

  • D2Cを巡る環境が険しさを増すなか、スタートアップとしての展開は厳しさを増している。ブームを終えた今、着陸地点はどこにあるか。
  • メーカーが対応するまでに顧客を囲い込むための電撃戦だが、すでに準備が整っている。

D2Cとは?

「Direct to Consumer」の略。企業対企業での取引を表すBtoB(Business to Business)や、企業対消費者を表すBtoC(Business to Consumer)などの表現があるが、生産者と消費者がインターネット上で直接取引を行う「小売」を指す。

インターネットサービスの普及や巨大プラットフォーマーの台頭を経て、Amazonのようなプラットフォームを介さず、自社サイトでの集客・販売を行い、企業が消費者と直接取引を行えるようになった。D2Cは中間業者がないので、良いものを安く売れる価格優位性があると訴えている。

D2Cの例

ダラーシェイブクラブの成功例

ユニリーバは2016年7月、ダラーシェイブクラブを13億7000万ドルで買収。2012年創業で買収時320万の会員がいた。2015年のDSCの売上高は1億5,200万ドルで、2016年には2億ドルを超えていた。ユニリーバは大量の広告費を抱える。

ソーシャルマーケティングで電撃戦

多くのプレイヤーがD2Cに勝機を見出した要因が、2014〜2015年の「バイラルメディア」の流行。バイラルメディアの社員がD2C会社を立ち上げた例もある。インフルエンサーマーケティングで話題作り。メーカーが対応するまでに顧客を囲い込むための電撃戦。

D2Cのいい点

流通の中間者を排除するため、マージンレートが高くなりやすく、積極的に顧客獲得が実行できる可能性がある。ソフトウェアエンジニアリングがあまり必要ない。北米でエンジニアの雇用は非常に大変。

ホスト

吉田拓史 YOSHI(@taxiyoshida):記者, 編集者, Bizdev, Product Manager, Frontend Engineer. 早稲田大学政治経済学部卒業後, ジャカルタで新聞記者を5年. 米系デジタルマーケティングメディアDIGIDAYの日本版創業編集者を経て, デジタル経済メディアAxion(アクシオン)を創業. プロフィールサイトLinkedInを参照. ■TwitterBlogNewsletterYou Tube

YASUYUKI HIRATA(@MUTRON):エレクトロニックミュージックのウィークエンドミュージシャン。平日は280万会員の写真を扱うベンチャーの事業成長が任務。ドイツのレーベルからEPをパブリッシュしたこともある。■TwitterWebsite