GDPは過去の遺物、生物多様性をバランスシートに載せろ

ケンブリッジ大学のパルタ・ダスグプタ教授らは、「自然」は経済学における盲点であり、国家財政を決定する会計やその背後にある意思決定者によって、もはや無視することはできないと主張する研究を発表した。

GDPは過去の遺物、生物多様性をバランスシートに載せろ

ケンブリッジ大学のパルタ・ダスグプタ教授らは、「自然」は経済学における盲点であり、国家財政を決定する会計やその背後にある意思決定者によって、もはや無視することはできないと主張する研究を発表した。

ダスグプタ教授らが作成した生物多様性の経済学に関するレビュー『The Economics of Biodiversity: The Dasgupta Review』(生態系の経済学:ダスグプタレビュー)が2日、発表された。英国財務省が2019年に委託し、今年の中国での生物多様性条約に先駆けて発表されたこのレビューは、英国政府の25年環境計画のアジェンダを設定するのに役立つと期待されている。

レビューは、人類が「地球規模の資産ポートフォリオ」の管理を誤っていたことを指摘し、国内総生産(GDP)はもはや国家の経済的健全性を判断するのに適していないと主張している。ダスグプタは、GDPは「誤った経済学の適用に基づく」ものであり、生物圏の劣化などの「資産の減価償却」が含まれていないと主張している。

レビューは、私たちが選択した経済発展の道が持続可能かどうかを判断するためには、各国が自国の富の包括的な尺度を記録する経済会計システムを採用する必要があることを示している。ダスグプタ教授は「国内総生産(GDP)を使って経済パフォーマンスを判断するという現代の慣行は、経済学の誤った適用に基づいている。包摂的(インクルーシブ)な富がストック(経済の資産ポートフォリオ全体の社会的価値)であるのに対し、GDPはフローである。関連して、GDPには自然環境の悪化などの資産の減価償却は含まれていない(GDPの「G」は最終財・サービスの総生産であり、資産の減価償却を差し引いたものではない)」と記述している。

経済活動の指標としてのGDPは、短期的なマクロ経済分析や経営には不可欠であるが、投資プロジェクトの評価や持続可能な開発を見極めるのには全く不向きである、とダスグプタ教授は主張する。経済は自然という「資産」を減価させることでGDPの高い成長率を記録することができるが、それを国家統計から知ることはできない。約600ページに及ぶ報告書にはここ数十年の間に世界経済が「経済成長」の手段として自然資本の侵食が展開されてきたことが示している。「アダム・スミスが求めたのは、国家のGDPではなく、『国富』である。レビューで展開されている富のアイデアは、驚くことではない」とダスグプタ教授は記述している。

ダスグプタは、持続可能な経済学とは、GDPとは異なる尺度を使うことを意味すると言う。「真に持続可能な経済成長と発展とは、私たちの長期的な繁栄は、自然の財やサービスに対する需要と、それらを供給する能力のバランスを取り戻すことに依存している。また、社会のあらゆるレベルで自然との相互作用が与える影響を十分に考慮することも意味します。コロナウイルスは、これを行わないと何が起こるかを示してくれた」と声明の中で語っている。

ボリス・ジョンソン首相はこのレビューを歓迎し、「自然の保護と強化には善意以上のものが必要であり、協調した協調的な行動が必要である」ことを明確にしていると述べている。

生物多様性はバランスシートに載らない

生物多様性の減少は、人類の歴史の中でも最も急速に進んでいる。1970年以降、哺乳類、鳥類、魚類、爬虫類、両生類の個体数は平均でほぼ70%減少している。世界全体の約4分の1にあたる100万種の動植物が絶滅の危機に瀕していると考えられている。

生物多様性は、その本質的な価値を超えて、私たちに栄養を与え、私たちを守る基本的な自然の「配当」を提供している。魚類や作物を受粉する昆虫による基本的な栄養補給から、土壌の再生、水や洪水の調節まで。私たちの生活を豊かにする文化的、精神的価値は言うまでもない。

国家のバランスシートにこれらの重要な「生態系サービス」が完全に欠如していることが、自然界の破壊を激化させている。レビューは、私たちが直面している現在の種の絶滅の危機は、私たち自身が作り出したものであり、自然の「生産性、回復力、適応力」を損なっていると主張している。その結果、私たちの経済、生活、福祉が深刻なリスクにさらされている。

ダスグプタ教授のレビューは、今、緊急かつ変革的な行動をとることが、遅れをとるよりもコストを大幅に削減し、3つの大局的な変革を必要とする、と説明している。第一に、人類は自然に対する需要が持続可能な供給量を超えないようにしなければならない。提言には、保護地域の拡大と管理の改善、有害な消費形態、例えば肉の多い食生活などを「抑止」する政策の制定が含まれる。

第二に、私たちは経済的成功のために異なる評価基準を採用しなければならない。そのためには、まず最初の重要なステップとして、自然資本を各国の会計システムに組み込む「包摂的」な富の尺度へと移行する必要がある。ダスグプタは昨年末、ケンブリッジ大学の研究者の一人として、国連の最新の「生態系会計」フレームワークの立ち上げを支援した。

しかし、この「包括的な富」は最終的には、人間の健康、知識、技能、コミュニティの価値など、私たちが考える「生産性」に欠かせないすべてのものを国家経済が会計処理できるようにするためのものでなければならない。

第三に、このような変化を可能にし、将来の世代のために持続させるためには、金融や教育を中心とした制度やシステムを変革しなければならない。これには、自然資産を強化する官民の「金融の流れ」を増やし、自然を劣化させるものを減らすことが含まれる。

「この包摂的で非常に重要な報告書は、経済学と生態学を正面から向き合わせることで、いかに自然界を救うことができるかを示しており、そうすることで私たち自身を救うことができる」とダスグプタ教授は述べている。

参考文献

Partha Dasgupta, et al. The Economics of Biodiversity: The Dasgupta Review. Feb 2021.

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou.

月額制サポーター

Axionは吉田が2年無給で、1年が高校生アルバイトの賃金で進めている「慈善活動」です。有料購読型アプリへと成長するプランがあります。コーヒー代のご支援をお願いします。個人で投資を検討の方はTwitter(@taxiyoshida)までご連絡ください。

デジタル経済メディアAxionを支援しよう
Axionはテクノロジー×経済の最先端情報を提供する次世代メディアです。経験豊富なプロによる徹底的な調査と分析によって信頼度の高い情報を提供しています。投資家、金融業界人、スタートアップ関係者、テクノロジー企業にお勤めの方、政策立案者が主要読者。運営の持続可能性を担保するため支援を募っています。

投げ銭

投げ銭はこちらから。金額を入力してお好きな額をサポートしてください。

https://paypal.me/axionyoshi?locale.x=ja_JP