『ブルシットジョブ』をはじめとするベストセラーの著者である人類学者でアナーキストのデヴィッドグレーバー氏が死去した。去年、59歳。

3日、グレイバーの妻であり、芸術家で作家のニカ・ドゥブロフスキーは、前日にグレイバーがヴェネツィアの病院で死亡したことをツイッターで発表した。死因はまだ明らかにされていない。

官僚主義、政治、経営封建主義についての鋭い文章で知られるグレイバーは、ウォール街を占拠する運動の第一人者であり、死去時にはロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の人類学の教授を務めていた。彼の最後の著書である『すべてのものの夜明け:人類の新しい歴史』(The Dawn of Everything: a New History of Humanity)は、デビッド・ウェングローブとの共著で、2021年秋に出版される予定である。

1961年、ニューヨークで政治的に活発な両親の間に生まれる。父はスペイン内戦で国際旅団と戦い、母は国際婦人服飾労組のメンバーだった。ニューヨーク州立大学パーチェス校とシカゴ大学で人類学を学んだ後、名誉あるフルブライトフェローシップを獲得し、マダガスカルで2年間の人類学的フィールドワークを行った。

2005年、イェール大学は、彼が終身在職権を確保していたであろう1年前に彼の契約を更新しないことを決定した。4500人以上の同僚や学生が彼を支持する請願書に署名したところ、イェール大学は代わりに彼に1年間の有給サバティカルを提供し、彼はそれを受け入れ、LSEに入る前にゴールドスミスで働くためにイギリスに移った。

2011年に出版された『Debt: The First 5,000 Years』は、彼を有名にした。その中でグレイバーは、お金に基づいてすべての社会的関係の背後にある暴力を探り、主権者と消費者の借金を一掃するために呼びかけた。それは批評家の意見を二分したが、ベストセラーとなり、トマ・ピケティからも賞賛された。

グレーバーは2013年に『The Democracy Project』でそれに続いた。歴史、危機、運動、ウォール街を占拠した彼の仕事について綴った。2013年の論文『デタラメな仕事の現象について』(On the Phenomenon of Bullshit Jobs)は、2018年に出版された著書『Bullshit Jobs: A Theory』につながった。ほとんどのホワイトカラーの仕事は無意味であり、技術の進歩により、人々はより多くの仕事をするようになったと主張していた。

ブルシットジョブ:現代の封建主義が生み出す無意味な労働
自動化が進展しても仕事が亡くならないのは、先進国でブルシットジョブ(どうでもいい仕事)が増えているからだ。この無意味な仕事を生み出すのは、サービス業の多層化した人員構成に寄生する「経営封建主義」という思想のせいである。どうでもいい仕事は人類最大の社会問題である。

Photo: "David Graeber"by Internaz is licensed under CC BY-NC-SA 2.0