public

東南アジアのインターネット経済、過去4年間で3倍の1,000億ドルに到達

地域のインターネット経済は2019年に初めて1,000億ドルまで急騰し、過去4年間で3倍以上の規模になりました。2025年までに3,000億ドルに成長すると予想されています。

4 months ago

Latest Post べリングキャット: 公開情報からすべてを暴き出す新しいジャーナリズム by Takushi Yoshida public

シンガポールのソブリン・ウェルス・ファンドTemasek、戦略コンサルティングファームBain & Companyは、2019年10月に報告書 "e-Conomy SEA 2019" を発表しました。このブログは報告書について説明したブログ Think With Googleの"e-Conomy SEA 2019: Swipe up and to the right: Southeast Asia’s $100 billion internet economy"を参考にしています。

2016年、GoogleとTemasekは、東南アジアのインターネット経済を掘り下げるために、複数年にわたる調査プログラムを開始しました。 2019年、Bain&Companyがリードリサーチパートナーとして加わっています。

この地域には3億6,000万人のインターネットユーザーがおり、その90%が主に携帯電話を介してインターネットに接続しています。

地域のインターネット経済はより早いペースで成長を続けています。 2019年に初めて1,000億ドルまで急騰し、過去4年間で3倍以上の規模になりました。eコマースとライドヘイリングは、最も楽観的な予測をし続けています。オンラインメディアとオンライントラベルは安定したペースで成長を続けており、十分なスペースをさらに拡大できます。2025年までに、インターネット経済は3,000億ドルに成長すると予想されています。

マレーシア、タイ、シンガポール、フィリピンのインターネット経済は、年率20%から30%成長しており、減速の兆候はありません。これは他の地域と比較して注目に値する偉業ですが、東南アジアで最高の成績を収めることはほとんどありません。この地域の2つの先頭ランナーはインドネシアとベトナムであり、年率40%を超える成長率で業界をリードしています。

企業は新しい顧客の獲得からエンゲージメントの促進に焦点を切り替えています。彼らの目標は、ユーザーが自分のプラットフォームに長く留まるように説得することです。これにより、より多くの選択肢と低価格をユーザーに提供しながら、より激しい競争を引き起こしました。

インターネット経済の成長は東南アジア全体に均等に広がっています。 この地域の人口のわずか15%を収容する7つの大都市圏は、依然としてインターネット経済の50%以上を占めています。これらの大都市圏の閲覧者は、他の場所に住んでいる人よりも6倍多くオンラインで購入しています。ただし、インターネット経済は、大都市以外の地域で2倍の速さで成長し、すべての東南アジア人を引き込む可能性があります。

参考文献

Stephanie Davis, Samuele Saini, Rohit Sipahimalani, Florian Hoppe, Weisheng Lee, Iñaki Moreno Girona, Crystal Choi, Well Smittinet. e-Conomy SEA 2019: Swipe up and to the right: Southeast Asia’s $100 billion internet economy. Think With Google. October 2019.

Google, Temasek, Bain & Company. e-Conomy SEA 2019 Report. Oct 2019.

Photo by Hu Chen on Unsplash

Takushi Yoshida

Published 4 months ago