DuckDuckGoは、検索者のプライバシーを保護し、パーソナライズされた検索結果のフィルターバブルを避けることに重点を置いたインターネット検索エンジンだ。DuckDuckGoは、ユーザーをプロファイリングしないことと、与えられた検索語に対してすべてのユーザーに同じ検索結果を表示することで、他の検索エンジンとは一線を画している。

DuckDuckGo検索

プライバシーに特化した検索エンジンDuckDuckGoは、2020年8月の検索プラットフォームを通じた総検索回数が20億回を超えたことを発表した。Googleが最も人気のある検索エンジンであることに変わりはないが、DuckDuckGoは、インターネット上でプライバシーを重視するユーザーが増え始めていることから、ここ数ヶ月で大きな牽引力を得ている。DuckDuckGoは20億回以上の検索と400万回以上のアプリ/拡張機能のインストールを見ており、同社は6500万人以上のアクティブユーザーを抱えているとも述べている。DuckDuckGoは、同じ成長傾向が続けば、以前のトラフィック記録を打ち破る可能性がある。

DuckDuckGoは急成長しているとはいえ、米国内の検索ボリューム全体の2%未満を支配しているに過ぎない。しかし、DuckDuckGoの成長傾向は1年を通して続いており、主に他社のプライバシースキャンダルが原因となっている。

平均して、DuckDuckGoは定期的に6500万以上の検索を得ている。DuckDuckDuckGoのAPI、拡張機能、アプリを介して行われた検索を合算すると、この数字はもっと多くなる可能性がある。DuckDuckGoの検索エンジンは、BingやWikipediaなどのコミュニティが開発したサイトをベースにしており、検索結果のインデックスを生成するために独自のクローラーを開発している。

Googleとは異なり、DuckDuckGoはよりプライバシーを重視しており、ユーザーが何を検索しているのかを追跡することはない。トレードオフとして、DuckDuckGoの検索結果は、GoogleやBingのように最新のものではない。

プライバシーについて真剣に考えているのであれば、検索ホームページにアクセスしてDuckDuckGoを試してみてはいかがだろうか。また、拡張機能やアプリをインストールすることでDuckDuckGoを使用することができる。

DuckDuckGoは、検索履歴を保存せず、IPアドレスを追跡せず、ユーザーがプライベートブラウジングモードにあるかどうかに関係なく、基本的に販売する個人データを持っていないので、広告のためにユーザーを追跡することはない。

DuckDuckGoはユーザーを追跡するためにクッキーを使用しないことを約束し、利用者の個人情報を収集しない。あなたのIPアドレスさえも隠されている。

プライベートモードであっても、GoogleやBingからのリンクをクリックすると、HTTPリファラーヘッダーで検索語が訪問先のサイトに送信される。あなたがそのサイトを訪問すると、あなたのコンピュータは自動的にあなたのIPアドレスなどの情報を共有する。この情報は、あなたを識別するために使用することができる。

DuckDuckGoはこれを「検索漏れ」("search leakage")と呼び、検索結果でのデフォルトでこれを防止しています。その代わりに、サイト上のリンクをクリックすると、他のサイトにあなたの検索キーワードが送信されるのを防ぐために、そのリクエストをリダイレクトする。サイトはあなたがそれらを訪問したことを知っているが、あなたが事前にどのような検索を入力したかは知らず、個人情報を使用してあなたを特定することもできない。

DuckDuckGoはさらに、Wikipedia、Facebook、Twitter、Amazonを含む多くの主要サイトからのリンクを自動的に暗号化されたバージョンに変更する暗号化バージョンも提供している。

DuckDuckGo Privacy Browser (iOS, Android)

アンチGoogle検索エンジンとして知られているかもしれないが、AndroidやiOS用の独自のモバイルブラウザにも手を広げている。DuckDuckGo は、オンラインでの保護を強化するだけでなく、何をブロックしているかについて多くの情報を提供してくれる。

DuckDuckGo は、ウェブサイトが暗号化された HTTPS接続を提供している場合には、まず暗号化されたHTTPS接続を強制し、次に、訪問した各ページに、どれだけ積極的にデータを盗み取ろうとしているかに基づいてグレードを与えている。

オンラインでの匿名性を保つために、DuckDuckGoは、あなたとあなたのデバイスを特定できるトラッキングクッキーをブロックし、サイトのプライバシーポリシーをスキャンしてランク付けすることもできる。各セッションの終了時にタブやデータを自動的に消去することもできるし、ワンタップで手動でデータを消去することもできる。タイマーを設定して、一定期間何もしていない状態が続くと自動的に履歴を消去することもできる。

ChromeとFirefox用のブラウザ拡張機能は非常に似たような仕事をするので、DuckDuckGoの厳しいプライバシーコントロールを利用するために、お気に入りのデスクトップブラウザを放棄する必要はない。また、この拡張機能はプライバシー機能でサイトをランク付けし、オンラインでの活動を追跡しようとする試みをブロックする。

DuckDuckDuckGoアプリとブラウザ拡張機能の魅力は、その使いやすさにある。インストールする以外に何もする必要がないので、DuckDuckGoアンチGoogle検索エンジンとして知られているかもしれないが、AndroidやiOS用の独自のモバイルブラウザにも手を広げている。DuckDuckGo は、オンラインでの保護を強化するだけでなく、何をブロックしているかについて多くの情報を提供してくれる。

DuckDuckGo は、ウェブサイトが暗号化された HTTPS接続を提供している場合には、まず暗号化されたHTTPS接続を強制し、次に、訪問した各ページに、どれだけ積極的にデータを盗み取ろうとしているかに基づいてグレードを与えている。

オンラインでの匿名性を保つために、DuckDuckGoは、あなたとあなたのデバイスを特定できるトラッキングクッキーをブロックし、サイトのプライバシーポリシーをスキャンしてランク付けすることもできる。各セッションの終了時にタブやデータを自動的に消去することもでき、ワンタップで手動でデータを消去することもできる。タイマーを設定して、一定期間何もしていない状態が続くと自動的に履歴を消去することもできる。

ChromeとFirefox用のブラウザ拡張機能は非常に似たような仕事をするので、DuckDuckGoの厳しいプライバシーコントロールを利用するために、お気に入りのデスクトップブラウザを放棄する必要はない。また、この拡張機能はプライバシー機能でサイトをランク付けし、オンラインでの活動を追跡しようとする試みをブロックする。

DuckDuckDuckGoアプリとブラウザ拡張機能の魅力は、その使いやすさにあります。インストールする以外に何もする必要がないので、最小限の労力で最大限の保護を得るにはいい選択肢だ。

DuckDuckGo Privacy Browserは、サードパーティのクッキーをブロックすることで、サードパーティのトラッキング要求の読み込みをブロックし、サードパーティがあなたを全くトラッキングしないようにする。例えば、Google Analyticsは、インターネット上では圧倒的に最大の追跡者であり、上位100万サイトの約70%に表示され、裏であなたの閲覧履歴を収集している。ほとんどのブラウザはトラッキングを阻止することはできないが、当社では、当社のトラッカーレーダー技術を利用して、他の数百社のトラッカーとともに、お客様のデバイスがトラッカーに接続するのを実際にブロックしている。

DuckDuckGoは、より多くのインターネットを暗号化することを目標の一つとしている。ウェブをクロールし、暗号化された接続をサポートするサイトのリストを管理し、当社のスマート暗号化技術により、可能な限り暗号化された接続を使用できるようにしている。暗号化された接続では、閲覧しているページ(およびそのページで送信したコンテンツ、検索など)をインターネット・プロバイダー(ISP)やWi-Fiスヌーパーに覗かれることもない。

ワンタップでデータをクリア ブラウザの正面と中央にある「ファイアボタン」🔥でローカルデータをワンタップでクリアできる。また、より高速に動作する。DuckDuckGoは非常に多くのトラッカーをブロックしているため、アプリや拡張機能を使用することで、より速く閲覧することができる。そして、使用するデータ量も少なくて済む。

ウェブ行動追跡の仕組み

FacebookとGoogleの広大な広告ネットワークは、ウェブ上で収集された個人データを供給されている。両社のトラッカーは、ウェブの最も人気のあるサイトのほぼすべてからオンラインアクティビティに関する情報を収集している。何十億ものデータポイントを収集することで、両社は3ヶ月ごとに200億ドルを超える収益を上げることができる。この収益の大部分は広告、特に行動広告から来ている。

トラッカーとクッキーは、ほとんどすべてのウェブサイトに存在している。トラッカーは人々のオンライン上での活動を監視・追跡し、個人と結びついたユニークな識別子の下でそれらを記録する。しかし、人々はまだそれに気づいていない。アイルランドに本社を置く米国の大手テック企業を監督するアイルランドのデータ保護規制当局は、多くのウェブサイトが訪問者に「基本的な情報」を提供しておらず、「ほとんどの一般ユーザーは、自分がどの程度まで追跡されているかを認識していないだろう」とする報告書を発表した。

このトラッキングにより、企業は人々の興味や活動に関するデータを収集することができる。彼らは広告モデルにフィードすることができ、人々の興味にリンクされた行動広告を提供するために使用することができる。Facebookのピクセル, 例えば, 800万以上のウェブサイト上にある。 戦略的には、GoogleとFacebookがすべてのユーザーデータを独占している。DuckDuckGoのウェブブラウザは、検索エンジンと同様に、個人データを保存しない。さらに、ウェブページに隠された目に見えないトラッカーをブロックする。同社は、他の場所でもトラッキングを減らしたいと考えている。

買い物履歴に加えて、トラッカーはあなたの位置情報、検索履歴、閲覧履歴などを拾い上げ、そこから年齢、人種、性別、興味、習慣などを推測する。企業はこの個人データを詳細なプロフィールに集約し、継続的にオークションにかけ、最高額の入札者にあなたを売り渡す。

あなた自身を守るためにできる最善の方法の一つは、高品質のトラッカーブロッカーを使用することだ。プライバシー保護は今や大多数の人にとって重要なものとなっているが、プライバシー行動に関する調査では、トラッカー保護を使用している人は約19%に過ぎず、必ずしも最高品質のものではありません。私たちはそれを変えようとしている。

DuckDuckGoは、そのため、DuckDuckGo Privacy Browserモバイルアプリ(iOS/Android用)とDuckDuckGo Privacy Essentialsデスクトップブラウザエクステンション(Chrome/Firefox/Safari用)にシームレスなトラッカー保護機能を搭載した。これらのエクステンションを使用することで、すべてのデバイスでシームレスにプライベートな検索や閲覧を行うことができる。トラッカーブロック、プライベート検索、アップグレードされたWebサイトの暗号化など、私たちが「プライバシーの要」と呼ぶ機能がすべて1つのパッケージに含まれている。

トラッカー保護機能を追加しようとしたとき、既存のトラッカーのリストはほとんどが手動で作成されているため、古臭くて包括的なものではないことがわかった。さらに悪いことに、これらのリストはウェブサイトを壊してしまうこともあり、主流の採用を妨げていた。そこで、ここ数年、DuckDcukGoはこれらの欠点を持たないクロールプロセスに基づいて、独自のトラッカーのデータセットを構築した。それをDuckDuckGo Tracker Radarと呼んでいる。これは自動的に生成され、常に更新され、継続的にテストされている。

DuckDuckGoをiOS 14のWebブラウザのデフォルトに設定可能に

DuckDuckGo for iOSの最新バージョン7.53.0では、iPhoneやiPadのSafariに代わって、サードパーティ製アプリをシステムのデフォルトウェブブラウザとして設定できるiOS 14の新機能のサポートが追加されている。

Appleのモバイルオペレーティングシステムでは初めて、ユーザーがデフォルトのウェブブラウザと電子メールアプリを選択できるようになった。開発者はサポートのためのコーディングを行う必要があるが、同社が概説した基準を満たすソフトウェアやサービスがこの機能を提供することができる。

デフォルトのブラウザオプションに加えて、DuckDuckGoアップデートでは、ウィジェットの形でホーム画面にウェブ検索やお気に入りを追加できるようになった。

アップデートの詳細についてのブログ記事では、DuckDuckGoはサードパーティの追跡要求のデフォルトブロックなどのユーザーのプライバシー機能を保持し、それに基づいて構築されることに注意を促している。

アプリはiOS App Storeから無料でダウンロードできる。インストールすると、ユーザーは「設定」>「DuckDuckGo」>「デフォルトのブラウザアプリ」に移動し、「DuckDuckGo」を選択してSafariから移行することができる。

Torで利用できるか?

検索流出を防ぐもう一つの方法は、プロキシを利用することだ。DuckDuckGoはエンドツーエンドで匿名かつ暗号化された検索を得ることができる。DuckDuckGoにプロキシードメインを入力すると、自動的にプロキシを経由するようになるが、プロキシは遅い場合があり、無料のプロキシ(DuckDuckGoが使用しているようなもの)は広告によって賄われている。

最終的には、DuckDuckGoは保護の選択をユーザーに委ねている。設定ページでリダイレクトを切り替えるか、アドレスバーの設定でデフォルトから外すことができる。

DuckDuckGoの沿革

米国を拠点とする検索エンジンDuckDuckGoは、2008年にCEOのガビエル・ワインバーグによって設立された。同社は10年以上前からグーグル社と競合し、プライバシーを重視し、ユーザーのデータを収集しない検索エンジンを提供してきたが、Googleと比べると、まだ小さい。

2007年、マサチューセッツ工科大学(MIT)で技術政策の修士号を取得して数年後、すでにソーシャルネットワーキングのスタートアップであるOpoboxを1000万ドルで売却していたワインバーグは、新しい趣味に挑戦することを決意した。

クラスの先生は、ステンドグラスの制作について詳しく知るために最適なウェブサイトをプリントアウトしたものを配った。ワインバーグがグーグルで情報を検索しようとしたところ、お勧めのサイトはどれもトップの結果に出てこなかった。

この紙をきっかけに、特定のテーマに関する権威あるURLを投稿できるクラウドソーシングサイト「I've Got a Fang」が誕生した。フィラデルフィアに住むワインバーグは、人々の頭の中から得られる知識は、Googleのアルゴリズムよりも優れたものになると信じていた。

「I've Got a Fang」は失敗に終わった。ワインバーグはこのアイデアを別の失敗した副業の名残と組み合わせた。その副業である「Tldscan」は、構造化された情報をクロールしてウェブに公開する一連のウェブサイトでした。現在アーカイブされている2010年のブログ記事では、ワインバーグは、彼がTldscanから1日あたり5万人の訪問者と500ドルの収益を得ていたことを書いている。「その後、Googleは私のサイトのすべてをブラックリストに載せた」と彼は書いている。

創設者のガブリエル・ワインバーグ. Image by Youtube Uploaded by: FoundersFilms, Sep 30, 2015

I've Got a Fangの人間的な専門知識と、有益な情報を表面化させるTldscanの努力の組み合わせが、1年後の2008年9月に立ち上げたDuckDuckGoの重要な柱となった。最初のきっかけは、検索において、より良いユーザー体験があるのではないかということだった。

当初、ワインバーグはウェブをクロール、インデックス、ランク付けするために必要な技術を自分で構築し始めたが、ヤフーがBOSS(Build Your Own Search Service)と呼ばれるサービスを導入したのを機にそれを止めた。これを利用して、彼はYahoo! の検索結果を洗練させ、その上に追加サービスを追加することに注力した。今日、DuckDuckGoは400以上のソースからのデータを検索結果に組み合わせている。MicrosoftのBingが主に関連ページの検索に使用されているが、Wikipedia、Apple Maps、TripAdvisor、そしてDuckDuckGo独自のウェブクローラーも貢献していた。DuckDuckDuckGoが検索結果と一緒に表示する「インスタントアンサー」のスニペットには、1,000以上の異なるソースがあった。

検索会社が独自のセールスポイントを打ち出したのは2010年になってからだ。同社は、IPアドレス情報を捨て、検索した内容の詳細を保存しないことを約束した。ただし、当初は、プライバシーが主な関心事ではなかった。

2010年4月には、サイトの検索クエリは1日に3万から4万件程度に過ぎなかった。ワインバーグ氏は2011年まで最初の正社員を雇っておらず、それまではDuckDuckGoを立ち上げた翌年に生まれた最初の子供のために専業主婦をしていました。初期の投資家ミーティングでは、ウェブカメラの中で2人目の子供を抱っこしていたという。同社は2011年にユニオン・スクエア・ベンチャーズが主導するシリーズAラウンドで300万ドルを調達した。

DuckDuckGoの真の躍進は、エドワード・スノーデンのおかげだ。元NSAの契約者であったエドワード・スノーデンは、2013年に爆発的な政府監視の暴露を行い、英米のスパイ機関が使用したデータソースの中にGoogleが含まれていたことを明らかにした。人々はプライバシーを優先した代替手段を求めることに新たな関心を持ち、DuckDuckGoの1日の検索クエリは1日150万件から1年の間に410万件にまで膨れ上がった。

当時、Googleから乗り換えた多くの人は、新しい検索エンジンが提供する体験に満足していなかったはずで、多くの人がすぐに乗り換えたと思われる。ウェインバーグによると、DuckDuckGoがシリコンバレーのライバルに本格的に対抗できるようになったのは2014年になってからだという。10人目の従業員を雇用し、大規模なサイトの再設計でニュース、ビデオ、画像の各分野を統合し、iOS上のAppleのSafariブラウザに代替検索エンジンのオプションとして含まれるようになる。

DuckDuckGoが最初の利益を上げたのは2014年のことで、それ以来利益を上げており、同社は2020年に初めて1億ドルの収益の壁を突破すると予測している(これはCovid-19パンデミックの影響を受ける可能性があると考えられている)。

それは、Googleと同じ方法である広告を介してそのお金を作る。ユーザーが検索結果と一緒に表示される広告をクリックするたびに、同社は少量のお金を持ち帰る。しかし、違いは、DuckDuckGoが、Googleが四半期ごとに数十億ドルを稼ぐのに役立つデータ量の多い行動広告ではなく、ほとんどユーザーのデータを必要としないコンテクスト広告を使用していることだ。

コンテクスト広告は、ユーザーが行った検索に基づいてユーザーに表示される。それだけだ。DuckDuckGo「Mercedes」と検索すると、そのページに車の広告が表示される。しかし、Googleが「Mercedes」と検索すると、車の広告はページの外やウェブ上を追いかけてくる。広告がクリックされるたびに、その人が購入する可能性が高くなるので、行動広告ははるかに有利だ。ユーザーがクリックする可能性が最も高いものを知る上でのGoogleの専門知識は、Facebookのそれに匹敵している。

拡大するDuckDuckGoのトラフィック. Via WikimediaCommons.

プライバシー問題に対する人々の意識の高まりが、DuckDuckGoの成長を後押しし続けている。スノーデンの暴露と同様に、2018年のケンブリッジ・アナリティカのスキャンダルは、DuckDuckGoを主流に押し上げた。同じ頃、同社はウェブトラッキングを停止するデスクトップブラウザの拡張機能と、AndroidとiOS向けの独自のモバイルウェブブラウザを発表した。

その累積効果は大きかった。The Observerがケンブリッジ・アナリティカについて初めて報道した2018年3月17日には、1700万件のDuckDuckGo検索が行われ、ちょうど2年後には5700万件の検索が完了した。DuckDuckGoのキーユーザーは、プライバシーを気にし、それに基づいて行動しようとする人々であると考えられる。

プライバシー配慮型ブラウザに切り替える時が来た
広告業者のトラッキング(追跡)は手に負えません。それらを抑制するブラウザを使用して、あなたのプライバシーを保護しましょう。ブラウザ戦争には、ユーザーのプライバシーという新たな戦場が存在します。
ターゲティング広告を成立させるトラッキング(追跡)の仕組み
インターネット広告が利用者をターゲティングをするためには、ユーザー行動を追跡(トラッキング)しないといけません。現在Webでの追跡は主にCookie、Appでは識別子ベースの追跡が実行されています。

参考文献