ランダル・E. ストロスの著書『eボーイズ―ベンチャーキャピタル成功物語』では、シリコンバレーのベンチャーキャピタル業界の活気に満ちた世界に足を踏み入れ、ベンチャーがどのように支援され、構築され、 売却し、創設者やベンチャーキャピタリストを想像を超えるほど豊かにしたのかを説明します。

ベンチャーキャピタルのメッカは、長い間、カリフォルニア州メンロパークのサンドヒルロードでした。そこでは、数十の企業が身を寄せ合って静かに、しかし効果的に活動しています。 1995年、業界の2人の"退役軍人"であるBruce DunleavieとAndy Rachleffは、独自の会社であるベンチマークを設立することを決定しました。彼らの目標は、「基本的に異なるアーキテクチャ」を持ち、トップに誰もいない会社を作ることでした。

ベンチャーキャピタリストのボブ・ケイグルとテクノロジーセクターのケビン・ハーベイの2人のパートナーを加え、テクノロジーを中心に非常に成功したエグゼクティブサーチビジネスを構築してきたデビッド・ビアーンを招きました。

ベンチマークは、「共産主義者的資本主義」と呼ばれる、平等さを基調に構成された組織で、テクノロジー分野全般、特にインターネット企業に焦点を合わせていました。これらの男性は、適切なタイミングで適切な場所にいましたが、彼らの前にある状況を利用するための頭脳と勇気もありました。何千ものビジネスプランが共同のデスクに差し出されましたが、彼らは毎年わずかな投資のみを行いました。彼らはすべてのパートナーが同意した場合にのみ投資するという流儀を身に着けたのです。

ストロスはグループの話し合いに参加し、どの企業を支援するかを決定する際の思考プロセスの目撃しています。たとえば、会社がインターネットでフリーマーケットを運営することを提案した未知の企業に数百万ドルを投資することを検討した。しかし、パートナーたちは最終的に1998年にeBayに670万ドルを投資しました。会社が1998年9月に上場したとき、ベンチマークの株式は4億ドルの価値がありました。

ルイス・ボーダーズが書店チェーンを大手小売企業に売却した後、食料品を販売するだけでなく、配達サービスも提供するインターネットサイトを作成することを決定しました。ベンチマークはボーダーズに初期投資を提供しましたが、これは非常に成功した投資です。

ベンチマークのパートナーは、各ポートフォリオ企業に密接に関与し、創業者と話し、戦略、採用、実行について彼らに助言しました。彼らは会社の役員会に参加し、トップマネジメントチームの選出を支援し、会計士、弁護士、広告代理店などの外部アドバイザーを選出し、さらには倉庫や流通センターの場所の選択を支援しました。ベンチマークのパートナーが、その過程で生み出した莫大なリターンよりも、ポートフォリオ企業の成功について誇りを感じている、と想像することができます。

ベンチマークのパートナーは、プライベートジェットで飛び回る生活や美術品の収集には興味がないようです。彼らは、彼らが蓄えた富が彼らの子供に与えるかもしれない影響について懸念を表明します。彼らはまた、彼らのポートフォリオ企業の多くの市場評価が、論理が指示するよりも高いことが多いという事実を健全に認識しています。パートナーたちのカレンダーは、新しいビジネスプランを見て回ったり、新しい起業家と出会ったり、新しい取引を検討したりするのと同じように、永続的に循環しているのです。