書評: eボーイズ―ベンチャーキャピタル成功物語

本書は、シリコンバレーのベンチャーキャピタル業界の活気に満ちた世界に足を踏み入れ、ベンチャーがどのように支援され、構築され、 売却し、創設者やベンチャーキャピタリストを想像を超えるほど豊かにしたのかを説明します。

書評: eボーイズ―ベンチャーキャピタル成功物語

ランダル・E. ストロスの著書『eボーイズ―ベンチャーキャピタル成功物語』では、シリコンバレーのベンチャーキャピタル業界の活気に満ちた世界に足を踏み入れ、ベンチャーがどのように支援され、構築され、 売却し、創設者やベンチャーキャピタリストを想像を超えるほど豊かにしたのかを説明します。

ベンチャーキャピタルのメッカは、長い間、カリフォルニア州メンロパークのサンドヒルロードでした。そこでは、数十の企業が身を寄せ合って静かに、しかし効果的に活動しています。 1995年、業界の2人の"退役軍人"であるBruce DunleavieとAndy Rachleffは、独自の会社であるベンチマークを設立することを決定しました。彼らの目標は、「基本的に異なるアーキテクチャ」を持ち、トップに誰もいない会社を作ることでした。

ベンチャーキャピタリストのボブ・ケイグルとテクノロジーセクターのケビン・ハーベイの2人のパートナーを加え、テクノロジーを中心に非常に成功したエグゼクティブサーチビジネスを構築してきたデビッド・ビアーンを招きました。

ベンチマークは、「共産主義者的資本主義」と呼ばれる、平等さを基調に構成された組織で、テクノロジー分野全般、特にインターネット企業に焦点を合わせていました。これらの男性は、適切なタイミングで適切な場所にいましたが、彼らの前にある状況を利用するための頭脳と勇気もありました。何千ものビジネスプランが共同のデスクに差し出されましたが、彼らは毎年わずかな投資のみを行いました。彼らはすべてのパートナーが同意した場合にのみ投資するという流儀を身に着けたのです。

ストロスはグループの話し合いに参加し、どの企業を支援するかを決定する際の思考プロセスの目撃しています。たとえば、会社がインターネットでフリーマーケットを運営することを提案した未知の企業に数百万ドルを投資することを検討した。しかし、パートナーたちは最終的に1998年にeBayに670万ドルを投資しました。会社が1998年9月に上場したとき、ベンチマークの株式は4億ドルの価値がありました。

ルイス・ボーダーズが書店チェーンを大手小売企業に売却した後、食料品を販売するだけでなく、配達サービスも提供するインターネットサイトを作成することを決定しました。ベンチマークはボーダーズに初期投資を提供しましたが、これは非常に成功した投資です。

ベンチマークのパートナーは、各ポートフォリオ企業に密接に関与し、創業者と話し、戦略、採用、実行について彼らに助言しました。彼らは会社の役員会に参加し、トップマネジメントチームの選出を支援し、会計士、弁護士、広告代理店などの外部アドバイザーを選出し、さらには倉庫や流通センターの場所の選択を支援しました。ベンチマークのパートナーが、その過程で生み出した莫大なリターンよりも、ポートフォリオ企業の成功について誇りを感じている、と想像することができます。

ベンチマークのパートナーは、プライベートジェットで飛び回る生活や美術品の収集には興味がないようです。彼らは、彼らが蓄えた富が彼らの子供に与えるかもしれない影響について懸念を表明します。彼らはまた、彼らのポートフォリオ企業の多くの市場評価が、論理が指示するよりも高いことが多いという事実を健全に認識しています。パートナーたちのカレンダーは、新しいビジネスプランを見て回ったり、新しい起業家と出会ったり、新しい取引を検討したりするのと同じように、永続的に循環しているのです。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)