スタートアップ

スタートアップ(新興企業)とは、起業家がスケーラブルなビジネスモデルを求め、開発し、検証するために行う会社やプロジェクトのことです

シリコンバレーが監視ビジネスに参入[英エコノミスト]

監視

シリコンバレーが監視ビジネスに参入[英エコノミスト]

9月上旬、ニューヨーカーたちは、自分たちのパーティーの周りをうろつく歓迎されないゲストに気づいたかもしれない。労働者の日の週末を前に、ニューヨーク警察(NYPD)は、裏庭での集まりを含むお祭りに関する苦情を調査するためにドローンを使用すると発表した。偵察用ドローンは米国ではますます一般的になっている。ノースウェスタン大学ロースクールの研究者による最近の調査によると、現在、警察の約4分の1がドローンを使用しているという。 さらに驚くべきは、その技術がどこから来ているのかということだ。NYPDのサプライヤーのひとつであるシリコンバレーのSkydioは、人工知能(AI)を使ってドローンを簡単に操縦できるようにし、警察官がほとんど訓練を受けずにドローンをコントロールできるようにしている。Skydioは、ベンチャーキャピタル(VC)大手のアンドリーセン・ホロウィッツと同業のアクセルが支援している。NYPDは、窓を突き破ることができる暗視カメラを搭載した飛行マシンを製造している別の新興企業、Brincからも調達している。ChatGPTを開発した新興企業OpenAIのサム・アルトマン

By エコノミスト(英国)
孫正義氏のリスク傾倒が再発か:太客サウジに利益供与で新ファンド組成を画策

日本

孫正義氏のリスク傾倒が再発か:太客サウジに利益供与で新ファンド組成を画策

ソフトバンクグループ(SBG)がビジョンファンドのArm株を買い上げて、世界中で投資攻勢を進めるサウジへ利益供与すると取り沙汰された。新ファンド組成の布石になるかもしれないが、SBGは生命線のキャッシュを失う。孫正義氏好みのリスキーな戦略のように見える。

By 吉田拓史
ソフトバンクGのシュレーディンガーの猫:ブラックボックスの中の未上場ユニコーンは無事か?

マーケット

ソフトバンクGのシュレーディンガーの猫:ブラックボックスの中の未上場ユニコーンは無事か?

ソフトバンクグループ(SBG)の命運は、ブラックボックスの中にある数多の未上場株次第だ。同社が買い漁ったユニコーンは生きているのか。これは「観測するまで事象の状態は決定されない」という「シュレーディンガーの猫」を想起させるものだ。

By 吉田拓史
中国は数百の新たなユニコーンを育てている

中国

中国は数百の新たなユニコーンを育てている

グレーター・ベイ・テクノロジー(巨湾技研)の神話的な獣への変貌は、スピーディーなものだった。リチウム電池の超高速充電に特化したこのスタートアップは、2020年末に立ち上げられた。そのわずか19カ月後には、評価額が10億ドルに達し、ユニコーン(評価額が10億ドル以上の未上場企業)に認定された。このような企業は、中国ではるかに一般的になりつつある。巨湾技研も2022年には300社以上のユニコーンに加わり、その数は5年前の2倍となった。このような新しいユニコーンは、中国の産業の優先順位が変化していることを示す興味深いスナップショットを提供している。 そのため、このリストは常に変化している。上場したり、価値が下がったりして転落していく企業もある。最も有望な企業も、規制上の問題に遭遇して立ち行かなくなる。例えば、フィンテック大手のアント・グループの新規株式公開(IPO)は、2020年に規制当局の圧力で土壇場で頓挫した。その評価額は、失敗した株式公開前の3,000億ドル以上から640億ドル程度まで落ち込んだと言われている。一方で、勢いを増している企業もある。北京に本社を置くバイトダンスは、

By エコノミスト(英国)
2018年以降の米VCセコイアのファンドの半数がカリフォルニア大学の基金に損失を与えている

スタートアップ

2018年以降の米VCセコイアのファンドの半数がカリフォルニア大学の基金に損失を与えている

カリフォルニア大学(UC)の280億ドルの基金が2018年以降、セコイア・キャピタルのファンドに8億ドル以上を投資したが、米ビジネス・インサイダーが公文書公開請求で入手したデータによると、これらの投資の半分が投資時の価値を下回っているという。

By 編集部