スタートアップ

スタートアップ(新興企業)とは、起業家がスケーラブルなビジネスモデルを求め、開発し、検証するために行う会社やプロジェクトのことです

吉田拓史
無料会員 公開

「資本は増えども優れたスタートアップは増えず」 ベンチャー投資ブームの真相

未曾有のベンチャー投資ブームが巻き起こった2022年。当時もてはやされたスタートアップが20ヶ月の「生存資金」を確保しようと汲々としている。お金はすべてを解決しなかったのだ。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

シリコンバレーの大淘汰

サンフランシスコのダウンタウンにある賑やかな通りに、オンラインショップ向け決済ソフトウェア企業、Fastの旧本社がある。オフィスは静かな佇まいで、窓の一つには「貸し出し中」の看板が掲げられている。経営陣の派手な習慣とは一線を画している。昨年、東海岸の拠点にフロリダ州タンパを据えたと発表したイベントでは、ジェットスキーのバク転や米国最大のモーターレース「NASCAR」のレース場直送のピックアップトラックのような豪華な演出が施された。Fastは、投資家の鼓動も高めた。クライナー・パーキンスやインデックス・ベンチャーズなど、シリコンバレーで最もシャープなベンチャーキャピタル(VC)から、2019年から2021年にかけて1億2,500万ドルを調達している。そして4月、資金を使い果たし、新たな資本に飢えたFastは、倒産した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国における「ベンチャーキャピタル産業複合体」の台頭

武漢市のハイテク開発区は、3月に地元政府が100億元(15億ドル)の投資ビークルの設立を発表して以来、騒がしくなっている。産業投資基金である「光学・バレー・ハイテク・ベンチャーキャピタル指導基金」は、民間資本のアニマルスピリットと国家の産業目標を結びつけることを目的としている。同基金の総経理であるLi Yang氏は、5月末に国営メディアに対し、80以上のプライベート投資家が正式な提案を提出したと述べた。このうち10件はすでに承認される方向にある。

吉田拓史
無料会員 公開

過酷な競争にさらされるVCが新興企業の最初期に殺到

過当競争と公開市場の不振にさらされたベンチャーキャピタル(VC)は、新興企業の最初期の段階に投資しようという動きを活発化させている。これまで楽園のようだったアーリーステージで競争の強度が高まることは間違いないだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ユニコーンがケンタウロスに追い抜かれるとき - ライオネル・ローラン

市況の変化がユニコーンの地位を落とし、経常収益1億ドル以上の非上場企業ケンタウロスを台頭させた。即時に大金を儲ける夢は潰え、実際に利益を出すという苦難の道へと向かっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

日本の最新ユニコーンはタイのモバイルペイメント企業

日本に拠点を置くOpnは政府系金融機関などから資金調達し、ユニコーンの勲章を手に入れた。海外市場での株式公開を視野に入れ、存在感を高める。長期的には約36カ国に拡大予定。

ブルームバーグ
無料会員 公開

10兆円規模の日本のスタートアップ振興のカギは税制改革

自民党のスタートアップに関するグループのトップである平井卓也氏は「お役所仕事」の緩和を訴え、税性格を求めている。日本政府は5年間で投資を10倍にすることを目指している。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

スタートアップ創出のために膨大な年金基金を活用する日本

日本の低調なスタートアップ業界にとって、年金基金の資金を投入することは、特効薬になりうる。アーリーステージの新興企業に資金を投入することは、岸田文雄首相の「新しい資本主義」政策の一部となった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

高騰するベンチャーキャピタルの報酬への厳しい視線 - シュリ・レン

ここ数日、著名なベンチャーキャピタル(VC)ファンドが投資先企業に対する生き残り策を打ち出している。新興企業の創業者にベルトを締めるよう求めるのは健全なアドバイスだが、VCの巨頭が投資家から自らの報酬も減らすよう促されるのはいつなのか、考えてみる価値がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国のVCの冬はまだ終わらないと警告するテック業界のトップディールメーカー

中国の新興企業は2022年以降も投資を呼び込むのに苦労するだろう、と同国で最も成功したディールメーカーの1人が述べ、長年にわたる金融緩和で世界のハイテク企業が清算されることへの警告の声を強めている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国、第1四半期のベンチャー投資が大幅減

今年1〜4月の国内のベンチャー案件の取引額は、前年同期比44%減の247億ドルに急落した。これは、米国の減少率のほぼ2倍で、世界的な減少のほぼ4倍のペースである。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

米決済新興企業ボルトが荒々しい方法で築いた110億ドルの企業価値

破竹の勢いで評価額110億ドルに到達した米決済新興企業のボルト。しかし、若干27歳のライアン・ブレスロウは突然CEOを退任。一部の投資家は持ち株の売却を検討しており、顧客はボルトの技術に疑問を抱いている。