スタートアップ

スタートアップ(新興企業)とは、起業家がスケーラブルなビジネスモデルを求め、開発し、検証するために行う会社やプロジェクトのことです

吉田拓史
無料会員 公開

2021年が南米のベンチャーエコシステムにとって飛躍の年となった理由

データ提供会社のCB Insightsによると、南米では2021年に200億ドル以上のベンチャーキャピタルが952件の案件に投入され、2019年の約4倍になっています。2015年以降の投資額は10倍以上に増加しており、これはアジアやヨーロッパ、米国よりも速いスピードです。

Financial Times
無料会員 公開

【FT】日本のIPOの急増はベンチャーキャピタル文化の欠如を意味する

12月のIPOラッシュに象徴されるように、日本の新興企業は上場する以外の選択肢がほとんどないことが大きな問題だ。日本では、大企業以外のベンチャーキャピタルが長期的に存在しないため、上場するかどうかの判断ができない。

吉田拓史
無料会員 公開

Yコンビネータの出資サイズ4倍増が競合投資家の不安を煽る

Yコンビネータが投資額を4倍に増やしたことで、競合するアーリーステージ投資家はYCがそれ以降のラウンドで彼らを締め出すことにつながる可能性が高いと想定している。

吉田拓史
無料会員 公開

2021年の世界のベンチャー投資額、前年比2倍の74兆円

2021年の世界のベンチャー投資額は驚異の6,430億ドル(74兆7,300億円)に達した(Crunchbase調査)。2020年の3,350億ドルと比べ92%の成長。10年前の10倍以上に増加した。

吉田拓史
無料会員 公開

ベンチャーキャピタルの終わりの始まり

過去数十年間テクノロジー産業を牽引してきたベンチャーキャピタル(VC)の枠組みが、ヘッジファンドのベンチャー投資への本格参入によって崩れようとしている。今度はVC側がその殻を脱ぐターンのようだ。

吉田拓史
無料会員 公開

老舗セコイアがVCファンドのモデルを放棄

世界で最も歴史があり、最も成功しているベンチャーキャピタル(VC)の1つであるセコイア・キャピタルが、上場企業の株式も保有し、10年というククリを外し、いつでも資金を出し入れできる、従来のVCとは完全に異なるファンド構造に転換した。

吉田拓史
無料会員 公開

関西のスタートアップエコシステム Axion Podcast #76

今回は関西のスタートアップ起業支援NPOの生態会の西山裕子 @hirorin_happy さん、近藤協汰さんに来てもらい、関西のスタートアップ事情について聞きました。

吉田拓史
無料会員 公開

名古屋のスタートアップエコシステム Axion Podcast #66

名古屋方面より匿名希望の方を招いて、名古屋のスタートアップエコシステムについて話してもらいました。

吉田拓史
無料会員 公開

スタートアップ工場のイスラエル Axion Podcast #56

イスラエルのスタートアップエコシステムは、パンデミックにもかかわらず、記録的な資金調達を行い、2020年には19のIPOを生み出しました。人口900万人の国から毎年雨後の筍のように新興企業が登場する背景を話しました。

吉田拓史
無料会員 公開

Patreonが9000万ドル調達、企業価値は12億ドル

ミュージシャンなどのクリエイターがファンとつながることを可能にする会員制プラットフォームPatreon(ペイトリオン)が、投資家から9000万ドルの資金調達を行い、その価値は12億ドル以上になったと同社関係者が語った。

吉田拓史
無料会員 公開

優良投資家としてのテンセント Axion Podcast #27

テンセントは株主総利回り(TSR)が非常に高く、これを活かし、世界中に投資ネットワークを広げている。テンセントが5%以上の株式を保有する企業の時価総額の合計が現在5,000億ドル(約52.5兆円)を超えている。投資するユニコーンの数は10兆円のVCファンドを運営するソフトバンクグループを凌いでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

ユーザーをハックすることがプロダクト成功の秘訣という「落とし穴」 Axion Podcast #16

プロダクトマネジャーがコンシューマインターネット製品のリテンションレート(継続率)を上げようとするとき、「ユーザーをハックする」のが最も効果的だ。ユーザーにとっては好ましくない事態だ。