米民主党議員、デジタルキャッシュの大規模試験を提案

Stephen Lynch議員(民主党)が先週、提出した「Electronic Currency and Secure Hardware (ECASH) Act」(ECASH法)は、財務長官に米ドルの「電子版」を公的にテストするよう指示するもの。この法案の成立確率は低いままだが、暗号通貨に代わる通貨を発行することに対する各国政府の関心が高まっている

米民主党議員、デジタルキャッシュの大規模試験を提案
Stephen Lynch議員(民主党)が先週提出した「Electronic Currency and Secure Hardware (ECASH) Act」(ECASH法)は、財務長官に米ドルの「電子版」を公的にテストするよう指示するものだ。


米国のある議員が、政府が支援するデジタルキャッシュの大規模な試験を提案した。Stephen Lynch議員(民主党)が先週提出した「Electronic Currency and Secure Hardware (ECASH) Act」(ECASH法)は、財務長官に米ドルの「電子版」を公的にテストするよう指示するものだ。この法案の成立確率は低いままだが、暗号通貨に代わる通貨を発行することに対する各国政府の関心が高まっていることを示すものだ。

ECASH法は、財務長官に電子通貨革新プログラム(ECIP)と呼ばれるプログラムの設立を義務付けるものだ。ECIPは、この法案が「e-cash」について一連のパイロットプログラムを監督することになる。ECIPは、銀行やクレジットカード会社といった民間の仲介者なしに利用できる、財務省発行の法定通貨「e-cash」の一連のパイロットプログラムを監督する。財務省は法案成立後90日以内に試験運用を開始し、4年以内に一般市民にe-cashを普及させる予定である。

法案は4年以内に中央銀行デジタル通貨の"一般展開 "を求めている

デジタル・ドル」はしばしばビットコインのようなブロックチェーン・ベースの暗号通貨と混同されるが、ECASH法はその技術の利用を思いとどまらせているように見える。e-cashは「最小限の取引データ生成特性」を持つとされている。これは、取引を公に記録する暗号通貨システムにとっては無理な注文であり、「共通または分散台帳」によって検証されないピアツーピアの送金が可能になると考えられている。また、送金には中央政府のシステムや決済処理会社による追加の検証を必要としないが、銀行などの既存の機関との連携は必要だろう。このアイデアは、現金の高いプライバシー、使いやすさ、手数料や処理のハードルの低さを模倣するものだ。

Lynchの法案は、他の民主党議員4人が共同提案し、可決後180日以内に少なくとも3回の早期概念実証テストを行うことが要求されている。これらのテストは、大学や既存の金融機関と提携して実施される可能性があり、さまざまな技術を試すために設計されている。少なくとも1つのテストでは、現金を保管できる物理的なカードが必要であり、もう1つは携帯電話やSIMカードに資金を保管する必要がある。これらの初期テストに続いて、48ヶ月以内に限定公開テストと "一般展開"が行われる予定だ。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

e-cashは連邦準備制度のデジタルドル計画に取って代わるものではない

リンチの法案は、米国の「デジタルドル」に対する既存の幅広い関心に基づくものである。連邦準備制度理事会は今年初め、デジタル通貨に関する予備報告書を発表し、現在の銀行システムでは恩恵を受けられない米国人に利益をもたらす可能性があることを示唆した。最近では、バイデン政権が暗号通貨に関する大統領令の中で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を行動指針の1つに掲げている。米国以外の多くの政府は、すでにデジタル通貨を模索していた。中でも欧州委員会は2023年に「デジタルユーロ」を提案する予定であり、中国は「デジタル人民元」のパイロットプログラムを継続的に展開している。

この法案では、e-cashはCBDCとは別物であり、連邦準備制度の可能性に取って代わるものではない、と明記されている。e-cashは、暗号通貨の性質も持たない。取引を追跡する中央台帳や分散台帳は存在しない。このため匿名性は保たれるが、デジタルキャッシュを保持するデバイスやカードが紛失した場合、ユーザーのデジタルキャッシュは失われることになる。「このシステムは、軍人のためのデジタルマネー・ストレージ・カードであるEagleCashのような、既存の財務省の現金代替システムを基礎とするものである」と文書では説明されている。

その目的は、バイデン政権の他のプログラムを「補完し、前進させる」一方で、アメリカ人の携帯電話や財布に簡単なデジタル通貨システムを導入することだ。「現金は、プライバシーとセキュリティを維持しながら、金融包摂を促進するための最強のツールであり続けている」とガルシア下院議員は声明で述べている。「新しいデジタルツールは、それに代わるものではなく、それを模倣するものであるべきだ」

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)