フィンテック

金融テクノロジー(略称:フィンテックまたはフィンテック)とは、金融サービスの提供において、従来の金融手法に対抗することを目的とした技術やイノベーションのことである。 テクノロジーを利用して金融の活動を改善する新興産業のことである。 スマートフォンを利用したモバイルバンキング、投資、借入サービス、クリプトカレンシーなどは、金融サービスをより一般の人々に身近なものにすることを目的としたテクノロジーの一例である[3]。金融テクノロジー企業には、既存の金融会社が提供する金融サービスの利用を代替・強化しようとする新興企業と既存の金融機関、テクノロジー企業の両方があります。

吉田拓史
無料会員 公開

CBDCを使用した中国の国際送金網が米金融覇権を揺るがす

中国が主導するデジタル通貨ベースの国際送金プラットフォームは、ほぼリアルタイムの取引を実現し、クロスボーダー決済のコストを削減できたという試験結果を発表した。米国の経済覇権の柱の一つであるSWIFTの牙城が揺らいでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

血の海と化したフィンテック

昨年、我が世の春を謳歌したフィンテック新興企業の評価が公開市場と非上場市場の双方で崩壊している。米国の利上げ観測が確実味を増す中、新手の「消費者金融」は生き残りの試練にさらされることとなった。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アジアは単一通貨ではなく最新の国際決済システムを模索するべき - Andy Mukherjee

シンガポール、マレーシアからタイ、インドネシア、フィリピンまで、東南アジアの国々は2025年までに多国間決済ネットワークを構築したいと考えている。すでに顧客は携帯電話のアプリを利用してリアルタイムにクレームを解決しているが、それはローカルマーケットに限定されたものだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アリペイとウィーチャットペイの危機 - Andy Mukherjee

アリペイとウィーチャットペイの中国小売決済における支配は、過去10年にわたり、QRコードによって普及したものである。しかし、デジタル人民元が今、彼らの堀を崩し始めるかもしれない。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

デジタル人民元は中国にドル迂回の手段を提供する

最近の軍事訓練で、中国は「反逆の省」と見なす台湾への侵攻をシミュレートしている。8月にアメリカのナンシー・ペロシ下院議長が台北を訪問して以来、中国のブロガー、評論家、政治家は戦争の話で頭がいっぱいだ。 北京の金融当局も、間違いなく紛争に備えていた。アメリカとその同盟国がロシアの銀行に対して厳しい制裁を課し、そのうちの7行をベルギーに拠点を置く決済用メッセージングネットワークである国際銀行間通信協会(SWIFT)から追い出すのを、彼らは落胆して見ていた。中国が台湾に侵攻すれば、同様の措置がとられ、海外での中国の銀行活動は凍結されるかもしれない。台湾をめぐる銃撃戦では、どちらが勝つか誰にも分からない。金融戦争では、アメリカの勝利は確実と思われる。 中国のドル依存は、長い間、北京の不満の種であった。ドルへの依存は、制裁に対する中国の脆弱性を高めるだけでなく、アメリカのマクロ経済的な気まぐれに中国をさらすことになる。多くの政府関係者にとって、世界最大の輸出国であり公的債権者である自国が、世界最大の輸入国であり借り手である米国の通貨にこれほど大きく依存するのは、不自然なことである。この

吉田拓史
無料会員 公開

インドとブラジルのスマホ決済が日本を圧倒した理由

日本のスマホ決済はインドとブラジルに完敗している。日本が大きな遅れを取り戻す最も効果的な術は、インドとブラジルが中国を参考に築き上げたベストプラクティスを模倣することだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

クラーナの決算報告は苦境に陥ったBNPL企業の試金石になる

後払い決済(BNPL)のクラーナは先月、その高価な世界的成長ぶりに一部の投資家が恐れをなし、史上最も劇的な「ダウンラウンド」を経験した。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ビザとマスターカードの二社独占は解体可能か?

ビザとマスターカードの二社独占は、アメリカの消費者と小売業者にとって大きな負担となっており、彼らが抱える不満に応えようとするフィンテック新興企業や連邦準備銀行(FRB)、デジタル通貨の脅威にさらされている。

編集部
無料会員 公開

インドネシアでSteam、Epic Games、PayPalなどへのアクセスが禁止に

インドネシア政府は、Steam、Epic Games、PayPal、Yahooなど、さまざまなオンラインサービスへのアクセスをブロックした。

吉田拓史
無料会員 公開

インドの先進的なデジタル決済が国際送金をディスラプトする

インドのデジタル決済のバックボーンを構築した公的機関が国際送金に参入する見込みだ。恐ろしくローテクなクロスボーダー取引システムに対して、新たなハイテクなライバルが登場しようとしている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インドがBNPLを好まない理由 - アンディ・ムカルジー

インド中銀は、比較的少額の融資であるにもかかわらず、オンライン即時ローンの普及に伴うリスクが大きすぎると考えている。

吉田拓史
無料会員 公開

四面楚歌のBNPLは生き残れるか?

パンデミックのブームが去り、BNPL(後払い決済)は四面楚歌の状態にある。債務不履行の高まりやインフレによる需要の減退が、BNPL企業の収益性を圧迫する中、企業価値は落ちるナイフのようだ。