フィンテック

金融テクノロジー(略称:フィンテックまたはフィンテック)とは、金融サービスの提供において、従来の金融手法に対抗することを目的とした技術やイノベーションのことである。 テクノロジーを利用して金融の活動を改善する新興産業のことである。 スマートフォンを利用したモバイルバンキング、投資、借入サービス、クリプトカレンシーなどは、金融サービスをより一般の人々に身近なものにすることを目的としたテクノロジーの一例である[3]。金融テクノロジー企業には、既存の金融会社が提供する金融サービスの利用を代替・強化しようとする新興企業と既存の金融機関、テクノロジー企業の両方があります。

吉田拓史
無料会員 公開

アントグループ、国有資産管理会社が撤退して再編に暗雲

アリババ創業者ジャック・マーが率いるアントグループは、政府主導の再編が頓挫しました。国有資産管理会社が、アントの消費者金融部門への投資契約を突然撤回したためです。

吉田拓史
無料会員 公開

ナイジェリア、デジタル通貨を導入

10月下旬、ナイジェリアは独自のデジタル通貨eNairaをリリースした。新興国が先進国を追い越すリープフロッグの新しい例となったが、まだ確実な運用が行われるか確信は得られていない。

吉田拓史
無料会員 公開

韓国カカオペイが上場後2.5倍に急騰

韓国で最も人気のあるモバイル決済アプリであるカカオペイは11月3日、上場を遂げ、株価は2倍以上に急騰した。同社はジャック・マーの率いるアント・グループのマイノリティ出資を受けている。

吉田拓史
無料会員 公開

ブラジルのNuBankが南米過去最大の500億ドル上場へ

ブラジルのフィンテック企業NuBankが南米企業過去最大級の500億ドルの米上場を申請した。硬直的な既存銀行業界とモバイルインターネット、金融サービスから阻害された大勢の人々と同社がさらに成長する余地は十分にある。

吉田拓史
無料会員 公開

ブラジル中銀主導のモバイル決済が大成功

ブラジル中銀が展開するモバイルペイメント基盤Pixは、開始から11カ月で一億人に迫るブラジル人に行き渡った。インドに次ぐ政府主導型のモバイルペイメントの成功例となりそうだ。

吉田拓史
無料会員 公開

Stripeが自動リコンサイル企業Reckoを買収

22年の株式公開に向けて事業多角化

吉田拓史
無料会員 公開

ロビンフッドの仮想通貨への危険な賭け

株式投資にゲーミフィケーションと低コスト取引をもたらしたロビンフッドは、今度は仮想通貨ビジネスに賭けている。ただ、まだ何もかもが未整備の仮想通貨市場では、顧客を過剰なリスクに晒す製品に化ける可能性もある。

吉田拓史
無料会員 公開

インドでフィンテックの帝王が誕生

中国のアントグループが解体・国営化に向かう中、インドから次の世界のフィンテックの帝王となる新興企業PhonePeが台頭した。PhonePeとその誕生の基礎を作ったインド政府の政策は先見性があり、称賛されるべきものだ。

吉田拓史
無料会員 公開

アントグループの解体・国営化が進展

アントグループが運営する金融サービスのスーパーアプリである「アリペイ」の解体・国営化が進んでいる。アリペイが築いた金融における広大な版図は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を提供する中銀と国営企業のものになろうとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

韓カカオバンクIPO 時価総額3兆円でレガシー金融の2倍

利用者1,615万人、口座振替額7.8兆円

吉田拓史
無料会員 公開

史上空前のフィンテックブーム

Q2で記録的308億ドルを調達

吉田拓史
無料会員 公開

みんなの銀行はレガシー金融のゲームチェンジャー

世界的なデジタル化の潮流に乗り遅れる日本