Tagged

FinTech

金融テクノロジー(略称:フィンテックまたはフィンテック)とは、金融サービスの提供において、従来の金融手法に対抗することを目的とした技術やイノベーションのことである。 テクノロジーを利用して金融の活動を改善する新興産業のことである。 スマートフォンを利用したモバイルバンキング、投資、借入サービス、クリプトカレンシーなどは、金融サービスをより一般の人々に身近なものにすることを目的としたテクノロジーの一例である[3]。金融テクノロジー企業には、既存の金融会社が提供する金融サービスの利用を代替・強化しようとする新興企業と既存の金融機関、テクノロジー企業の両方があります。

スウェーデン決済大手Klarna、企業価値310億ドルで10億ドル調達へ―関係者
FinTech

スウェーデン決済大手Klarna、企業価値310億ドルで10億ドル調達へ―関係者

スウェーデン決済大手Klarnaは近く、310億ドルの企業価値で10億ドルを調達する見込みだ。Bloombergが報じた。昨年9月、シルバーレイクが率いる投資家グループからの6億5,000万ドルの資金調達ラウンドを完了した。当時、同社の企業価値は110億ドルを付けていたため、わずか5ヶ月で3倍に達した可能性がある。

外灘金融峰会でのジャック・マー講演の全文書き起こし (抄訳)
China

外灘金融峰会でのジャック・マー講演の全文書き起こし (抄訳)

これはアリババ創業者のジャック・マー(馬雲)が上海で開かれた外灘金融峰会で行った講演の抄訳である。サミットのテーマは「危機と機会:新しい風景の中の新しい金融と新しい経済」で、10月24日、マー氏は、国連デジタル協力に関するハイレベルパネルの共同議長であり、国連持続可能な開発目標の提唱者としてスピーチを行った。

デジタル人民元に脅かされるアントグループ Axion Podcast #37
Podcast

デジタル人民元に脅かされるアントグループ Axion Podcast #37

アントグループは今後デジタル人民元によって陣地を失っていくかもしれず、今がビジネスが最高潮の時期である可能性は小さくない。この非常に大きなリスクを前に、この上場には (1) 既存投資家の流動性の確保 (2) 公開市場を利用した資金調達 (3) 3000億ドルの公開企業になり中央政府にアピール、などの思惑が秘められている可能性があるだろう。

Square、オンデマンド給与計算・払込を開始
FinTech

Square、オンデマンド給与計算・払込を開始

Squareは15日、雇用者と従業員の給与計算をより簡単にする「インスタントペイメント」と「オンデマンドペイ」の2つの新機能を発表した。新機能「インスタントペイメント」は、雇用者がリアルタイムで給与計算を行うことを可能にし、雇用者の口座を離れてから従業員の口座に入金されるまでの時間差をなくすことができる。

中国人民銀行、デジタル中銀向けの金融技術子会社を設立
Cryptocurrency

中国人民銀行、デジタル中銀向けの金融技術子会社を設立

中国人民銀行(PBoC)は、デジタル中央銀行の構築に向けた戦略をさらに一歩前進させ、金融技術子会社である成方金融科技有限公司(Chengfang Financial Technology)を設立した。PBoCは、金融システムの近代化、イノベーションの促進、ガバナ ンスの改善という政府の幅広い目標を推進するのに役立つものとしている。

フェイスブックの金融部門「フェイスブック・ファイナンシャル」が設立
Cryptocurrency

フェイスブックの金融部門「フェイスブック・ファイナンシャル」が設立

Facebookは、決済やコマースの機会を追求するための新しいグループを発表し、Libra暗号通貨プロジェクトの共同開発者であるデビッド・マーカスをイニシアチブの責任者に据えた、とブルームバーグは報じている。チームは、Facebook Payを含むすべての決済プロジェクトを運営することになる。