イーロン・マスク、ツイッター株9.2%を取得
2021年8月13日、ブランデンブルク、グリューンハイデ。プレスイベントでテスラ・ギガファクトリーの鋳造工場に立つテスラCEOのイーロン・マスク。Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB (Photo by Patrick Pleul/picture alliance via Getty Images)

イーロン・マスク、ツイッター株9.2%を取得

イーロン・マスクがツイッターの9.2%のパッシブ株式を取得したことがSECへの提出文書で明らかになった。ツイッターは市場前取引で約26%上昇した。

吉田拓史

ブルームバーグによると、イーロン・マスクがツイッターのパッシブ株式9.2%を取得したことがSECへの提出文書で明らかになった。ツイッターは市場前取引で約26%上昇した。

CNBCによると、米証券取引委員会(SEC)に提出した13Gでは、マスクはTwitterの73,486,938株を保有しており、これは同社の9.2%のパッシブ株式保有に相当する。この株式は、金曜日のツイッターの終値に基づくと、28億9,000万ドルの価値がある。

この株はパッシブ株として分類されるが、投資家はこれがさらに何かにつながる可能性があると考え、株を高く買い付けている。ツイッターの株価はプレマーケットで25%以上急騰した。

SECに提出された13Gのコピー。

数日前、マスクが新しいソーシャルメディアプラットフォームの構築について「真剣に考え」ていると述べていた。これに先立ち、マスクは、ツイッターが言論の自由の原則を守っていると思うかどうかをユーザーに問うツイートを発信していた。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

マスクはツイッターで非常に活発に活動しているにもかかわらず、過去にこのプラットフォームを批判したことがある。彼のツイートの中には、何年にもわたってテスラの責任者を窮地に追い込んだものがある。