欧州は再エネにもっと大きく賭けるしかなくなった

欧州は再エネにもっと大きく賭けるしかなくなった。ロシアへの深いエネルギー依存の持続可能性が崩壊した今、痛みを伴う戦略の転換が求められている。次の冬までに欧州はどれだけ早く動けるかが重要だ。

欧州は再エネにもっと大きく賭けるしかなくなった
Ceremony of opening of gasoline Nord Stream. Among others Angela Merkel and Dmitry Medvedev. Source: www.kremlin.ru

ウクライナ戦争の勃発が確定的になった2月24日、欧州再生可能エネルギー指数は木曜日に9.3%も急騰し、2020年3月のパンデミックの最安値以来最大の上昇となり、欧州株式市場のメルトダウンと著しい対照を示した。特にオーステッド、シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー、ヴェスタスはそれぞれ10%以上上昇し、欧州で最大の勝者となった。

ブルームバーグ・インテリジェンスのロブ・バーネットによると、欧州の議員らは同地域のロシア産ガスへの依存度を下げるための措置を取る可能性があり、電力産業からガス使用を削減するための最短経路を自然エネルギーが提供する可能性があると付け加えている。

今回の突発的な戦争によって、ロシアの石油やガスへの深い依存からより早く脱却し、自然エネルギーや原子力発電、エネルギー貯蔵のための水素への投資を増やすことが欧州の長期的なエネルギー戦略に加えられるのは間違いないだろう。

同日、世界最大の風力タービンメーカー数社の最高経営責任者(CEO)たちは、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長に対し、各国政府が新規プロジェクトの承認を加速しなければ、中国のライバル企業にさらに事業を奪われることになると警告した。CEOはEUは雇用を守り、EUのグリーンディールの目標を達成するために風力発電所の開発を加速させる緊急行動をとる必要があると訴えている。

ライエン委員長への書簡にはシーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー、ヴェスタス、ゼネラルエレクトリック、ノーデックス等のCEOが署名している。

昨年、EUは11ギガワットの風力発電所を追加しました。これは、世界最大の再生可能エネルギー利用国である中国が記録的な規模で導入した量の4分の1以下である。

業界にとって最大の懸念は、政府の許認可プロセスが管轄区域によって異なるため、開発が遅れ、コストが増加することです。EUは、こうしたプロセスを簡略化するよう加盟国に働きかけるべきであると、書簡は述べている。

ドイツの副首相ロベルト・ハーベック(同盟90/緑の党)は25日「“完全な西側”はロシアから離れるだろう我々はエネルギーシステムを多様化する。今後、ロシアの石炭やガスをこれほど大量に買うことはないだろう」とAP通信のインタビューに答えている。ドイツは現在、天然ガスと石炭の約半分をロシアから、石油の3分の1をロシアから調達している。

最近まで、ドイツ政府はロシアが信頼できる供給国であることを証明したと主張し、米国、ポーランド、ウクライナからの抗議にもかかわらず、バルト海を通る新しい天然ガスパイプラインの建設を支持した。

しかし、ウクライナをめぐるロシアとの緊張が高まる中、ドイツはパイプラインプロジェクト「ノルドストリーム2」を停止し、この動きはワシントンとキエフで称賛された。

ドイツはカタールからLNGを外国の港経由で輸入し、他のヨーロッパ諸国からガスを購入して、当面の不足分を補おうとしている。

ロシアは、ウクライナを含む国々を横断するパイプライン網を通じて、欧州のガス需要の約40%を供給しており、また、欧州の石油の約3分の1を供給している。

オーストラリア国立大学フェローのエマ・アイスベットは、オーストラリア放送協会(ABC)のインタビューに対して、エネルギー輸入に依存するヨーロッパがロシアに対して経済的に脆弱であることは疑いようがないと語っている。エイズベット博士によると、欧州諸国が二酸化炭素排出量削減のために石炭火力発電所を閉鎖したため、その依存度は近年高まる一方だという。

また、2011年の福島第一原発の事故を受け、ドイツが原子炉の段階的な廃止を決定したことについても、エイズベットは「後悔することになるだろう」と語っている。

ドイツは、現在、世界で最も電気代が高い国となっている。それに加えて、ガス料金も非常に高いので、特に寒冷地では、エネルギー貧困の問題が顕在化するはずだ。

ロシアが欧州へのガス供給をすべて停止するという最悪のシナリオは、企業や家庭に壊滅的な影響を与える可能性がある。西欧諸国は、自国民のために明かりを灯し続けるために、世界的にガスを求め、アジアのLNG買い手と競争するようになるだろう。だが、ガス価格が高騰し、電力供給のための合理的な資源であることをやめてしまうシナリオが想定されている。

欧州は短期的には痛みに耐えないといけないだろう。ただ、幸運なことに冬は終わろうとしている。この夏は欧州にとって死活的なエネルギー戦略の転換点になるだろう。

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)