再エネ

ブルームバーグ
無料会員 公開

自由の女神よりも高い風力発電機の倒壊が相次ぐ

より多くの風力エネルギーを取り込むためにサッカー場ほどの長さのブレードを設計することで、開発者は同じ量の電力を発生させるために、より少ないタービンを設置することができる。しかし、そこには落とし穴があった。

吉田拓史
無料会員 公開

風力発電、金利上昇の圧力で成長減速を懸念

再生可能エネルギー開発で世界最大手の1つであるデンマークのオーステッドのトップは、競争の激化と金利がリターンを圧迫し、投資案件を根底から覆すため、エネルギー転換が減速する可能性があると懸念している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

バイデン政権がクリーンテックに用意した3,940億ドルの融資権限の行方

米エネルギー省の無名の部門が、気候変動との戦いを加速させるために3,940億ドルもの資金を活用しようと、時間との戦いに挑んでいる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国、電力需要が少なくなる旧正月に太陽光発電が過剰に

中国最大の太陽光発電地域は、需要が少ない時期に送電網を圧迫しないよう、旧正月の休暇中に屋上パネルのスイッチを切るよう各家庭に命じている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

電池価格の高騰もエネルギー貯蔵セクターを冷え込ませない

今年は複雑な年だが、最終的には蓄電池業界にとってマイナスの要因よりもプラスの要因の方が多い年だと言える。コストの上昇は、電池供給や電力制御システムにおける新規市場参入の機会にもなっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

グリーン水素市場の開拓を目指す中国

10年前、中国は低価格を武器に太陽光発電の製造を独占し、世界のパネル需要が急増し始めると同時に欧米の競合他社を一掃した。米国と欧州は、水素で同じことが起きないようにすることを決意している。

吉田拓史
無料会員 公開

「ネットワーク化された電池」としてEVの価値

今後のEV普及を見越して、V2G(ビークル・トゥ・グリッド)が脚光を浴びている。再エネの余剰電力を貯蔵し、電力システムが受給を調整するのを支援する「電池ネットワーク」はいずれ当たり前になるかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

インド、300億ドルを投じてクリーン電力用の送電網を整備する計画を発表

インドは、2030年までにクリーン電力の容量をほぼ3倍に増やすことを目指し、再生可能発電を接続する送電線を建設する2兆4400億ルピー(約296億ドル)の計画を発表した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

英国の大規模水力発電プロジェクトが官僚主義で停滞

英国は、スコットランドのハイランド地方から水を引くことで、100万世帯分の電力を供給できる再生可能エネルギーを追加できるが、それを目指す2つの大規模プロジェクトは、少なくとも2024年まで政府のお役所仕事に絡め取られることになりそうだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界最大の核融合プロジェクト、部品に亀裂が生じ遅延

核融合が無限のクリーンエネルギーを生み出せるかどうかを証明する230億ドル規模のプロジェクトで、銀を塗った重要部品に亀裂が入り、新たな遅れとコスト超過が発生している。

ブルームバーグ
無料会員 公開

10億ドルのジャンク・カーボン・オフセット市場の内幕

地球温暖化に歯止めをかけるための手段が、かえって排出量を増やしてしまう危険性が出てきた。その代表的なものが、カーボン・オフセットである。

吉田拓史
無料会員 公開

中国で巨大洋上風力プロジェクトが動き出す

広東省潮州市が計画する洋上風力プロジェクトが、それだけでノルウェーの発電容量を超える見通しだ。中国は洋上風力発電市場で他国を圧倒的に引き離しているが、投資は長期的に続きそうであり、その傾向は今後より強まる可能性がある。