欧州連合(EU)は地球の「デジタルツイン」の作成を計画している。デスティネーション・アース(DestinE)と呼ばれるこのムーンショット・プロジェクトは、超高解像度のモデリングを活用して、欧州の環境政策の影響を情報提供・実証し、持続可能な開発の新時代を切り開くことを目指して、今後10年間に渡って展開される予定だ。

欧州委員会は声明の中で、「DestinEは、地球の物理的資源のデジタルモデリングの可能性を解き放ち、気候変動、水/海洋環境、極地、低温圏などの地球規模の関連現象を解明し、環境への移行を加速させ、大規模な環境悪化や災害の計画を支援します」と述べている。

欧州委員会は、DestinEの多くの注目すべき用途として、次のようなものを挙げている。高精度シミュレーションによる気候、極地、土地利用などの惑星システムの健全性のモニタリング、異常気象のモデリングと予測能力の向上、EUの政策立案と実施の支援、シミュレーション、モデリング、分析、AI、HPCにおける欧州の能力の全般的な強化などである。

欧州委員会によれば、DestinEの「中心」となるのは、統合されたクラウドベースのモデリングおよびシミュレーションプラットフォームである。クラウドプラットフォームのユーザーは、サービス、モデル、シナリオ、シミュレーション、予測、可視化にアクセスでき、さらには独自のアプリケーションを開発し、独自のデータを統合することも可能になる。

DestinEは、欧州委員会のグリーンディールプログラムとデジタル戦略プログラムの傘下にあり、それぞれEUの持続可能な経済を確保し、公正で民主的なデジタル経済におけるグローバルプレーヤーとしてEUを位置づけることを目的としている。これはまた、DestinEをEuroHPC Joint Undertaking (JU)とリンクさせている。これは、欧州連合の32の加盟国からなる協調的なHPCの取り組みで、スーパーコンピューティングへの80億ユーロの投資計画を発表したばかりだ。

DestinEの下でデジタルツインやその他のシミュレーションに電力を供給するのは、もちろん計算量の多い作業になります。DestinEは、EuroHPCを通じ、3つのプリ・エクサスケール・スーパーコンピュータのうちの1つを使用する。フィンランドのCSCがホストするLUMIシステム、バルセロナ・スーパーコンピューティング・センターがホストするMareNostrum 5システム、イタリアのCINECAコンソーシアムがホストするLeonardoシステムだ。これら3つのシステムは、1億2,000万ユーロから1億5,140万ユーロの費用が見込まれており、2020年後半から2021年前半に導入される予定。

これは、欧州委員会が発表した計画と一致しており、2021年から7年から10年かけてDestinEを準備して導入するというものである。昨年11月の最初の利害関係者会議に続き、欧州委員会の共同研究センターは、DestinEのユースケースに関する報告書を作成し(今月予定)、DestinEのデジタルツインの最初のものに関する2つのワークショップを開催している。

Photo by The New York Public Library on Unsplash