HPC

高性能コンピューティング(HPC)とは、データを処理し、複雑な計算を高速で実行する能力のことです。3GHzのプロセッサを搭載したラップトップやデスクトップでは、1秒間に約30億回の計算を行うことができます。これは人間が達成できる速度をはるかに上回っていますが、1秒間に数千億回の計算を行うことができるHPCソリューションとは比較になりません。 HPC ソリューションの中で最もよく知られているタイプの 1 つは、スーパーコンピュータです。スーパーコンピュータには何千もの計算ノードが含まれており、1つまたは複数のタスクを完了するために一緒に動作します。これは並列処理と呼ばれています。これは、何千台ものPCをネットワークで接続し、計算能力を組み合わせてより速くタスクを完了させるのに似ています。

編集部
無料会員 公開

AI開発競争は気候変動を加速させうる

計算負荷の高い機械学習(ML)技術が、業界内でますます目立つようになってきた。専門家はAI開発競争は気候変動を加速させうると警告している。

編集部
無料会員 公開

MS、GPU10万台以上を載せた惑星規模のAIインフラを運用

マイクロソフトは先月、「Singularity」(シンギュラリティ)と名付けたAIワークロードのための惑星規模の分散スケジューリングサービスを運用していることを明らかにした。

ブルームバーグ
無料会員 公開

AIが天気予報をより良くより安くする方法

シリコンバレーの天気予報新興企業アトモは、気象予測のための十分な資源を持たないアフリカ諸国が不確実性の高い天候に備えるために、各国政府に割安かつ奇抜なデザインのスーパーコンピューターを売り込んでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフト、10万台以上のGPUを搭載した「惑星規模」のAIインフラを運用

マイクロソフトは2月22日に「Singularity」(シンギュラリティ)と名付けたAIワークロードのための惑星規模の分散スケジューリングサービスを運用していることを明らかにした。

吉田拓史
無料会員 公開

地球のデジタルツインは気候変動危機を解決できるか?

地球のデジタルツインは気候変動危機を解決できるか。欧州連合(EU)とNVIDIAのスパコンを利用した米国勢は異なる経路から「第二の地球」をシミュレートしようとしている。

吉田拓史
無料会員 公開

サムスン、業界初のAI処理を統合した高帯域メモリを開発

サムスン電子は17日、人工知能(AI)処理能力を統合した業界初の高帯域幅メモリ(HBM)を開発したことを発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

イスラエルのAIハードウェア新興企業NeuRealityが800万ドル調達でステルス脱却

イスラエルのシーザレアに拠点を置く新興企業NeuRealityは、クラウドデータセンターやエッジノード向けの高性能AIハードウェアを開発しており、10日、800万ドルの資金を得てステルス状態から脱却した。

吉田拓史
無料会員 公開

Nvidia, A100 80GB GPUを発表

Nvidiaは、AIやML研究からエンジニアリングまで、幅広い用途でスーパーコンピューティング性能を新たなレベルに引き上げることを目的とした新しいA100 80GB GPUで、これまでのスーパーコンピューティングGPUのメモリを2倍にしたと発表した。

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIAが大賭けするデータ処理装置 (DPU) とは

NVIDIAが大金を賭けるDPU(データ処理装置: Data Processing Unit)とは何か。同社はGAFAMの超大型データセンターと同様のインフラを構築する機会を提供しつつあるが、そのなかでも非常に重要な役割を果たすであろうDPUについて解説する。

吉田拓史
無料会員 公開

NvidiaとEuroHPC、大規模な「Leonardo」システムを含む4台のスパコンで協力

EuroHPCは、ヨーロッパの協調的なスーパーコンピューティングの投資ビークルとして機能し、現在32の加盟国と数十億ユーロの資金調達で構成されている。2019年6月、EuroHPCは、EuroHPCの最初の8つのシステムのホストとして機能するために、欧州連合全体で8つのスーパーコンピューティングセンターを選択した。

吉田拓史
無料会員 公開

EU、スパコンで地球のデジタルツインを作成へ

欧州連合(EU)は地球の「デジタルツイン」の作成を計画している。デスティネーション・アース(DestinE)と呼ばれるこのムーンショット・プロジェクトは、超高解像度のモデリングを活用して、欧州の環境政策の影響を情報提供・実証し、持続可能な開発の新時代を切り開くことを目指して、今後10年間に渡って展開される予定だ。