自動車広告がEVシフト

2021年には、自動車メーカー各社が電気自動車のテレビ広告を全国規模で展開し、その数は過去2年間の4倍に達しました。

自動車広告がEVシフト
Photo by myenergi on Unsplash

2021年には、自動車メーカー各社が電気自動車のテレビ広告を全国規模で展開し、その数は過去2年間の4倍に達しました。

ブルームバーグが引用したマーケティング分析会社であるEDOのデータによると、GMやフォード、フォルクスワーゲンなどは、2019年に8,000本のCMに8,300万ドル費やしたが、2021年は約33,000本のCMに推定2億4,800万ドルを費やしたようです。

最も劇的な変化を遂げたのはアウディだ。過去3年間で、その広告予算の配分は、内燃機関が多数派からEVが多数派へと反転しました。2019年、ドイツのブランドは、全国のEV広告に推定2,200万ドルを費やし、ガソリン車のモデルには5,600万ドルを費やしました。2021年には、EVに5,400万ドル、残りに1m300万ドルを費やしています。

アウディにとって、この切り替えは実存的な必須事項であると、同社のマーケティングキャンペーン戦略担当ディレクターのジェシカ・ソーはブルームバーグに対して述べています。今年、アウディは他のどのブランドよりも多くのEVモデルを提供し、2026年には最後の燃焼車を製造することを約束しています。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)