自動車広告がEVシフト
Photo by myenergi on Unsplash

自動車広告がEVシフト

2021年には、自動車メーカー各社が電気自動車のテレビ広告を全国規模で展開し、その数は過去2年間の4倍に達しました。

編集部

2021年には、自動車メーカー各社が電気自動車のテレビ広告を全国規模で展開し、その数は過去2年間の4倍に達しました。

ブルームバーグが引用したマーケティング分析会社であるEDOのデータによると、GMやフォード、フォルクスワーゲンなどは、2019年に8,000本のCMに8,300万ドル費やしたが、2021年は約33,000本のCMに推定2億4,800万ドルを費やしたようです。

最も劇的な変化を遂げたのはアウディだ。過去3年間で、その広告予算の配分は、内燃機関が多数派からEVが多数派へと反転しました。2019年、ドイツのブランドは、全国のEV広告に推定2,200万ドルを費やし、ガソリン車のモデルには5,600万ドルを費やしました。2021年には、EVに5,400万ドル、残りに1m300万ドルを費やしています。

アウディにとって、この切り替えは実存的な必須事項であると、同社のマーケティングキャンペーン戦略担当ディレクターのジェシカ・ソーはブルームバーグに対して述べています。今年、アウディは他のどのブランドよりも多くのEVモデルを提供し、2026年には最後の燃焼車を製造することを約束しています。

EV