中国EVメーカー値上げ続出、電池原料高騰響く
中国の各メーカーは電気自動車の値上げを決断。電池部材のリチウムとニッケルが足りない。Image by BYD.

中国EVメーカー値上げ続出、電池原料高騰響く

中国の電気自動車(EV)メーカー各社は電池材料のニッケルやリチウムの価格高騰を受けて値上げを決断した。ロシア産原油の国際的な流通が遮断された今、EVはガソリン車の代替機会を得たが、原料高によってそれが妨げられた。

編集部

中国の電気自動車(EV)メーカーXPengは、材料価格のインフレと半導体の持続的な不足により、EVを1万〜2万元(約19.3万〜38.4万円)値上げすると伝えられている。

XPengは報道された値上げについて公式に確認・コメントしていないが、テスラ・チャイナ、BYD、奇瑞(Chery)、哪吒汽車(Neta)など、中国国内の20近いEVメーカーが3月に値上げを行うと発表している。全体として、40近いEVモデルが、昨年よりも高価になっている。

テスラ・チャイナは2022年3月だけで3回、公式販売価格を引き上げた。同社のウェブサイトを見ると、Model 3やModel Yの一部の車種の価格は少なくとも1万人民元上昇している。

BYDもDynastyシリーズとOceanシリーズを3,000~6,000人民元ほど正式に値上げした。奇瑞は、材料価格の上昇により 3,000-6,000元増加するとしている。哪吒汽車は一部車種を3,000〜5,000元値上げした。

これまでのところ、EVの需要は堅調に推移している。中国乗用車協会によると、今年1〜2月の中国における新エネルギー車の販売台数は前年同期比153.2%増となった。

ウクライナ戦争の影響が直撃

背景はニッケルの高騰だ。EVバッテリーの主要材料であるニッケルは、2016年の1トン当たり8,000米ドルから今年3月には2万~3万米ドル程度まで上昇した。ウクライナ戦争により、ニッケル価格は3月4日から3月8日までのわずか5日間で200%以上上昇し、1トン当たり10万米ドルを記録した。

硫化ニッケルの価格上昇に伴い、三元系材料の価格も1トン当たり16万~25万元上昇している。材料価格の高騰は電池の生産コスト上昇につながり、その価格は1kWhあたり31-57元上昇した。その結果、70kWhのEVの場合、最終製品の生産コストは少なくとも2,000〜3,000元増加することになる。

ロンドン金属取引所(LME)では、25日までで、ニッケル市場の流動性が極端に不足しているため、不規則な動きにさらされており、著しいボラティリティを示している。

リチウムも価格高騰

ニッケルだけでなくリチウムも価格高騰に直面している。モルガン・スタンレーによると、EV用電池メーカーは、炭酸リチウムの価格高騰により25%近い値上げが必要となり、利幅の圧迫と需要破壊につながる可能性があるという。

多くの電池の主原料である炭酸リチウムの中国価格は、過去1年間で5倍に跳ね上がったと、モルガンスタンレーのJack Luなどのアナリストがメモで述べている。Luはコストの転嫁により、EVメーカーは最大15%の値上げを迫られ、需要に打撃を与える可能性があると、3月24日付けのノートで述べている。

「歴史的に見ると、電池価格のコストカーブは毎年3%から7%のペースで減少しており、ほとんど必然のように思えた。しかし、分子はムーアの法則と同じルールで動いているわけではない。世界は変わり、それに伴って投入コストの新しいパラダイムが生まれた」

炭酸リチウムの価格は、自動車メーカーからの需要が供給を上回ったため急騰し、材料や精製能力の不足によってエネルギー転換が遅れる可能性があることを浮き彫りにしている。中国のトップリチウムメーカーである贛鋒リチウム(Ganfeng)と天斉リチウム(Tianqi)は、この高騰を背景に今年最初の2ヶ月間の売上高が急増したと報告している。

大手メーカーに有利に働くか?

一部のアナリストは短期的に需要に打撃を与えるとは考えていない。技術調査会社カナリスの主席アナリスト、ジェイソン・ロウはCNBCに対し、「すでにEVの購入を決めた購入者の大半は...高い価格を飲み込むか、予算に合わせて下位モデルや他のブランドを選ぶだろう」と述べた

「中級・初級ブランドは、おそらくコスト増を市場に転嫁するのが難しいでしょう。上海に拠点を置くAutomobility LimitedのCEO、ビル・ルッソはCNBCに次のように語っている。「そのため、利益率の低下を吸収するか、特定の製品を下げざるを得なくなるだろう」。テスラとBYDは、強力なサプライチェーンにより、価格上昇を乗り切るのに有利な立場にあると、ビル・ルッソは主張している。

その理由のひとつは、バッテリーやその他のコンポーネントの強力なサプライチェーンにある。例えば、BYDは自社でバッテリーを製造している。テスラは中国市場向けに上海にギガファクトリーを建設し、電池サプライヤーの寧徳時代新能源科技(CATL)と強い関係を築いている。