世界の自動車販売、10台に1台はEVに

2022年は電気自動車(EV)の普及が加速した。自動車販売の10%はEVとなり、今後この割合は拡大すると予想されている。欧米中における積極的な補助金政策と、供給側のEVシフトが進み、テスラ一強ではない世界へと向かっている。

世界の自動車販売、10台に1台はEVに
Licensed under the Unsplash+ License

2022年は電気自動車(EV)の普及が加速した。自動車販売の10%はEVとなり、今後この割合は拡大すると予想されている。欧米中における積極的な補助金政策と、供給側のEVシフトが進み、テスラ一強ではない世界へと向かっている。


2022年に世界で販売されたEVは780万台で、2021年から68%増加したと、自動車業界リサーチ会社LMC AutomotiveとEV-Volumes.comの調査を引用してウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。この上昇により、EVは自動車業界で初めて約10%の世界シェアを達成したとWSJは報じている。

欧州と中国が先行しており、EVはすでに自動車販売台数全体の11%と19%を占めていると、WSJはLMC Automotiveのデータを引用して報じている。EV-Volumes.comはプラグインハイブリッド車(PHV)を含めると欧州でのシェアは20.3%になると指摘している。

この業界は一部で予測されていたよりも急速に成長している。国際エネルギー機関(IEA)は2021年、EV産業が世界の自動車販売台数の7%から12%に達するには、2030年までかかると予測していた。

リサーチ会社CBInsightsのAuto and Mobility Trends調査は、2030年までに世界市場シェアが22%に達すると推定している。BloombergNEFは、この2030年までに、EVの市場シェアは40%近くに達するだろうと予測している。

昨年のインフレ抑制法(IRA)にEV購入のための7,500ドルの税額控除を盛り込んだバイデン政権は、2030年までに米国自動車販売の半分をEVにすることを目指している。

昨年末に発表された900人以上の自動車業界幹部を対象としたKPMGの調査では、2030年までに米国におけるEVの市場シェアが37%に達するという予想が中央値で、2021年の62%から減少した。KPMGは、この減少の原因を、生産上の問題や、EVの普及を遅らせる可能性のある価格面の課題に求めている。

欧州最大市場のドイツでは、2022年通年のEVの市場シェアは、2021年の26.1%から31.4%に拡大した(ドイツ自動車工業会=VDA調べ)。ドイツにおける12月の乗用車用EVの販売台数は前年比2倍以上となり、2022年通年では2021年比22%増の83万3500台となった。12月にはEV販売台数の市場シェアが55.4%に達し、従来型車種を上回った。

ドイツの自動車シンクタンクCenter of Automotive Management(CAM)のディレクター、シュテファン・ブラッツェルが公表した調査結果によると、BEVの世界販売ではテスラが昨年も首位の座を守り、中国の比亜迪(BYD)と上海汽車集団(SAIC)、傘下に複数のブランドを擁するドイツのフォルクスワーゲン(VW)が続いた。

世界的なメーカー比較では、テスラと中国メーカーのBYD、SAICが先行し、フォルクスワーゲン、BMW、メルセデス・ベンツのドイツの3社や米国のフォード、GM、リビアンのような米メーカーが追走しているものの、追いついていないのが現状だ。

EVの需要が全般的に高まる中、電池原材料の価格は堅調に推移している。S&P Global Commodity Insights傘下のPlattsは、1月5日の炭酸リチウムと水酸化リチウムの価格が2022年当初からそれぞれ121%、156.2%の上昇と算定している。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)