要約

欠陥のある顔認識システムが黒人男性の誤認逮捕を引き起こした。デトロイト警察の顔認識システムの運用方法が、規定のルールから外れており、「一致」したことだけを根拠に誤った人物を逮捕・起訴してしまった。米国での顔認識の社会実装のモラトリアムを決定づける出来事のひとつとなった。

誤認逮捕の顛末

1月、デトロイト警察は15ヶ月前に小売店から4000ドルの時計を盗んだ容疑で42歳のロバート・ウィリアムズを逮捕、起訴した。2人の子供の前で手錠をかけられたウィリアムズは取調室に送られ、警察は証拠を提示した。顔認識ソフトウェアは 犯罪の夜からの監視映像と彼の運転免許証の写真を一致させた。

ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、ウィリアムズにはアリバイがあり、すぐに容疑を否認したという。警察は窃盗の夜の容疑者の画像を指摘したが、それは彼ではなかった。「私には大きな黒人が見えた」と彼はNPRに語った。

ウィリアムズは保釈されるまで30時間も拘留されたが、ウィリアムズの関与を示す他の証拠がないようで、警察は最終的に告訴を取り下げた。水曜日には、ウィリアムズはミシガン州のアメリカ自由人権協会(ACLU)と一緒にデトロイト警察に告訴状を提出し、捜査にソフトウェアを使用するのをやめるよう要求した。

ウィリアムズの逮捕は、米国で最初の顔認識技術の欠陥に起因するものかもしれない。しかし、それは身元を間違えただけの単純なケースではない。それは捜査の失敗の長い連鎖がもたらしたものであり、法執行機関が顔認識を使用する方法について専門家が何年も警告してきたことだ。

プライバシー研究者や市民の自由を守る非政府組織(NPO)は、特に肌の色が濃い人の顔認識技術は精度が低いと批判している。そのため、サンフランシスコからマサチューセッツ州ケンブリッジまでの都市が顔認識技術の使用を禁止したり制限したりしている。ボストン市議会は水曜日にこの技術を禁止することを投票で決めた。

顔認識だけを捜査の根拠にしてはいけない

顔認識を単一のツールとして考えるのではなく、人間とアルゴリズムの両方の判断に依存する多段階のプロセスとして考えるべきかもしれない。批判的な専門家は各段階でプライバシーの問題を指摘してきたが、ウィリアムズの場合は安全策の欠如が回避可能な逮捕につながった。

ミシガン州警察は顔認識ソフトウェアを使用して、窃盗事件の監視映像をウィリアムズの運転免許証の写真を含む4900万枚の画像からなる州のデータベースと比較した。人々は自分の画像がこのように使用されることを選択していないが、米国の成人の半数は自分の写真をデータベースに登録している。米国中の警察はまた、ソーシャルメディアの写真、目撃者のスケッチ、3Dレンダリングを犯罪現場の写真と照合するために使用している。

データベースには逮捕されたが起訴されたことも有罪判決を受けたこともない人々の写真が含まれている場合、この行為は特に悪質である。例えばニューヨークでは、警察は、身柄拘束が非合法であったにもかかわらず、「調査写真」の検索の一部として身柄拘束の逮捕者の顔写真を使用したことで非難を浴びている。

ウィリアムズの写真は、彼に対する事件の主な手がかりになったようだ。ミシガン州警察の報告書によると、顔認識の一致は逮捕のための確たる理由がとならないとされている。州警察のガイドラインでは 顔認識は「正体確認の手段」ではなく「捜査の手掛かりとしてのみ」と考えるべきとされている。

連邦政府の研究では、顔認識は肌の色が濃い人ほど不正確なことが多いことがわかっているが、批評家はまた「一致」の定義を争っている。

前述のニューヨークタイムズ紙の報道によると、ウィリアムズの写真がスキャンされた時、ソフトウェアは、それぞれの「信頼度スコア」と一緒に、一致する可能性のあるリストを返した。この信頼度スコアは、顔認識の照合において重要だ。ACLUがアマゾンのRekognitionが議員と犯罪者のデータベースを照合したと報告したとき、アマゾンはその報告書はあまりにも低いしきい値を使っていると反論した。アマゾンは99パーセントの信頼度を一致とみなしていると述べたが、ACLUは信頼度のしきい値を80パーセントに設定した。ミシガン州警察のアルゴリズムが、返ってきた照合結果に対してどの程度の信頼度を提示したのかは明らかになっていない。

これが、話題が規制からモラトリアムへと変化した理由だ。専門家は、顔認証は、刑事司法制度の最悪の悪用を自動化し、加速させるだけであると恐れている。

ミズーリ州ファーガソンでの出来事は、顔認識を黒人差別的に利用した先行事例と言えそうだ。2015年、司法省は、一度でも支払いを怠ると逮捕状につながる高額な料金を強制的に支払わせる収益スキームの一環として、同市の警察が黒人ドライバーを交通違反切符の対象にしていたと主張した。顔認証が普及したファーガソンでは、黒人ドライバーがカメラやボディカメラを装備した警官と接触すると、特定されて逮捕の脅しを受ける可能性があったという。ウィリアムズのケースは、顔認証が原因で誤認逮捕された最初の事例として知られているに過ぎないが、他にもある可能性がある。

Photo courtesy of ACLU / Youtube