AI倫理

人工知能の倫理は、ロボットやその他の人工知能に固有の技術の倫理の一部です。 それは通常、人間が彼らを設計、構築、使用、治療する際の人間の道徳的行動に関する懸念であるロボ倫理と、人工的な道徳的行為者の道徳的行動に関する懸念である機械倫理に分けられます。

編集部
無料会員 公開

EU、デジタルサービス法に大筋合意 GoogleやMetaへの規制強化

欧州連合(EU)は土曜日の早朝、EUはデジタルサービス法(DSA)について大筋で合意した。DSAはオンライン・プラットフォームの説明責任についてこれまでにない新たな基準を定めるものだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

OpenAIの最新AIはもっと精査しないとバイアスの危険性がある - パルミー・オルソン

バイアスの問題はAIからすぐにはなくならない。一部の科学者にアクセスを制限すOpenAIは、自分たちの名前からヒントを得て、もっとオープンにする必要があるのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

AIは急速に大規模化している - スタンフォード大研究機関

最新のAI指標年次報告書によると、AIシステムはますます大規模かつ複雑になっているが、技術の進歩にもかかわらず、より高いレベルの毒性も示しているとのことだ。

編集部
無料会員 公開

音声AI、受刑者の電話書き起こしに誤用される

米国各地の刑務所と拘置所では、拘留者や受刑者と弁護士や家族との電話中の会話を自動的に書き起こすAI音声テキスト化モデルが導入されていることが判明した。AIの使用が人権を侵害する事案として物議を醸している。

吉田拓史
無料会員 公開

中国が世界に先んじて施行するAI規制に注目が集まる

中国が3月1日に施行するAIレコメンド規制に世界の注目が集まっている。今回の規制は、価格設定、検索結果の管理、動画の推奨、コンテンツのフィルタリングなどのアルゴリズムを対象とし、主要テック企業に新たな規制を課すものだ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アマゾンの物流センターでは機械が主役になっている

【ブルームバーグ】アマゾンの最新の物流センターでは機械が重要な役割を果たしている。アマゾンがアルゴリズムとロボットを使って1日に100万個以上の荷物を出荷し、その過程で人間の仕事を大きく変えている。

吉田拓史
無料会員 公開

農機具のAI化が加速

トラクターをはじめとする農機具には、何十年も前から自律走行機能が搭載されており、最近ではロボット工学や自動運転車の発展に伴って導入が進んでいる。だが、メーカーに完全に支配されるとの懸念が農家にはある。

吉田拓史
無料会員 公開

機械学習の採用で融資から人種的偏見を取り除けることもある

研究者は小規模銀行が融資プロセスを自動化した後、黒人所有の企業への融資率が大幅に増加したことを発見した。この結果は、機械学習アルゴリズムを採用することで、融資におけるバイアスを低減する事ができる可能性を示唆している。

吉田拓史
無料会員 公開

世界最高峰のAI研究所が突然黒字化した理由

世界最高峰のAI研究所DeepMindが、2020年通年で売上を3倍に伸ばし黒字化したことが判明した。親会社Alphabetが、一時は非営利化を打診したDeepMindをより「営利活動」に関与させるようにした結果のようだ。

吉田拓史
無料会員 公開

GoogleがDeepMindのNPO化拒否で広がる波紋

ビッグテックは高度な人工知能を正しく扱えるか?

編集部
無料会員 公開

Google、内部調査を受けて2人目のAI倫理研究者を解雇

Googleは、倫理的AIチームの共同リーダーであるマーガレット・ミッチェルを解雇したが、同僚のティムニット・ゲブルに対する差別の証拠を見つけるために、自動スクリプトを使ってメールを調べたことが原因だという。

吉田拓史
無料会員 公開

OpenAIとスタンフォードの研究者、大規模な言語モデルの弊害への対処を呼びかける

OpenAIとスタンフォード大学の研究者が先週発表した論文は、GPT-3のような大規模な言語モデルが含んでいるマイノリティへのバイアスに対処するための緊急行動を呼びかけた。