AI倫理

人工知能の倫理は、ロボットやその他の人工知能に固有の技術の倫理の一部です。 それは通常、人間が彼らを設計、構築、使用、治療する際の人間の道徳的行動に関する懸念であるロボ倫理と、人工的な道徳的行為者の道徳的行動に関する懸念である機械倫理に分けられます。

編集部
無料会員 公開

AI画像生成がコロラド州の芸術コンテストで優勝し「芸術の死」論争が沸騰

ジェイソン・アレンという合成メディアアーティストが、コロラド州の美術コンテストにAIで生成した作品を出品し、デジタルアート部門で1位を獲得したと先週発表したと報じられた。

編集部
無料会員 公開

TikTok、流行のテキスト画像AIを搭載へ

TikTokは、ユーザーがテキストを入力すると、動画の背景として使用できる画像を受け取ることができる、新しいアプリ内テキストから画像へのAIジェネレーターを開始した、とThe Vergeが報じた。

吉田拓史
無料会員 公開

突然注目を集めたAI画像生成Midjoureyを運営する社員10人の「零細企業」の裏側

各所で話題を呼んでいる「AI画像ジェネレーター」 のMidjourneyは、社員数わずか10人の会社によって運営されている。作者のデイヴィッド・ホルツは会社を「自己資金で運営される研究所」と形容しており、すでに利益が出ているという。資金力が物を言う分野で異色の存在だ。

編集部
無料会員 公開

感情認識AIは思想警察になる?

感情認識AIが有効な科学に基づいていると仮定すれば、肯定的な使用例があるかもしれないが、ジョージ・オーウェル的な「思想警察」へとつながるリスクを孕んでいることは否定できない。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

GPT-3に自分についての論文を書いてもらい出版しようとしてみた

AI研究者は、GPT-3に対して、「GPT-3に関する学術論文を500字で書き、本文中に参照元と引用を加える」という簡単な指示を入力した。学術的な言葉で書かれた斬新な内容で、根拠ある文献が適切な場所に、適切な文脈で引用されていたのだ。

吉田拓史
無料会員 公開

Googleの「民主的AI」は国家より富の再分配がうまい

AIは富の再分配が人間よりも上手なのかもしれない。グーグル傘下のAI研究所DeepMindが開発した「民主的AI」は、初期の富の不均衡を是正し、フリーライダーを制裁するメカニズムを発見した。人間は人間が作った富の再分配方法よりもAIが作った方法を支持した。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

マイクロソフト、「責任あるAI」の推進で顔分析ツールの廃止を計画

マイクロソフトは、人の性別、年齢、感情状態を予測する自動化ツールの提供を中止し、顔認識ツールの使用を制限する予定だ。

吉田拓史
無料会員 公開

AIの未来はビッグテックが独占する?

AI技術が特定のビッグテック企業に集中することへの疑義は幾度となく示され、そして退けられてきた。ビッグテックがないと現代のAI研究は成り立たないのが現実である反面、チェックが効いているのかは疑わしい。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

今日のニューラルネットは意識を持っていない - ダグラス・ホフスタッター

今日のニューラルネットワークの成果には、驚かされるものがある。例えば、OpenAIが公開しているGPT-3は、今日の最先端技術を代表するもので、膨大なトピックにわたって流暢かつ首尾一貫して聞こえる文章を生成している。自動車は、複雑な交通状況でも自動運転するようになった。食器洗い機では、ロボットがカップを欠かすことなく積み下ろしをする。 DeepMind(Alphabetの子会社)が開発したプログラム「AlphaZero」は、2016年に人間の最強の囲碁棋士を打ち負かした。ネットワークは複雑で高度な慣用句を一瞬で翻訳し、タンパク質の折り畳みを人間の専門家よりもうまく予測する。早口言葉をリアルタイムでほぼ完璧に書き写すことも可能だ。有名な作曲家の作風に合わせたような新しい音楽の創造も可能だ。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

運転支援システムはどれくらい安全か?

自動車メーカーやテクノロジー企業は、「オートパイロットのような」運転支援システムのような自分たちが運転をより安全にしていると言うが、それを検証することは困難だ。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

巨大な「基盤モデル」がAIの進化に拍車をかける

イギリスのチップ設計会社グラフコアが、今後数年の間に作ろうとしている「Good Computer」は、名目上の控えめな表現に苦しんでいるように見えるかもしれない。その設計では、1秒間に10の19乗回の計算を行うことになっている。もし、あなたのノートパソコンが1秒間に1,000億回の計算ができるとしたら(平均的なノートパソコンとしては妥当)、「Good Computer」はその1億倍の速さであることになる。これは、アメリカのオークリッジ国立研究所にあるFrontierの10倍の速さである。Frontierは、最近の強力なスーパーコンピューターのリスト「Top500」でトップになり、6億ドルもかかったという。4ペタバイトのメモリは、2兆ページの印刷物、あるいは月に届く高さのA4用紙の山に相当するものを格納することができる。 これは、Good(良い)では済まされない。 しかし、Good Computerという言葉は質的な評価として使われているのではなく、知的遺産に敬意を表しているのである。このコンピュータの名前は、第二次世界大戦中に暗号解読者としてアラン・チューリングと一緒に働き、その後チ

ブルームバーグ
無料会員 公開

カジノはなぜ超リッチな顧客を監視するのか? - パーミー・オルソン

カジノが富裕層向けのハイテク監視システムを採用している。ここ3〜5年の間に高解像度カメラの精度が向上し、悪者の検出以外の用途が拡大し、お気に入りの顧客を喜ばせる手段となっている。