30 articles

物理学者が「AIの公平性」に挑み始めた

物理学者は、AIの理解と制御において重要な役割を果たす機会を得ている。物理学の研究では、アルゴリズムの偏りや解釈可能性の慎重な分析が必要となることが多く、これはAIシステムの公平性を向上させるための重要な方法だ。 [...]

Takushi Yoshida

生体認証による市民監視は不可避

「バイオメトリクスの規制」と題したAI倫理研究機関「AI Now」の新しい報告書では、「バイオメトリクスの規制。グローバルなアプローチと緊急の質問」と題された新しい報告書の中で、AI Now Instituteは、規制擁護派がバイオメトリクスの監視状態は避けられないと考え始めていると述べています。 [...]

Takushi Yoshida

Google、AI倫理のコンサルティングを提供へ

グーグルは年末までに、新たなAI倫理サービスを開始する予定だ。最初は、グーグルは、コンピュータビジョンシステムにおける人種的偏見の発見、またはAIプロジェクトを管理する倫理的なガイドラインの開発などのタスクについて、コンサルティングを提供する予定だ。 [...]

Takushi Yoshida

「悪いAI対良いAI」の軍拡競争が開始された

企業や警察は機械学習を利用してクレジットカード詐欺未遂事件の摘発に成功している一方、クラッカーも同様に、機械学習で独自の合成IDを作成し、AIの目をかわしている。フェイクニュース、虚偽画像、虚偽音声などでも同様の「悪いAI対良いAI」の軍拡競争が始まっている。 [...]

Takushi Yoshida

GPT-3生成のブログ、ハッカーニュースで1位に

カルフォルニア大学バークリー校の大学生のLiam Porrが言語生成AIツール「GPT-3」を使って偽のブログ記事を作成したところ、ハッカーニュースで1位になった。Porrは、GPT-3によって生成されたコンテンツが人間によって書かれたものだと信じ込ませることができることを実証した。 [...]

Takushi Yoshida

言語モデルは倫理を学習できるか?

モデルの倫理的な拙さを強調するための努力として、マイクロソフト、カリフォルニア大学バークレー校、コロンビア大学、シカゴ大学の研究者が、言語モデルの道徳的概念の知識を評価する論文を共著した。彼らが考案したベンチマーク(ETHICSと呼ばれる)は、人間の価値観に沿ったよりAIへの足がかりになると主張している。 [...]

Takushi Yoshida

米陸軍が兵士の意図を汲む会話型AIを開発

米陸軍の研究部門は、兵士が特定のコマンドを使うのではなく、自然な会話をすることで小型ロボット車に命令を与えることができるシステムを開発している。ロボットは兵士の意図を理解し、与えられたタスクを完了させることができるようになるという。システムは、地域の偵察や捜索救助に使われるだろう。 [...]

Takushi Yoshida

研究者が顔の表情のデータセットにバイアスがある証拠を発見

研究者らは、幸福、怒り、驚きなどの表現を検出するためにAIシステムを訓練するためによく使用されるデータセットが、特定の人口集団に対して偏っていると主張している。ケンブリッジ大学と中東工科大学の共著者は、2つのオープンソースのデータセットでバイアス(偏り)の証拠を見つけました。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア