Facebook、TikTok型レコメンドに方向転換へ 内部メモが流出

Metaの幹部は、以前からTikTokに対抗することが最優先事項であると明言していた。そして今回、そのために彼らがどのようにFacebookアプリを「改築」する計画なのか、さらなる詳細が明らかになった。

Facebook、TikTok型レコメンドに方向転換へ  内部メモが流出
Photo by Roman Martyniuk on Unsplash

マーク・ザッカーバーグをはじめとするMetaの幹部は、以前からTikTokに対抗することが最優先事項であると明言していた。そして今回、そのために彼らがどのようにFacebookアプリを「改築」する計画なのか、さらなる詳細が明らかになった。

The Vergeが公開したFacebook幹部のメモによると、同社はFacebookのメインフィードの大幅なデザイン変更に取り組んでおり、まだフォローしていないページやクリエイター、人物からのおすすめコンテンツに重きを置くことになるそうだ。

MetaでFacebookアプリを統括するTom Alisonのメモには、FacebookをTikTokの「For You」フィードのようなレコメンデーションに大きく依存する「Discovery Engine」に移行させることが目標であると書かれている。レコメンデーションは、主にリールなどの「非ネットワーク型」コンテンツから行われ、ユーザーはフィード上で友人や家族からの投稿を目にすることは少なくなる。また、Messengerの受信トレイをFacebookアプリに戻し、Discovery Engineからのコンテンツをより多くシェアするようユーザーを促すという計画もあるようだ。

これらの変更を実装までにどれほどかかるかは明らかではない。Instagramですでに起こっている変更を拡大する方向性なのは確かだ。

アリソンは、The Vergeに対し、TikTokのプライベートメッセージの重要性が増していることや、友人からビデオを見るための専用タブが導入されたことを指摘している。「おそらく、このフォーマットがどれほどソーシャルになり得るか、私たちは十分に理解していなかったと思う」

メモで表現されていることが実装されると、流行っているものをすべて悪魔合体させた製品デザインになりそうだ。メインタブの上部にはStoriesとReelsが混在し、その後にFacebookとInstagramの両方から発見エンジンが推奨する投稿が続く。メインタブの上部には、ストーリーとリールが混在し、その後にDiscovery EngineがFacebookとInstagram全体から推奨する投稿が続きる。メッセージングをさらに目立たせるために、FacebookはユーザーのMessengerの受信箱をアプリの右上に配置することに取り組んでおり、8年前に2つのアプリを分離するという悪名高い決定を取り消すことになる。

しかし、より多くのレコメンデーションへのシフトは、同社にとって問題である可能性もある。同社の現在のレコメンデーションアルゴリズムは、社会的分断を促し、誤情報を促進するとして非難されている。アリソンはThe Vergeに対し、レコメンドされるコンテンツにはより厳しいルールが設けられると語ったが、同社はしばしば独自のルールの実施に苦慮してきた経緯もある。

この戦略変更は、Facebookが急成長していたSnapchatを真似たときと似ているが、今回は間違いなく賭け金が高いだろう。投資家たちは、MetaがTikTokによる広告ビジネスへの挑戦を乗り切る能力を疑っている。そして、株価はすでにボロボロで、ザッカーバーグが彼のメタバース・ビジョンに資金を供給し続けたいのであれば、同社は成長できることを示す必要がある。

最後に漏洩した文書はThe Vergeで読むことができる。これは非常に参考になる良い文書だ。奇妙なパワーポイントを作らず、完結でいい文書を作る文化をもつべきだということを教えてくれる。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)