FBのブロックチェーン決済、クレカに匹敵する性能を主張

暗号通貨Libraの通貨のためののデジタルウォレットNoviの開発が進む中、Facebookの研究者はブロックチェーンベースの決済システムが、クレカネットワークに匹敵する性能を発揮すると主張する論文を発表した。実証実験が進むデジタル人民元との開発競争がさらに激化した。

FBのブロックチェーン決済、クレカに匹敵する性能を主張

暗号通貨Libraの通貨のためのデジタルウォレットNoviの開発が進む中、Facebookの研究者はブロックチェーンベースの決済システムが、クレカネットワークに匹敵する性能を発揮したと主張する論文を発表した。実証実験が進むデジタル人民元との開発競争がさらに激化しているように見える。

FacebookのNovi部門の科学者が共著した論文では、FastPayと呼ばれる決済システムを提案している。このシステムは、暗号通貨の決済や不換通貨(フィアット)でのリテール決済をサポートするインフラとして使用できると彼らは主張している。実験では、チームは20もの異なる決済機関との間で、1秒間に8万件以上のトランザクションを達成することに成功した。ピーク時には 16 万 トランザクション/秒を観測した。大陸間での支払い確認の待ち時間が200ミリ秒未満である。

またFastpayは比較的低コストで実装が可能なようだ。論文によると、FastPayのテスト実装を Amazon Web Services上に構築するには、3人のエンジニアが約2.5 ヶ月の作業を要し、サーバーにはIntel Xeon Platinum 8175 の48個の物理コアと384GBのメモリを備えた96個の仮想プロセッサが搭載されていた。実験では、FastPay は、月に4,000ドル未満のコモディティコンピュータで実行しながら、48コアで150 万件のトランザクションの総負荷(Visa の決済ネットワークのピークトランザクションレートの約7倍)の下で、1秒あたり最大16万件のトランザクションをサポートしたと主張している。レイテンシーのテストでは、FastPayは転送注文と確認注文の両方でパフォーマンスを発揮したと論文は記述している。

これらは、FastPayが商品やサービスを迅速かつ対面で受け取る必要がある店頭での支払いに適していることを意味している。ブロックチェーンベースのシステムで、クレジットカードやQRコード決済と同様のパフォーマンスでオフライン決済を実行可能なことを示している。詳細は明らかにされていないが、中国のデジタル人民元もまた、深センなどの都市でオフライン決済を成功させたことを報告している。論文はデジタル人民元に言及していないが、同社は主要な競争相手として意識しているはずだ。

ブロックチェーン技術は、個人のウォレットやプライベートトランザクションのようなアプリケーションを可能にすることを約束しているが、そのオープンで分散型の性質は、高いコストとスケーラビリティの欠如を伴ってきた。国際決済銀行は2017年の論文で、決済、清算、決済インフラにおける分散型台帳の利用について論じており、ブロックチェーンを採用する上での大きな障壁の1つとして「決済の最終性(ファイナリティ)に関連する曖昧さ」を挙げている。

研究者は、FastPay は、リテールカードネットワークのピーク時の量とリアルタイムグロス決済システム(Real-time gross settlement systems RTGS)に匹敵する容量を提供しながら、物理的な店頭決済に適した遅延確認をサポートしていると主張している。「FastPay は、ネット決済のカウンターパーティーリスクと信用リスクを排除し、中間銀行とその間の複雑な金融契約がこれらのリスクを吸収する必要をなくす」と共著者は書いている。

研究者はテストがベストケースのパフォーマンスであることを認めている。Novi部門は透明性の観点から、FastPayシステムの実装、サポートスクリプト、測定データをオープンソース化した。

研究者たちは、「FastPay は、合理的な完全性保証と十分なプログラミング性を備えた、あらゆる暗号通貨のサイドチェーンとして使用することができる」と書いている。「FastPay のパフォーマンスと堅牢性は、最先端の技術を超えており、中央集権的なソリューションと完全なコンセンサスの両方から脱却して、事前に資金を調達したリテールペイメントを管理することには大きなメリットがあることを検証している」。

参考文献

  1. Mathieu Baudet et al. FastPay: High-Performance Byzantine Fault Tolerant Settlement. AFT '20: Proceedings of the 2nd ACM Conference on Advances in Financial Technologies (2020).

Photo by David Dvořáček on Unsplash

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)